社長ブログ

季節と天候に左右される仕事

2014.01.15

IMG_6392.JPG

エアパスの屋根の状態がよく分かる写真があった

ので掲載しました。断熱材の上の通気用の胴縁を

打ち付けて隙間を造り気密を取る(空気がよく流れる)

ためにシートを貼ります。

その上に野地板という屋根材の下地を貼っています。

野地板は杉を使っています。

これから防水のための透湿遮熱シートを貼ってガルバリウム

で仕上げです。

屋根の頂点でもこもこしているのはウレタンです。

頂点部分は、断熱の隙間ができやすいので充填した後カットします。

話は変わりますが、夏の屋根の仕事も大変ですが、冬の屋根

の仕事も大変です。

朝一番は、露でぬ濡れていて登れませんし、日が暮れるのは

早いしで仕事のしやすい時期というのは短いです。

東北などの雪の多い地域の人から見れば仕事ができるだけでも

いいと思って感謝しないとダメですが。

 

 

 

 

 

オリンピックで取るメダル

2014.01.13

DSCF0722a.jpg

ソチオリンピック、東京オリンピックと開催されることになりましたが、

いつもメダルの数が話題になります。ところでこの金と銀と銅のメダル

を取った人の中で一番満足度の低いのはどのメダルを取った人だと

思いますか。

普通は銅メダルだと思いますが、実は銀メダルを取った人だそうです。

銀メダリストは「あとちょっとで金メダルを取れた」と考え、銅メダリストは

「メダルを取れた」と考える。比較してしまうのだそうです。

銀メダリストは金メダリストと比べ、銅メダリストは、メダルを取れなかった

その他大勢の人たちと。

あと銀メダリストは、最後に負けてメダルをもらうからでしょうか。

日本で一番幸せな都道府県

2014.01.12

_MG_0241.JPG

47都道府県の幸せ度ランキングを法政大学が発表したそうです。

生活、家族部門・労働、企業部門・安全、安心部門・医療、健康部門に

分けて幸福度を分析したそうです。いろんなランキングがあるものです。

1位は、福井県 2位は、富山県 3位は、石川県と北陸3県が上位を占めました。

私が住む奈良県は、31位でした。北陸3県などは、自然環境には恵まれています。

しかし、住む環境としては雪も多くて奈良県より住みにくく感じるのですが、

そんなものではなく、かえって環境が厳しいほうが他のことが幸せに感じるのかも

しれません。

そういえば、今は知りませんが、会社の社長を務める人は福井県出身が一番多い

というのを聞いたことがあります。

奈良県は、寒いといっても零下になることは珍しいですし、雪もそれほど降りません。

また、台風の被害もめったに出ません。近づいてきても不思議と逸れていきます。

地震はというとこれはわかりませんが、自然環境もほどほどよくていいところだと思います。

 

 

薪ストーブの体験会

2014.01.10

CIMG3435.JPG

                 DSCN2373.JPG

ここ数日は、冬本番のように寒くなってきました。

そうなると薪ストーブの火はありがたいです。

薪ストーブというと、ガラスの向こうに炎が上がっているのを

想像しますが、本来は上の写真のように熾火の状態を保つ

のが薪ストーブの正しい使い方です。

写真のストーブはアンコールと言って2次燃焼室を設けたタイプ

で燃焼の効率がいいのですが、煙突部分の開閉レバーと炎の

調節のレバーがあるので調整は少し手間がかかります。

下の写真は昨年の薪ストーブ体験会の写真です。

薪ストーブの使い方やメンテナンスの説明、それから料理の実演

などをしてもらいます。

一番ポピュラーなのは焼き芋ですが、炉内に直接入れてもいいですが

その下にある灰皿に入れて造ることもできます。

また濡れた新聞紙に包んでからアルミホイルでくるんで焼いた方が

ほっこり焼けます。

炉内に入れるときは、熾火の状態にして直接薪に触れないように

してください。

今年の薪ストーブ体験会は、1月19日(日)に当社のモデルハウス

でさせていただきます。

興味のある方はご参加ください。

 

健康と長寿命の家

2014.01.08

DSC_6559a.jpg

エコハウスという言葉がよく使われます。

もとは、環境への負荷を低減した住宅、環境共生住宅です。

自然への負荷をかけず、人や動物の健康を害さず、自然エネルギーを

積極的に利用し、過剰な設備を取り入れない住宅です。

しかし、実際そう謳っている住宅のほとんどは、高気密・高断熱で新建材

を使った設備過剰な住宅です。

それほど設備に頼らなくても、昔からある手法で快適に暮らす方法はある

と思います。快適はすなわち住む人の健康に結びつきます。

現代の設備は本当によくできていて便利なものですが、電化製品と同じで

いつまでも持つものではありません。

せめて構造躯体だけは長持ちするようにしたいものです。

家が長持ちするのが最大の省エネですから。

 

 

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ