社長ブログ

柿木の移植

2017.08.13

IMG_20170813_160157.jpg

建替えの現場ですが、柿の木だけは残してほしいということで

移植させてもらいました。

さすがに葉が萎れてしまって元気がありません。

時期的にも季節が悪いです。

落葉ですからせめて3月頃が一番いいと思いますが、工程上致しかたなくあました

移植させてもらいました。

調べてみると、柿の木は細根が少なく太い根が真下の伸びるらしく移植には

向かないとのこと。

IMG_20170813_162434.jpg

水道のホースの先に塩ビのパイプを取り付けて、土の中に突っ込みながら

水極めしてきました。

まだかなり隙間があったらしくどんどん水が入っていきます。

土の中で隙間があると枯れる原因になります。

ついでに細かい枝を剪定して少しでも負担が軽くなるようにしてきました。

無事に根付く事を願っています。

柿の木は3年ほど眠ったような状態になることがあるそうです。

しばらくはあきらめずに待ってもらうことになるかもしれません。

地鎮祭

2017.08.12

IMG_9432.JPG

昨日は地鎮祭でした。

天候に恵まれてといいますか、炎天下での地鎮祭でした。

四方に建ててある竹もあっという間に萎れてしまうくらいです。

なるべく新鮮な竹を使うためにいつも当日の朝に竹を切ってき

ますが、さすがにこの時期は厳しいです。

最近、事務所にいることが多いのですが久しぶりに炎天下で過ごす

ときついです。

普段から外で働いてもらっている、現場監督や職人さんに今更ながら

感謝です。

家の無事の竣工を祈願していただき、地鎮祭は滞りなく終わりました。

竣工までは数か月かかりますが、最後までよろしくお願いします。

社内竣工検査

2017.08.09

IMG_9380.JPG

社内竣工検査に来ています。

新築ではなくてリフォームです。

しかもここは、玄関ホールです。

奥様によると「玄関に入って正面が殺風景なので」というのが

リフォームの理由です。

階段下を床の間風にリフォームしています。

贅沢と言えば贅沢なリフォームです。

IMG_9400.JPG

浴室はハーフバスに桧の板貼りで仕上げています。

ここはご主人の拘りです。

IMG_20170807_155459.jpg

玄関上の吹き抜けにスノコのスキップフロアーを造りました。

吹抜けにフィックスの窓がありましたが、開閉できるものに

変えています。

風通しも良くなると思います。

満足してもらえたでしょうか。

IMG_20170808_124613.jpg

昨日のことですが、社員みんなでBBQをしました。

この暑いのにBBQと思いますが、どういうわけか

夏はこれが似合います。

久しぶりのBBQでした。

話は変わりますが、昨日8月8日 この日はいろんな記念日が

制定されています。

・屋根の日 漢字の「八」が屋根の字に似ている

・そろばんの日  はじく音「パチパチ」

・ひょうたんの日 「8」がひょうたんに似ている

 ひょうたんを水筒代わりに使っていた時代がありますが、

中に水を入れるとひょうたんの内側が湿ってその湿気によって

中の水が冷えて夏でも冷たい水が飲めるそうです。

どんなものか試してみたいですね。

8月8日は日本記念日協会が認定した記念日が38件、

後多いのは、11月11日 10月10日 ですが記念日の件数は

諸説あるようです。

今の若い人

2017.08.06

IMG_20170801_151108.jpg

先日、三重県の材木屋さんを訪れたついでに海へ泳ぎに行ってきました。

「古里海水浴場」というところですが、写真でもわかるように誰も泳いで

いません。

最近の若者の「海離れ」という話は聞いてましたが、本当にそうです。

私は、ここ数年夫婦で夏に1回は海に泳ぎに行くようにしています。

もともと泳ぐのが好きですから。

海水浴場にもよるのでしょうが、ここ数年混雑した海を見たことがありません。

私が若いころは、どこに行っても人がいっぱいだったことを思うと時代の流れ

感じます。

直射日光に当たること自体が体に良くないと言われる時代です。

日焼けした体が健康的のように思われた時代ではありません。

今の若い人はお酒もあまり飲まないようです。

また、車を持ちたいと思う人も少ないそうです。

実は、私の息子たちもその傾向があります。

なにか行動的でないという印象を持ちがちですが、これも環境に合わ

せて進化してきた結果であり、彼らの生き方、行動スタイルだという

意見があります。

批判的に感じるこちらの方が時代感覚を失っているのかもしれません。

時代の空気を知りたければ若者と付き合うべきだということです。

よく、「今の若いものは」という言葉があります。

かなり昔から言い続けてこられた言葉です。

昨年、当社に入社した女性、彼女は27歳ですが同年代の人が集まると

「今の若い子は」という話題になったことがあるそうです。

私などでは付いていけない話題です。

法隆寺の五重の塔にも「今の若者はしょうがない」という意味の落書きが

あるそうです。

木工教室 夏休みの思い出

2017.08.05

IMG_20170804_115404.jpg

今日は会社のイベントで木工教室でした。

写真は、前日の事前準備の様子です。

当社では板材の端材がたくさん出ます。

それを再利用しています。

IMG_20170805_091546.jpg

実は参加者のほとんどが昨年も参加された方たちです。

木を使って物を造るということはいい経験になると思います。

金槌を使ってくぎを打つ、鋸を使って木を切る、単純ですが

扱ったことのない人には難しいことかもしれません。

実際、子供さんも鋸や金槌などを使うようなことは今ではないでしょう。

子供さんに限らずそのお父さんお母さんもそんな経験はあまりないのかも

しれません。

私が覚えている範囲でも小学校時代の図画・工作の時間又は中学校時代の技術・

家庭の時間に使ったことがあるくらいでしょうか。

後は家の手伝いなどで扱うことはあっても、この業界にいなければほとんど扱う

機会はなかったかもしれません。

IMG_20170805_094248.jpg

暑い中、お父さんお母さんも手伝いながら、というかお父さんお母さんが一生懸命

なって工作をしています。

根気のある子供さんもいれば、すぐに飽きてしまう子もいます。

女の子でも器用な子もいます。

今は、スマホなどITの進歩でこのような手作業をして遊ぶ子供さんは少ないと

思います。

それだけにいい経験ではないかと思います。

自分がこれくらいの年齢の時はどんなだったろうか、また自分の息子たちはどんな

だったかといろいろ思い出しながら見ていました。

なんにしろ、いい思い出になればいいですね。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ