社長ブログ

大山崎山荘美術館と聴竹居

2018.02.23

IMG_20180222_123254.jpg

昨日は、社内研修で大山崎山荘美術館と聴竹居の見学に行ってきました。

どちらもご存知の方がいると思いますが、大山崎山荘は下は実業家の

「加賀正太郎」という方の所有でしたが、没後さまざまな所有者の手に渡り

バブル期には更地にしてマンションを建てる計画まであったところ地元住民

山荘の価値を訴えて当時の知事とアサヒビールの社長が保存に協力すること

になり、現在に至っています。

これには加賀正太郎とアサヒビールの初代社長「山本為三朗」とが交流があ

ったことも幸いしています。

ですから、館内は加賀正太郎と山本為三朗の年譜が飾られています。

また美術品も山本為三朗が収集した「濱田庄司」の陶芸が展示されています。

この山荘、加賀正太郎が若かったころ小説家の夏目漱石を招いて山荘の命名を

お願いし、漱石は14個の案を出したそうですが、結局どれも採用されなかった

ようです。

その翌年、漱石は他界し山荘は翌々年に竣工しています。

この山荘と隣り合わせにあるのが「聴竹居」という民家です。

建築家「藤井厚二」の自邸です。

こちらは家の中の写真は撮ってもいいのですが、公開は禁じられています。

ボランティアの方が家の中を回りながら詳しく説明してくれました。

こちらが建築関係ということでボランティアの方も設計関係の方でした。

こちらの反応が良かったからか、説明も饒舌でした。

昭和3年に竣工した家で、しかも当時のままなるべく手を加えずに経年している

ので確かに傷んでいるところもありますが、現代の住宅に通ずるところがたくさん

あります。

リビングを中心にダイニング、応接間、小上がりの和室といった配置はこの時代で

は斬新だったことでしょう。

宮大工さんを自邸に住まわせて打ち合わせを重ねながら、自邸を作っただけあって

拘りの塊です。

教えてもらって始めて気が付くことも多く、感心しきりでした。

今は竹中工務店の所有になっているそうですが、この藤井厚二さんも元竹中工務店で

設計に携わっていたそうです。

この「聴竹居」という名前の由来を尋ねたところこれはご本人の名前でもあるそうです。

木造建築に携わっている方は一度は見学に行って見てはどうでしょうか。

造園という仕事

2018.02.19

IMG_20180219_151243.jpg

家のお引渡は済んで、今外構工事をさせてもらっています。

外構工事というと今ではブロックやフェンス、カーポート

だけということが多いですが、造園工事も外構です。

IMG_20180219_151309.jpg

見ているとなかなかセンスのいる仕事です。

家のように寸法にあまり捉われないところが難しいように

感じます。

石の並べ方、一つとっても微妙に違いがありますし、天然もの

故に多種多様です。

これも造園屋さん独自の流儀があるようです。

IMG_20180219_151314.jpg

私はこの仕事に携わる前に造園関係の仕事をしていたので

このような作業を見ると少し懐かしい感じがします。

個人の庭ではなく、公共の仕事を請け負っていたのでこのような

センスはありません。

建築の方があっているのかもしれません。

リフォームセミナー

2018.02.18

DSC_0086.JPG

今日は、モデルハウスでリフォームセミナーをさせてもらいました。

リフォームセミナーは初めてです。

「どんなことが知りたいですか」というこちらからの質問で始めさせて

もらいましたが、「何から聞いていいかわからない」というのが本音の

ようでした。

準備した資料を基に始めさせてもらっているうちにだんだん打ち解けて

きてもらえたようで、すこしづつ話も弾んできました。

今住んでいる家の老朽化が気になる、中古住宅を購入する予定といった

相談でしたが、中古住宅の場合リフォーム済みの物件ならもう手を加え

る必要はありません。

しかし、リフォーム済みの家というのはどうなのでしょうか。

リフォーム前がどんな状態だったかわかりません。

また、どんなリフォームをしてくれたのかもわかりません。

リフォームの仕方にもいろいろあります。

簡単に住宅設備(バスユニット、システムキッチン、洗面台)を入れ替えるだ、

壁のクロスを貼り替えるだけ、今ある床の上にもう一枚床板を貼るだけでも

家はきれいになります。

でも、壁の中はどうなっているかはわかりません。

筋違は、断熱材は、床下は どうなっているかわかりません。

中古住宅は今余っています。

新築するにしてもそう簡単に希望の土地や地域で更地が見つかることはめった

にありません。

中古住宅を購入してリフォームで自分の好みに造り替えるのも一つの方法です。

予算的にもその方が助かります。

しかし、いい物件かどうかの判断が一般の方には見分けがつきません。

そのために既存住宅現況調査(有資格者が調査をします)というものがあります。

第三者が公平に家を調べてくれます。(あくまでも目視での判断です)

そうすれば購入する側もある程度の判断基準にすることができます。

ちょっと雑賀岬まで

2018.02.14

IMG_20180214_121524.jpg

今日はこの時期にしては気温も高くなるという天気予報だった

ので休みをもらってツーリングに出かけました。

幸い予報が当たって朝方は冷え込みましたが、道中15℃くらい

まで気温が上がって快適なツーリングでした。

前日にどこに行こうかとネットで調べて雑賀岬に行くことにしま

した。

和歌山の方がさらに暖かいだろうと思ったので。

無料の京奈和道を走って行きましたが、ここまで開通しているとは

知りませんでした。

阪和自動車道までつながっています。

和歌山もずいぶん近くなったように感じます。

雑賀岬、どんなところかと思って出かけましたが、灯台くらいしか

ない寂れたところでしたが景色だけは良かったです。

IMG_20180214_121459.jpg

まだ時間もあることだしもう少し行って見ようと今度は生石(おいし)

高原へと向かったのですが、林道らしきところに入るなり影では雪が

残っていてこれはヤバいと引き返すことに。

今度は高野山に向かって。

晴天の中気持よく向かったのですが、こちらも影ではところどころ雪が。

ソロソロと走り抜けながら。

もう大丈夫かと思いきや高野山から橋本に抜ける道は狭くて暗いことを

途中で思い出したものの引き返すこともできず融けているのか凍っている

のかわからない道を下ってきました。

今日暖かくなったからと言って急に雪が融けるはずもありません。

ちょっと無謀でしたが、無事帰ることができました。

真夏のツーリングに比べればこれくらいの気候の方が快適と思える

ツーリングでした。

久しぶりの雪

2018.02.13

IMG_20180212_075908.jpg

昨日の朝は驚きましたね。

朝起きて、何となく外が明るいなと思ってカーテンを開けると

真っ白でしたから。

これくらいなら車で会社まで出かけても大丈夫だろうと向かいましたが、

上り坂の途中でうっかり止まるとスリップで動けなくなりそうでした。

祭日で車が少なかったせいもありますが。

IMG_20180212_075931.jpg

ここ数年奈良ではめったに雪は降りませんが、毎年一回は雪が積もります。

午前中に打ち合わせがあってくるまで出かけましたが、橋や陰になった

ところは凍っているようでした。

下り坂の先がT字路になったところで車が民家の玄関に突っ込んでいると

いうこともありました。

このあたりではみんな雪にはなれていませんから、油断は禁物です。

しかし、小さな子供さんにとっては祭日の朝、起きてみたら雪が積もって

いたのですからいい休みだったのではないでしょうか。

お客さんの庭先に雪だるまが造ってありました。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ