社長ブログ

十津川で打合せ

2015.10.29

IMG_4291.JPG

十津川村まで打合せに行ってきました。

本宮に現場がありましたが、先週お引渡させていただきました。

本宮に慣れると十津川村もあまり遠く感じなくなります。

バイクもそろそろ寒く感じる時期です。

こちらでは22~24度くらいの気温があっても山越えをすると

12~15度位になります。

もうすぐ紅葉の時期ですが、奈良県の南部は針葉樹が多そうですね。

十津川へは168号線から425号線に入りますが、425号線

はまだ、あまり整備されていません。

道も細く村に住む人も時々事故を起こすそうです。

ガードレールのないところもあるので要注意です。

一方168号線はかなり走りやすくなっています。

昔のイメージを持っている人だと車同士すれ違うのも大変な

道路というイメージがあるようです。

本宮の現場もずっと阪和道を走っていた業者さんも試しに168号線

を走ってみてこんなに近くなっているとは思わなかったそうです。

IMG_4289.JPG

いろんな景色を見ながらのドライブまたはツーリングは楽しいですよ。

まだ、ところどころ道の狭いところはありますが、初心者の方でも

それほど苦労しなくてもいいはずです。

北山村を通る169号線も新しいトンネルができています。

こちらもかなりショートカットできますから、意外と早く本宮まで行ける

ようになりました。

こんなことも本宮で現場があったからこそ知っているのですが、高速を

使わず和歌山に抜けるのもいい行程です。

高速料金もいりませんから。

本宮の家 お引渡し

2015.10.25

IMG_4197.JPG

今日は、本宮の家のお引渡でした。

初めてお伺いしたのは、昨年の5月でした。

DCIM1276.JPG

最初に伺ったとき、まだこの土地は水田の状態でした。

会社から車で約3時間、かなり距離があるので仕事を請けさせて

もらうかどうか迷いましたが、お会いして施主さんの人の好さに惹

かれてあまり後先考えず「なんとかなるだろう」と思って請けさせて

もらいました。

打合せは順調に進みましたが、農地転用から造成を経て約1年半

やっとお引渡させてもらうことができました。

IMG_4187.JPG

ちょうど施主さんのお知り合いの方も家を新築されていて、いろいろ気に

かかる話もあったそうですが、「当社にお願いして良かった」と言っていた

だきました。

現場監督並びに協力業者の方 ご苦労様でした。

IMG_4211.JPG

これから新居での新しい生活が始まります。

住み始めてみると、いろいろあるかと思いますがこれからもよろしく

お願い致します。

無煙ロースター

2015.10.23

IMG_1174.JPG

無煙ロースターと言われるものです。

焼肉屋さんなどにある、コンロの周囲に煙を吸い込む穴が開いて

いて部屋に煙が舞わないようになっています。

排気は床下を通して換気口から外に出します。

テーブルのカウンターは別に造作しました。

普通、個人の家に設置することはありませんが、釣りが趣味で吊って

きた魚を焼いたり、焼肉パーティーなどをするための部屋です。

 

IMG_1200.JPG

入口の引戸も、炉端の店に入るようです。

贅沢ですが、楽しそうな部屋です。

そろそろ薪ストーブ

2015.10.21

IMG_4104[1].JPG

以前リフォームさせてもらった家にお邪魔してきました。

アンコールのデファイアントという大型の薪ストーブです。

寒い地域ですから、これから活躍するでしょう。

ただ、大型の薪ストーブは熱量も大きい代わりに薪も

たくさん必要になります。

IMG_4103[1].JPG

さすがにこんな機械も準備されていました。

大型の薪割機です。

油圧を使って斧に薪を押し付けることで薪を割ります。

IMG_4105[1].JPG

天井が吹抜けになっているので、シーリングファンも必要です。

こちらもかなり大型です。

上にばかり暖かい空気が集まりますから、拡散させるのですが、

寒い時の風向きは、上向きにファンを回すことで空気が対流して

くれます。

反対に夏は、下向きに風を送ると効果的です。

住宅展示場 モデルハウス

2015.10.20

IMG_4067.JPG

昨日・今日と二日間エアパスグループの秋の定例会でした。

エアパス工法の見直しや、これからの住宅業界の見通し、

各社の取り組みなどの発表などいろいろ気づかされることが

ありました。

帰りに、グル―プの会社さんが最近建てたモデルハウスを

見学させてもらいました。

各社さんどこも、その会社独特の雰囲気があります。

地域性も影響するのでしょう。

見せ場たっぷりのモデルハウスでした。

提案型というのでしょうか。

例えばこんな間取り、こんな仕上げ、こんな仕様など部分的に

提案もできるモデルハウスです。

最近、新築の着工件数も全体的に落ち込んできて、モデルハウスも

あまり人を呼べなくなったと聞きますが、住宅展示場というところに

行ったことのある人は多いと思います。

そこで、あまり良い印象を持たない人もいるかと思います。

・しつこく営業される

・展示場にかかった費用が建築費に上乗せされる

・営業マンは口がうまいので騙されそう

・普通の家より大きくて参考にならない

営業マンによっては、肝心な部分が説明できない といったこともあるかも

しれませんが、見学すれば参考になることはたくさんあります。

さいしょは、物珍しく新鮮に見えるだけで何が参考になるのか、またはなったのか

わかりませんが、何度か行くうちに関心のある部分を見学するようになります。

当社のモデルハウスでも、もう10年ほど経過します。

また同じような自然素材を使った家づくりはあちこちでやってます。

にもかかわらず「こんな家づくりは初めて」という人が来られることがあります。

どこの営業マンも最初から契約を取ろうとは考えていません。

なぜ、見学に来たのかはっきり伝えればいろんな情報が得られるはずです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ