社長ブログ

車を見たらミサイルと思え

2019.06.07

3K4A4149 - コピー.jpg

「車を見たらミサイルと思え」という記事が掲載されていました。

確かに、高齢者による事故が多発しています。

なぜかいつもトヨタのハイブリッド車のような気がしますが、

それだけ高齢者にも扱いやすくよく売れているのでしょう。

どこかで「自分は大丈夫」ちょっとした操作ミスがあっても事故に

ならない限り「大したことはない」と考えがちです。

日常生活に支障がなければ自分はまだ正確に体をコントロールでき

るものと思っています。

かくいう私もそうですが、数か月前に追突事故を起こしました。

アイドリング程度のスピードで追突したので大したことはなく双方の

車を修理するだけで済みました。

私は若いころから車で現場を移動する仕事についていてほぼ毎日のよう

に車に乗っていました。

毎日乗っていたからこそ事故がなかったのかもしれませんが、自慢では

ないですが自分で車をぶつけたのは気が付かなかった電柱にバックで

ぶつけたことがあるくらいでその他対人も対物も一切ありませんでした。

それがアイドリングの状態で前の車にぶつけるとは自分でも何をしていた

のかと思います。

しっかりブレーキを踏んでいたつもりが力が抜けて動いたようです。

車の運転というのは毎日同じ車に乗っていると習慣になっていてほぼ無意識

に運転しています。

いちいち、頭で考えてハンドルを切ったり、ウインカーをつけたりシフトを

変えたりはしません。

体が自然と動いています。

しかし、人間ですからどこかで間違った動作、気が付かない動作をする可能性

はあります。

今回の私の事故もそうですが、やはり年を取ったせいだと思います。

私はオートバイにも乗ります。

若い頃は脇見ではないですが、結構周りの景色を見ながら走っていたものですが、

いまではそれをするとあっという間に前の車に近づいてしまっていることがあり

ます。

それだけ動作が遅くなっているんですね。

くれぐれも自分の体を過信しないようにしなければなりません。

いつ自分が加害者になるかわかりません。

歩行者は身を守るすべはありませんから。

それともう一つ思うのはハイブリッド車、あのモーターで走る状態は確かに怖いです。

音もなく近づいてきます。

初めてハイブリッド車でモデルハウスの見学に来られたお客様を送り出すとき、

音もなくいきなり動き出したときはびっくりしました。

普通の車はエンジンを始動する、そしてアクセルを踏むことでエンジン音が高くなり

それから動き出します。予備動作なく動き出すのは危ないですね。

熱中症対策

2019.06.06

DSC_9184.JPG

まだ、夏本番ではないですが、夏場の暑さ対策として現場

に配備しました。

塩分チャージの飴、コンビニでも買えますが結構食べやすい

というかおやつになりそうです。

そして、熱中症処置救急セットの中には、経口補水液、水、

クールパンチ、体温測定器、タオル、扇子が入っています。

クールパンチというのはたたくと冷たくなるホッカイロの

冷やし版です。

具合が悪くなった時に首筋に充てると効果があるそうです。

すでに経口補水液がなくなっている現場もあるようです。

現場での暑さ対策グッズはたくさんあります。

部屋単体で使うクーラーもあれば、防寒服ならぬ防暑服も

あります。

ご覧になったことがあるかもしれませんが、一見ダウンジャ

ケットのようですが、空気を送って服を膨らませて熱を遮断

する服です。

私も初めて見たときは「この暑いのに何を着ているのか」と

思いました。

熱中症は現場に限らず、家の中でも起こりうる症状です。

エアコンもいいですが、風通しを良くするようにしましょう。

法隆寺の格子

2019.06.05

yjimage.jpg

法隆寺にある木製の格子です。

今では製材の機械が発達していて格子を加工するのはそれほど

難しい仕事ではありませんが、法隆寺が創建されたころそのよ

うな道具や器具はまだありませんでした。

有名な宮大工の西岡棟梁の本にこの格子のことが書かれています。

現存の法隆寺は何度か改修されているのですべてが創建当時のもの

というわけではありません。

ただ、どこか一部にだけ創建当時のものであろう格子が残っていて

よく見ると道具(のこぎり)を使って製材したのではなく、縦に

ひき割って使われているそうです。

削るくらいはしたのかもしれませんが、大きさをそろえてほぼまっすぐ

にひき割るというのも難しかったでしょう。

いい材料がないとできません。

それがなんとも味があっていいんだそうです。

法隆寺に行かれた際には、そんな目で見て回るのも面白いのではないで

しょうか。

「のこぎり」と言えばエジプトやギリシャでは紀元前からあるそうですが、

日本で使われだしたのは6~7世紀ごろで、のこぎりによる製材が一般的に

なったのは室町時代中期以降だそうです。

「春日権現験記絵」に大工さんが木を加工している絵が描かれていますが、

ヤリガンナやチョウナを使っている人はたくさんいますが、のこぎりを使っ

ているのは一人くらいです。

差し金や墨ツボを使っている大工さんもいます。

差し金や墨ツボこれはこの頃からあったんですね。

墨ツボは糸で伸縮自在の直線、時に大きな曲線が引ける道具ですが、よく

考えられたものだと思います。

これも発祥は古代エジプトのようです。

食品廃棄物

2019.06.04

DSC_5880.jpg

食品廃棄物

農林水産省の資料によると

食品廃棄物は関連事業者から806万トン、そのうち可食部分、

まだ食べられると考えられる量は330万トン

一般家庭からは870万トン、そのうち可食部分が302万トン

合計で食品ロスは632万トンと言われています。

10キロのお米にすると6億3千2百万袋分の食料です。

形が崩れたりした規格外の加工食品や賞味期限切れ、家庭や

飲食店での食べ残しなどです。

そして廃棄コストは年間2兆円になるそうです。

廃棄するよりも訳あり商品として安価で販売するという方法も

あるようですが、相当な量です。

住宅も「住めるのに解体する」ということが多いかもしれません。

同じ建物を造るのは難しい場合は、修繕して利活用した方がいいです。

所有者のわからない土地

2019.06.03

N75_1939a.jpg

登記簿謄本などを調べても所有者が特定できない土地を

自治体が活用できる特別措置法が成立しました。

所有者不明の土地を都道府県知事の判断で最長で10年間

利用権を設定することができ公園や仮設道路、文化施設

など公益目的に限って利用することができます。

どうしてこんなことができるようになったかというと

もとは誰かが所有していたはずの土地だと思うのですが、

この所有者がわからない土地はなんと九州全土を上回る

ほどの面積に達しているそうです。

これは少子化、高齢化によりさらに増えると予想されて

います。

もちろん活用するためのルールは厳格ですが、

「土地をタダで手に入れることができる時代」となります。

現在、所有者のわからない土地の面積は410万ヘクタール

このまま対策を講じないと2040年には780万ヘクタール

にまでなる可能性があるそうで、これは北海道全土に匹敵

します。

そこら中に所有者のわからない土地がありそうです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ