社長ブログ

スイミングスクール

2015.08.20

yjimage[11].jpg

先日、運動不足を解消しようとイトマンスイミングスクールの

無料体験に行ってきました。

イトマンスイミングスクールは7,8年前に通っていたことがあります。

週に1回、指導付のコースに行ってました。

約1キロから1.2キロほど泳ぎます。

普段泳がない人にとってはかなりの距離ですが、泳いでいる人にとって

それほどの距離ではありません。

健康のためというのが一番の理由ですが、若いころに無理をして腰を

痛めてから、疲れがたまると突然腰痛に襲われることもありそれを予防

するためでもありました。

通っていてよかったのは、意外なことでした。

私は寒がりなのですが、あまり寒さが気にならなくなるということです。

血の循環が良くなるからか、とにかく足が冷えにくくなりました。

完成した現場に真冬にはいると靴下一枚で、室内を歩き回りますが、

まわりのみんなが足が冷たいといっても割と平気でした。

しばらく遠ざかっていましたが、また始めようかと思っていったのですが、

改めて体力のなさを感じました。

泳いでいるときはそうでもなかったのですが、泳ぎ終わった後の脱力感と

全身の筋肉がこわばったような感覚は久しぶりでした。

泳ぐのはお昼の時間帯に30分程度です。

いつまで続くかわかりませんが、しばらく頑張ってみます。

 

トップライト

2015.08.16

yjimage[1].jpg

トップライト この時期に紹介すると暑そうなイメージがありますが、

場所と方角を考えて取り付けるとなかなか優れものです。

開閉式のものを選べば換気としても有効ですし、採光という点では、

壁に着ける窓の3倍の効果があります。

取り付ける方角は、北側がいいです。

直射日光が差し込まず安定した光が入ります。

開閉式の方が換気にも使えます。

トップライトのいい面を紹介しましたが、実は当社このトップライト付けた

ことがありません。

原因はやはり雨漏れの原因になるからです。

つい最近、当社の施工ではありませんが、リフォームさせていただいた

お客さんからトップライトの雨漏れを直してほしいといわれて伺いました。

施工して10年程度とのことです。

シーリングを施工し、防水テープまで使いましたが、止まりません。

結露が原因かと疑ったほどですが、そんな量ではないとのこと。

結局、屋根を葺き替えるので撤去してほしいとなり納まりました。

サッシメーカーさん曰く、トップライトの寿命は10年程度とのこと。

それはそうです。

ガラスを止めているパッキン、設置のための水切り鈑金、サッシのカバー

などそんなに長持ちするはずがありません。

IMG_2375.JPG

こちらはガラスの瓦です。

これは何度か施工させてもらってます。

DSC_0049.jpg

屋根の上から見るとこんな感じです。

北側の部屋についていて、いつも電気がついているのかと

勘違いします。

その程度の明かりが入ります。

これはサッシのトップライトと違ってシールやパッキン、水切りといった

部材がないので劣化する部材がなく長持ちします。

10年以上経過している家もありますが、今のところ雨漏れはありません。

針テラスで休憩

2015.08.14

IMG_3468.JPG

世間は、お盆休みの最中ですが宇陀の方に仕事で出かけました。

宇陀方面へは、いつも名阪国道を使います。

少々暑いですが、バイクで出かけました。

郡山・天理の市内は暑いですが、名阪国道に入るやすぐに気温が

下がります。

福住に向かって走ると坂を上がるにつれてさらに気温が下がるの

が体感できます

針インターで降りて榛原~宇陀方面に向かいます。

このあたりも市内と違って乾燥しているのか涼しいです。

お盆休みですから、バイクで入っている人が多いです。

宇陀で仕事を終えて帰りに針テラスによってみました。

今日あそれほどではありませんでしたが、ここはバイクで休憩を

取る人が多く、数10台のバイクがずらりと並ぶことがあります。

今日はインディアンという珍しいバイクがありました。

形はハーレーにそっくりです。

テラスの中を歩いて回るとバイク用品を扱った店まであります。

一休みして、天理インターまで戻ります。

名阪国道は一般道路で、制限速度は60キロですがほとんどの

車が100キロくらいで走っています。

ここをよく走る人は分かっていると思いますが、他府県からくる人

はたいがい驚きます。

「あそこ一般道路ですよね」といった感じで。

気持ちのいい道路ですが、気を付けなければなりません。

運転に慣れた人でも福住で降りて天理ダムの方を走るという人もいます。

とにかく大型車が多いですから、くれぐれも注意して走ってください。

 

休みをもらって海へ

2015.08.12

IMG_3410.JPG

昨日は、休みをもらって海へ出かけました。

今回は、熊野・尾鷲方面です。

田辺市本宮に現場があることもあって和歌山方面は

よく走ることになりました。

熊野・尾鷲というと少し遠いように思いますが、遠くに出

かけるのに慣れてしまったようで、あまり遠く感じません。

IMG_3412.JPG

尾鷲にあるふるさと海水浴場です。

10人位の人がいるだけで、ほとんど人がいません。

あまり人気のないところなのか、平日だからか、それとも

海水浴をする人自体が減っているのかわかりませんが。

毎年こんなところで泳いでます。

何をするということもありませんが、ここ数年続けて夫婦で

夏、一度は海に泳ぎに行くことにしてます。

 

もともと泳ぐのが好きというのもありますが、気持ちがいいですよ。

スッキリします。(私は、中学・高校と水泳部でした)

地元の温泉につかって帰ってきました。

日帰りです。

今日はちょっと体がほてっています。

 

 

田舎は涼しい

2015.08.09

IMG_2678.JPG

猛暑の日が続きますが、都会に比べて田舎は涼しいです。

私も会社から車で10分くらいのところ(斑鳩町)に住んでますが、

帰り道 ある道路を曲がるだけで急に涼しくなります。

田や畑が多く、家が建てこんでいないからでしょう。

アスファルトの道路は真夏では50℃くらいまで上昇しますし、

夜間になってもなかなか冷めません。

一方、私が住んでいるところはもちろんアスファルトの道もありますが、

少ないです。

土自体は35度くらいにしかなりませんし、夜間には外気と同じくらい

まで下がります。

また、都会は建物が密集しているので風が通りません。

そこにエアコンの室外機とアスファルトからの熱が放射されるのですから、

真夏に床暖房とファンヒーターを使っているようなものです。

(冬は暖かいですが)

いくら住宅を高性能にしても、この熱からは逃げられません。

高性能な家ほどおそらくエアコンに頼ることが多くなると思います。

そうなればますます、外気が熱せられます。

住宅の性能より環境を考えた方がいいかも知れません。

生活はやや不便になりますが、涼しいところはまだたくさんあります。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ