社長ブログ

安全大会 救急救命

2018.07.11

DSC_0276.JPG

今日は、協力業者の会「和みの会」の安全大会を開催させて

もらいました。

実際の災害事例の報告、安全パトロールの報告、そして消防署

の方による「救急救命」の講義でした。

「AED」皆さんもご存知と思います。

自動体外式除細動器のことです。

知ってはいても実際にこれを使った人はあまりいないかと思います。

この使い方についての実技講習でした。

実際に目の前で人が突然倒れたら・・・・・

なかなか冷静に行動できるものではありませんが、まず「大丈夫ですか。

どうしました」声をかけること。

そして救急車を呼ぶ、または呼んでもらう、それと「AED」を探してもらう

そして呼吸の状態を確かめること。

シャクるような呼吸の場合、心臓が正常に動かず細動(細かく痙攣)している

可能性があります。

救急車が来るまで人工呼吸「胸骨圧迫」を繰り返すこと。

DSC_0288.JPG

参加者全員で体験用の用具を使って人工呼吸をしてもらいました。

両腕を使って体重をかけて押すことを繰り返します。

心臓というと胸の左側にあると思いがちですが、胸の中心です。

1分間に100回程度、5センチくらい押し下げます。

脳に血流が巡るように心臓を圧迫するのですから、かなり強く押さなければ

なりません。

女性などでは肋骨が折れるのではないかと思うくらいです。

「AED」は電源を入れると(自動的に電源が入るものもある)

電極パッドを胸に張り付けるように音声案内が流れます。

この間も人工呼吸は続けます。

貼る場所は明記されています。(左胸の上と右の脇腹 心臓を挟むように)

自動的に心電図の解析が始まります。

電気ショックが必要な場合は、離れて放電ボタンを押すようにアナウンス

されるようになっています。

人口呼吸に夢中になっているとアナウンスが聞こえません。

この器具には使用時の周りの音声が録音されるようになっています。

実際に使用時の音声が再生されましたが、周りの人たちが動転していて

アナウンスさえ聞こえないような状態でした。

本人に声をかけてあげることは大事ですが、それ以外は静かにしないと

どう使っていいかわからなくなります。

日本では救急車が現場に到着するまで平均で約8分かかるそうです。

1分経過するごとに救命率は10%低下するそうです。

人工呼吸で血流を確保してあげる、AEDを使って心臓を正常な状態にして

あげる。そうすれば救急車が来なくても人命を救助することができます。

冷静に行動できるかどうかはわかりませんが、少しでも役立てばいいですね。

「いか丼」を食べに・・・

2018.07.10

DSC_0119.JPG

福井県の三方五湖までツーリングに行ってきました。

さすがに7月ともなると暑いです。

渋滞にはまると全身を熱気で包まれたような感じになりますが、

山間部やトンネル内は快適でした。

DSC_0120.JPG

今回のツーリングの目的はこちらの「いか丼」でした。

始めていただきましたが、おいしかったです。

ごく普通の食堂ですが、休日になるとバイクに乗った人たちで

にぎわうようです。

DSC_0123.JPG

道の駅で水分の補給です。

普段この時期に外で仕事をするようなことはないので

午後からの日差しで熱中症になりそうでした。

やはりバイクのツーリングが快適なのは5月と10月あたりです。

この時期はもっと涼しいところを探して行かないと体が

持ちません。

とはいっても、仕事を離れてほぼ1日走りまわるとストレスの

解消にはなりました。(約300キロ)

暑いとは言ってもまた、この夏あと何回かはどこかへ行こうと

思っています。

雨、雨、雨

2018.07.08

本当によく降りました。

ほぼ二日間、降りっぱなしでした。

まだ、九州、四国地方では降り続いているようですが、

これではどこで何が起きるかわかりません。

連日ニュースで、氾濫した川や水没した民家が報道され

ています。

かと思うと、昨夜は千葉で地震が起きています。

災害に合われた方にはお悔やみ申し上げます。

自然の力というか、災害には抗うすべはありません。

幸い奈良では大きな被害は出ていないようですが、行方不明

の方がおられます。

今日も、事務所の前の富小川を消防の方が捜索しています。

当社では、写真や見積もりのデータを保管しているサーバーが

故障しました。

今、メーカーで復旧をしてもらっているところです。

パソコン機器が発達したがゆえに、普段は当たり前のように使用

しているものがちょっと故障するだけですべての業務が滞ってし

まいます。

今まで紙ベースであったものが、データ化されるのは効率としては

いいのですが、いったん故障すると手の打ちようがありません。

人為的に作ったものは普段は盤石なもののようですが、ひとたび今回

のような大雨や地震が発生すると一部が分断されるだけで機能しなく

なります。

大がかりな構造物も万全なものではありません。

道路などはいとも簡単に陥没しますし、いくら水路が整備されたとは

いっても河川が氾濫すれば町全体が水没するということも起きます。

それでも、またより以前より安全になるように復旧を続けていくしか

ありません。

激しくなる気候やいつ起きるかわからない地震に備えて少しづつ準備

していくことで災害に強い国になってくのかもしれません。

新月伐採

2018.07.03

IMG_9620.JPG

「新月伐採」をご存知ですか。

下弦の月から新月の間に伐採された木のことです。

日本だけでなく、フランスやオーストラリア、ドイツでもこの

伐採方法があるそうです。

人間を含めて自然界は太陽と月から何らかの影響を受けている

といわれます。

創造の世界でも「狼男」があります。

新月伐採の効果として

・虫(シロアリ)がつきにくい

・かびにくい、腐りにくい

・反り、ねじれが少ない

・燃えにくい

といったことがあるといわれています。

私も今の家づくりを始めたころ、「本当にそうなのか」と材木屋さん

にいろいろ尋ねたものですが、いつの間にか消えてしまいました。

真偽のほどがあやふやなのが原因です。

IMG_9644.JPG

・伐採方法として「谷側」に倒すのが望ましいとされています。

谷川に倒すと木の中に蓄えられた虫やカビの餌となるデンプン質が徐々

に減っていき虫・かびに強くなるとされています。

しかし、写真は吉野の木の伐採ツアーの模様ですが、すべて山側に倒され

ています。

・葉枯らし乾燥

伐採した木材に枝や葉をつけたまま放置して木材を乾燥させます。

これはどこの山でも行っていると思います。

でないと伐採したばかりの木は含水率150%などざらですから、運搬が大変

です。

しかし、乾燥期間が4か月以上1年未満といわれますが、1年も寝かせては木の

中に虫が入ってしまいます。

・製材した後は天然乾燥

これは機械乾燥が一般的になったとはいっても天然乾燥材もあります。

実際に研究もされているようですが、「効果は期待できない」「新月伐採も満月

伐採も差がなかった」といった実験結果があるようです。

世界最古の木造建築物「法隆寺」にも新月伐採の木が使われたとも言われますが、

真偽のほどはわかりません。

効率優先の時代ゆえに否定的な意見が多いのか、本当に効果があるのか、単なる月

の神秘的なイメージによる脚色なのか。

突然、思い出したので回想してみました。

古民家のリフォーム

2018.07.02

DSC_0189.JPG

昨日は古民家のリフォームの完成見学会でした。

暑い中ご参加いただきありがとうございました。

DSC_0193.JPG

できるだけ建築当初の状態を維持してリフォーム

させてもらいました。

建具もアルミサッシは浴室と台所の2か所だけで

他は網戸や雨戸もすべて木製です。

アルミサッシのような気密性はありませんが、

このような家は木製建具が似合います。

通り土間はさすがに床を作りましたが風通しがよく、

見学会の最中でもここに来るとホッとするくらいの

温度差を感じることができます。

DSC_0215.JPG

キッチンは現代の生活に合うようにリフォームしています。

格子は飾りのパーテーションです。

DSC_0256.JPG

四間取りの和室はほぼそのままです。

状態がよかったので壁の塗り替え、建具の貼替、畳の取替

で済ませています。

畳も今では建材畳や和紙の畳表が使われますが、こちらは藁床に

イグサ表です。

イグサのいい香りがします。

縁側に座って外を眺めているとゆったりした気分になれます。

DSC_0264.JPG

大壁にして洋室風に仕上げたご主人の部屋です。

古民家にはこのような丸太の梁は普通に使われています。

梁の表しは今の流行りです。

このような家はいいのはわかっていても、家が大きすぎて

持て余してしまうことがあります。

また、現代の高気密・高断熱の家に比べて寒いです。

外壁は土壁ですし、開口部も木製建具では隙間風は防げません。

暖房対策は考えておかなければなりません。

そして、見学会に来られた方が一番気になるのは「工事費はいくらか」

です。

古民家は現代の家をリフォームするより高くなります。

面影を残して施工しようとすれば職人さんの手間をかけることになります。

大量生産されている建材はあまり使うことができません。

そこまでかける必要があるのかといわれればそれまでですが、それで同じ

家を造ることはできません。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ