社長ブログ

協力会の総会

2018.01.21

IMG_20180120_191214.jpg

昨日は、輪和建設㈱の協力業者会「和みの会」の総会でした。

新年会を兼ねての総会です。

総会は昨年度の事業報告と今年度の事業予定の報告です。

行事としては、総会を始まりとして、安全大会、安全パトロール

研修旅行、ゴルフコンペがあります。

この総会はこれで5回目を迎えます。

協力会を作って5年経過したことになります。

ハウスメーカーの下請けから脱却して今の家づくりを始めたのが

10年前でした。

始めてしばらくは協力会というものはありませんでした。

細々とやってましたから、協力会を作る必要も感じていませんでした。

しばらくしてそれなりに受注が取れるようになると協力業者さんの中

から「協力会を作ったら」という声が聞かれるようになりました。

 

1件の家を造るにはたくさんの業者さんが関わることになります。

何軒か施工していれば職人さん同志もお互い顔見知りになります。

そしてお互いが連携してくれれば家づくりもスムーズになります。

そのお互いの連携交流を深めることが目的での協力会です。

呼びかけたところたくさんの業者さんが入会してくれることになり

ました。

そして、ほとんどの業者さんがそのまま残ってくれています。

 

この協力業者の会も当社が仕事を供給して始めて成り立ちます。

各業種の職人さんや業者さんは仮にもし当社がなくなっても他の付き

合いのあるところで生きていくことができます。

当日、この総会の前に大工さんだけを集めて意見の交換会をしました。

こちらからの要望が主体でしたが、もちろん大工さん側にも意見や不満

があります。

そう言った意見をくみ上げることが当社のためでもあります。

お互い協力関係にあるからこそできることです。

ところが、対お客さんはそんなわけにはいきません。

お客さんはOBの方を除いて何も言ってくれません。

気に入らなければ当社に施工を頼まなければいいだけです。

わざわざ、「こうしてくれれば御社にお願いします」などとは言って

くれません。

わからないから難しいのですね。

頼まれたことに対して誠実に答える、そして結果を出す、そして満足して

もらう最低限これだけはと思って続けていきます。

 

霧と靄と霞

2018.01.13

IMG_20180108_154809.jpg

「霧」と「靄」と「霞」

どれも同じような状態のことを表す言葉です。

写真は数日前の午後、何気なく事務所から南東の方角を見て

みると「靄」(だと思いますが)が地表に溜まってその向こ

うの山の頂上だけが見えています。

こんなこともあるのかと思って写真に撮りました。

あの靄が懸っているあたりはどんな状態なのでしょうね。

霧と靄は気象用語ですが、霞は気象用語ではありません。

秋の季節にかかる霧に対して使われることがあるようです。

どの現象も空気中の水滴が原因で起きることですが、霞は黄砂

などに対しても使われます。

霧と靄 どう違うのかというと「霧」は1km未満は見ることが

できる状態を言い、靄は見える範囲が1kmから10kmと広い場合

を言うそうです。

靄の方がよく見える状態です。

時間帯によっては霧から靄へまたは反対に靄から霧に変わることも

あります。

IMG_20180113_082823.jpg

こちらは今朝のモデルハウスにある蹲の氷柱です。

水が大量に流れているわけではありません。

寒さが続いて融けずにそのまま育ったみたいです。

太くなってあまり氷柱らしくないです。

明日の朝はもっと大きくなっているかもしれません。

蹲の氷柱

2018.01.12

IMG_20180112_081154.jpg

今朝はこの冬一番の冷え込みだったようです。

昨夜は帰ろうとしたら車の屋根にわずかですが雪が積もってました。

寒さ本番でしょうか。

今朝は車についている外部の温度計も初めて氷点下を示していました。

会社に来てみるとモデルハウスの庭にある蹲(つくばい)の水が氷柱

になっています。

毎年、これが見れます。

寒いと言ってもこれが凍らないうちはまだ寒くなると思っています。

IMG_20180112_081202.jpg

こちらの外部の水栓も凍って出ませんでしたが、この寒さも来週あたりは

少し緩みそうです。

この時期はヒートショックによる事故も増えます。

外で働いている人にとってもつらい時期ですが、身体に気を付けてこの冬を

乗り切ってください。

 

 

成人の日

2018.01.08

_DSC5347.jpg

今日1月8日は成人の日です。

全国的に荒れ模様ですが、今朝テレビを見ているとなかなか

派手な恰好をした若者たちが集まってました。

私たちの時代とは主張の仕方が違います。

参考までに普段着の姿も移ってましたが、ごくごく普通の若者です。

1月8日は「勝負事の日」でもあります。

「1」と「8」という日付から「一か八かの勝負」という語呂合わせが由来です。

「一か八か」は丁半博打が由来です。

さいころを二つ転がして偶数(丁)か奇数(半)かを賭けます。

「一」と「八」は丁と半の上の部分を取ったものです。

賭博行為は違反なので丁半博打のような勝負事はできませんが、自分が勝ちたい

目標を立てるには縁起のいい日です。

新年が始まって

2018.01.06

N75_2473a.jpg

寒い日が続きます。

例年より寒いのか、それとも歳のせいで寒さに弱くなったのか

わかりませんが、寒さが堪えます。

我が家では薪ストーブが活躍しています。

年末に2年ほど前に持って帰ったクヌギの木をチェーンソー

で輪切りにして薪割をしました。

普段は家を造る時に出る針葉樹の端材を燃料にしているのですが、

今年は、そのクヌギの木を燃料にしています。

やっぱり火が長持ちします。

杉やヒノキのように極端に燃え上がることもなく、ゆっくりじわじわ

と燃えてくれます。

先日、寝る前に大きめの薪を一つストーブに入れて休んだのですが、

翌朝まだ種火が残っていました。

新年が始まって初日は幸先よく、契約と現地調査でした。

朝は社員みんなで隣の古田神社にお参りに行きました。

すぐ隣にあるのに初詣は初めてです。

地元の氏神様ですからもっと早くから行っておくべきでした。

会社のある住所は満願寺町というくらいですから、昔は万願寺という

お寺があったそうです。

 

今日は、当社は営業していますが世間では3連休だったようですね。

昨日まで1月8日が祭日とは気が付きませんでした。

成人の日なんですね。

未だに成人の日は15日という気持ちがあります。

ところによっては年末から1月8日まで休みというところもあるようです。

祭日くらいはちゃんと知っておくべきですね。

私は経営者ですから休みがなくても仕方がないですが、社員が同じように

付き合わされては堪りません。

今年はとにかく残業を少なくして(本当は無くして)早く帰るように

新年のあいさつで伝えましたが、伝えてなんとかなるならとっくにできて

いるはずですから、仕事の仕方を変えるようにしなければなりません。

まずは協力業者の方に協力をお願いします。

 

 

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ