社長ブログ

森林の活用

2018.02.02

IMG_9645.JPG

日本の森林の約58%が私有林です。

奈良で有名な吉野の山林もほとんどが私有林であの広大な山を数名の方

所有しているそうです。

またこの人たちは他府県の方です。

山林を取得するのは譲渡や相続が多く、あまり売買はされていません。

林業を専門にする人でも木材販売で生計を立てている人はわずか5%と

言います。

木材を販売するとしても育成に時間と手間がかかります。

「枝打ち」「除伐」「間伐」をしなければなりません。

出荷されている吉野材はすべて間伐材です。

杉の人工林の場合、50年生での販売収入を試算すると143万円/ha

それにかかる経費は231万円/haとなるそうでこれでは大赤字です。

木は木材としてだけではなく、燃料としての役割もあります。

薪ストーブに使う薪や炭も燃料です。

また、林業による生産額の半分は木材以外の林産物が占めています。

理産物の中で8割を占めるのがきのこ類です。

きれいな沢があればワラビなども取れますし、植物以外にもカブトムシや

クワガタも貴重です。

何より森林には自然としての役割があります。

レジャーの対象にもなれば癒しの場としても考えられます。

日本の木を使うことでこれらがどれくらい活性化するかはわかりませんが、

もっと活用出来るように思うのは私だけではないと思います。

建築材料としては本当にいいものですから。

※一部 井上幸一氏のメルマガの抜粋です

寒い

2018.01.29

yjimage.jpg

霜柱の画像です。

気温が氷点下になった時に地中の水分が毛細管現象によって

地表に染み出して柱状に凍結したもので水蒸気が昇華して凍った

霜とは別の現象 と書かれています。

あと適した土質も必要とのことです。

実は先日、モデルハウスの庭で久しぶりに霜柱を見たのでスマホに

収めたつもりだったのですが、ほかのデータと一緒に消してしまった

ようです。

それにしてもここ数日寒いですね。

まだ来週も続きそうです。

しかし、奈良は雪自体は本当に少ないところです。

北部で積もるのは年に一回あるかないかですから。

インフルエンザも大流行のようで当社の事務員さんもしばらく休みを

取っていました。

家にはもう小さな子供はいないので学校のことはわかりませんが、

あちこちで学級閉鎖が起きているそうです。

私の時代に風邪で学級閉鎖というのは記憶にありません。

個人的に思うのはあの「予防注射」 あれを受けているという家庭の人

に限って風邪をひいているような気がします。

私自身ほとんど風邪をひかないのでそう見えるだけかもしれませんが、

「病気をしない人間は病気をする人の気持ちがわからない」と専務から

言われました。

確かにそうかもしれませんね。

しかし、「風邪の効用」と言ってたまには風邪を引いた方が体にはいい

そうですよ。身体が弾力を取り戻してくれるそうです。

いいように考えましょう。

天然乾燥、国産材、手刻み

2018.01.27

019af07826a001625a3b41398eed05842f6404fea7.jpg

木造住宅に使われる木材には「天然乾燥」と「人工(機械)乾燥」

があります。

「天然乾燥」は屋外で自然の状態で乾燥させたり、加工した材料を

屋内で乾燥させる方法で、「人工乾燥」は機械や装置による乾燥室内

での強制的な乾燥です。

今の家は高気密・高断熱になっているので「天然乾燥」では気密性が

損なわれる事があります。

また、工期短縮により「人工乾燥」が主流になっています。

天然乾燥の短所

乾燥に時間がかかる

温度・湿度に伴う寸法の増減が大きく、寸法安定性が低い

長所は、

乾燥にコストがかからない

色艶や香りを損なうことがない

人工乾燥の長所

含水率を設定することができて寸法安定性が高い

短期間で大量に乾燥材を作ることができる

短所は

乾燥のための設備や燃料のコストがかかる

色艶や香りが損なわれる

素材の劣化が見られる

木材の違いとしては国産材、外国産材の違いもあれば

プレカット(機械加工)、手刻み加工といった違いもあります。

どれも完成すれば化粧梁や柱でもなけれほとんどわからなくなる

ところですが、見えないところでこれだけの違いがあります。

明日、1月28日に完成の見学会をさせてもらいます。

この家は天然乾燥材と手刻み加工で造った家です。

二条の家 完成見学会

2018.01.22

013e48e9f10d95ab32879bd4fb9c50640928df032d.jpg

もうすぐ完成の二条の家です。

足場が取れて全体が分かるようになりました。

IMG_0111.JPG

こちらは着工前に設計の子が作った模型です。

01193e927e3498e876b785743c87249cd5f1b4bddc.jpg

リビングの完成写真です。

IMG_0092.JPG

こちらは模型の内観です。

50分の1の模型なので階段の手すり格子までは作れて

いませんが、よくできています。

この模型は図面やパースだけではわかってもらえない部分を

理解してもらうためと、「こんな家ができるのですよ」と実感

してもらうためのものです。

今週の日曜日(1月28日)にこの家で完成の見学会をさせてい

ただきます。

子育て世代の方の家です。

木とアルミの複合サッシや木製の玄関ドアなど見どころの多い家

になっています。

木の家が好きな方はご参加ください。

協力会の総会

2018.01.21

IMG_20180120_191214.jpg

昨日は、輪和建設㈱の協力業者会「和みの会」の総会でした。

新年会を兼ねての総会です。

総会は昨年度の事業報告と今年度の事業予定の報告です。

行事としては、総会を始まりとして、安全大会、安全パトロール

研修旅行、ゴルフコンペがあります。

この総会はこれで5回目を迎えます。

協力会を作って5年経過したことになります。

ハウスメーカーの下請けから脱却して今の家づくりを始めたのが

10年前でした。

始めてしばらくは協力会というものはありませんでした。

細々とやってましたから、協力会を作る必要も感じていませんでした。

しばらくしてそれなりに受注が取れるようになると協力業者さんの中

から「協力会を作ったら」という声が聞かれるようになりました。

 

1件の家を造るにはたくさんの業者さんが関わることになります。

何軒か施工していれば職人さん同志もお互い顔見知りになります。

そしてお互いが連携してくれれば家づくりもスムーズになります。

そのお互いの連携交流を深めることが目的での協力会です。

呼びかけたところたくさんの業者さんが入会してくれることになり

ました。

そして、ほとんどの業者さんがそのまま残ってくれています。

 

この協力業者の会も当社が仕事を供給して始めて成り立ちます。

各業種の職人さんや業者さんは仮にもし当社がなくなっても他の付き

合いのあるところで生きていくことができます。

当日、この総会の前に大工さんだけを集めて意見の交換会をしました。

こちらからの要望が主体でしたが、もちろん大工さん側にも意見や不満

があります。

そう言った意見をくみ上げることが当社のためでもあります。

お互い協力関係にあるからこそできることです。

ところが、対お客さんはそんなわけにはいきません。

お客さんはOBの方を除いて何も言ってくれません。

気に入らなければ当社に施工を頼まなければいいだけです。

わざわざ、「こうしてくれれば御社にお願いします」などとは言って

くれません。

わからないから難しいのですね。

頼まれたことに対して誠実に答える、そして結果を出す、そして満足して

もらう最低限これだけはと思って続けていきます。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ