社長ブログ

床の間のある和室

2019.11.27

DSC_9754.JPG

リフォームが終わった私の家ですが、床の間とその和室

はほぼそのままにして残しています。

床の間の壁は書院の障子になっていましたが、耐力壁に

替わってはいます。

このような和室のある家はほとんどすべてと言っていい

くらい2階が載っている角の部分に壁がありません。

簡易な構造計算をしていてもこの部分に壁を造るだけで

耐震の数値、バランスは一気に良くなります。

しかしながら、書院を壊すことはほとんどの人がためら

います。

せっかく造ったものですから、気持ちはわかります。

また床の間としても書院があってこそとも思います。

耐力壁の壁は別として、大規模なリフォームをする人でも

やはり床の間、違い棚、仏間(仏壇があるかないかに関わ

らず)手を付けません。

私も残しておく方に賛成します。

DSC_9753.JPG

仏間の下の部分を見ると板の隙間からか何かがはみ出ています。

何かと思えば断熱材でした。

私の家は寒かったので床下から吹き付けの断熱材を施工しても

らいました。

ウレタン系の断熱材です。

施工後、気泡を含んで膨張する性質があります。

それがはみ出てきたようです。

それだけ隙間があったということでもあります。

DSC_9756.JPG

最近、健やか畳といってスタイロの断熱材を基材にした畳が増え

ました。

しかし、私の家は藁床の畳にしています。

やはり、柔らかくて温かみがあるように感じます。

畳屋さんが言うには「ダニがわく可能性はありますよ」

天然ものですから当たり前なのですが、今の時代そういったことは

伝えておかないとクレームになるのかもしれません。

DSC_9829.JPG

月曜、火曜と二日間、エアパスグループのブロック会で愛知県に

ある工務店さんのところに行ってきました。

そこで見学させてもらった現場です。

リフォームではありません。

新築の家です。

古材をふんだんに使っています。

黒く光った梁は古民家でよく見かけますが、ここまで黒くはありません。

バーナーで焼いた上に塗装を施しているそうです。

まなり複雑に組み上げられています。

施工する大工さんは大変だったことでしょう。

インパクトがあって圧倒されます。

いろんな家づくりがあります。

玄関とキッチン

2019.11.24

IMG_2923.JPG

リフォームする前は玄関は入母屋でした。

入母屋は屋根の形としては立派なのですが、複雑な形に

なって雨漏れが起きやすいです。

そこで普通の片流れの屋根の下に庇を設けました。

以前はきつい雨が降ると玄関建具(今と同じ木製でした)

が吹きぶりに当てられていました。

DSC_9745.JPG

それで庇はかなり深くしています。

雨の時も助かりますし、今は自転車を置いています。

IMG_2964.JPG

アイランドキッチンです。

高さが90㎝、天板の奥行きは105㎝あります。

高さは一般的に85㎝ですが、ビルトインのコンロの加減で

90㎝になっています。

私でも少し高く感じます。

天板が広いのはゆったりしていいのですが、写真の壁付の

コンセントはこちらからは遠くて手が届きにくいです。

また天板を拭くときも反対側に回らないと全体を拭くこと

ができません。

いい面もあれば不便な面もあります。

壁のタイルは岐阜の美濃まで行って探してきたタイルで

表面が平滑ではないので目地のセメントが詰めにくいの

で目地なしにしましたが、結果的に仕上がりがきれいで

よかったです。

IMG_2954.JPG

LDKを部屋の端から写した写真です。

手前の独立した柱までが前は6畳の和室でした。

6帖・8帖の続き間だったのですが、6帖の方を縁側と一緒に

リビングに取り込みました。

そして向こうの柱までが以前のリビングでした。

独立したリビングです。

そしてその向こうがダイニングキッチンと4帖半の和室でした。

子供が幼かったころはその和室にベビーベッドを置いたりして

活用していましたが育ってしまうとだんだん物置状態へと変わ

ってしまいました。

そこですべてを一体にしてLDKにしたのでかなり広いLDKです。

サッシを取り替えたり、外張りの断熱をしたのですが吹抜けまで

造ったので暖房の面ではやや不安でしたが、今のところ薪ストー

ブで割と快適に暮らしています。

家族の形態が変わると暮らし方も変化します。

前のまま何とか工夫をして暮らすことも可能でしたが、できるなら

少しでも快適に暮らせたほうがいいです。

昔は「家は3軒建てないと本当に自分に合った家は造れない」と言

われたこともありますが、とてもそこまでできません。

1回のリフォームで何とか自分に合った暮らしができればそれで充分

です。

生活してみて

2019.11.23

IMG_2935.JPG

私の家の洗面所です。

漆の職人さんにお願いしてカウンターを黒漆で仕上げて

もらっています。

普段は文化財や寺社の仕事を主のしている職人さんで個人

宅から依頼されるということは珍しかったようで大変喜ん

でくださいました。

完成した折も手土産をもって見学に来ていただきました。

下地の木はきれいな桧の板ですが、黒い鏡のような仕上げ

になっています。

IMG_2937.JPG

ただ、隣に脱衣所兼洗面があるのでこの空間は今はほぼ観賞用

になっています。

何度か手を洗ったことがある程度です。

2面の壁に鏡を付けたのですが、いきなり空間が広がったように

感じます。

IMG_2944.JPG

こちらはトイレのカウンターですが、ケヤキの板に拭き漆という

仕上をしてもらっています。

木目がきれいに見えています。

普段の生活ではトイレは毎日のように使いますが、洗面は前述の

ような状態です。

あまり活用しないところに高価なものが使われているわけですが、

旧家の立派な家、特に農業をされている家では立派な玄関があるに

もかかわらず、正面玄関から出入りすることは少なくほとんど勝手

口や裏口から出入りしておられることがよくあります。

また、床の間のある和室などもそうです。

一番お金のかかっているところが、めったに使われることがないと

いうのが実情です。

現代では床の間のある和室などはあまり造る人はいません。

玄関は当然、毎日使います。

勝手口から出入りしている人などいません。

その点では昔の家というのは不思議な家ですね。

ふと、我が家の洗面所も同じようなものかもと思いました。

そういえば昔の家は、床の間の落とし掛けの裏側は壁(左官)の仕上

げをしないでお引き渡しをすることがありました。

家はすべて完全に造ってしまうとそこで終わってしまう、というので

わかりにくいところで仕事を残したのですが、今ではそんなことをす

ると手直し(クレーム)になってしまいます。

IMG_2973.JPG

北東の角にある部屋の出窓です。

なかなかいい眺めです。

市内ではどこの窓を見ても住宅や道路ばかりかもしれませんが、

山や池が見えるというのは田舎ならではです。

北の方を見ると法輪寺の五重塔が見えます。

生活してみて

2019.11.21

DSC_9751.JPG

当社では引き戸を多用しています。

ドアはあまり使っていません。

開けっ放しにしていても邪魔にならず途中で止めて

おくこともできます。

昔からの日本人の生活にあっているように思います。

DSC_9748.JPG

この引き戸ですが、吊り戸と言って敷居はありません。

金具で上から吊り下げた状態の引き戸です。

敷居がないので床がそのまま続いています。

掃除しやすく、躓いたりすることもありません。

しかし、使ってみると敷居がないのでやや不安定で頼

りない感じがします。

DSC_9749.JPG

リビングに独立している柱です。

ご存知のように柱にはこのような背割りという切れ目

が入っています。

乾燥して縮んでもほかの面にひび割れが入らないよう

にするための加工です。

ですから乾燥すればこの隙間は大きくなります。

化粧柱と言っても無垢材の場合は一面にはどうしても

この背割りが入ります。

DSC_9750.JPG

この柱は背割りに埋木をしてあります。

4面ともはっきり見えるのでこのような細工がしてあります。

背割りがやや開くくらいかなりきつく埋木をしてあります。

ところが先日、ほかの家で同じような細工をしておいたです

が、思ったよりも乾燥収縮がきつかったのか、1mmくらいの

隙間ができていました。

やはり天然物は乾燥するとどうなるかわからないものです。

内窓の効果

2019.11.18

DSC_9768.JPG

前回は既存のサッシの上からカーバーする方法のサッシを

紹介しましたが、これは内窓と言われるものです。

メーカーさんの名前でいうとインプラス、プラマードです。

今付いているサッシをそのままの残して内側に新しく樹脂製

のサッシを取り付けます。

この部屋は和室なので障子調の内窓にしています。

枠が樹脂製でガラスはシングルガラスとペアガラスがあります。

和室の場合は内障子の代わりという感じで取り付けできますが、

普通の洋室ではガラス戸が2重になります。

「2回の開閉が面倒」という人もいますが、これが一番断熱性、

遮音性に優れているように感じます。

サッシとサッシの間の空気層が大きいからだと思います。

DSC_9766.JPG

これは新設した一般的な樹脂複合サッシです。

サッシをペアガラスに変えたり内窓を付けたりすると

遮音性は高まります。

雨の音が聞こえなくなりました。

DSC_9764.JPG

階段はオープン階段にしています。

開放的な感じになります。

電気のスタンドを置くつもりです。

他のものでもいいですが、埃は落ちます。

階段下は収納にすることが多いですが、オープンにすると

少しゆったりします。

DSC_9770.JPG

2階の踊り場にある階段手摺です。

細くして開放的にしましたが、小さなお子さんがいる家では

転落の危険があります。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ