社長ブログ

古材を再利用するための古材鑑定

2013.08.28

P1090567.JPG

                           P1090576.JPG

和歌山の橋本へ古材の鑑定に行ってきました。

築100年は越えているようです。

上の写真は和室の天井ですが、竹の上に敷いてあるのが

何かわかりませんが、その上は土のようです。

小屋裏の床を兼ねていると思われますが、手の込んだことがしてあります。

下の写真は、梯子をかけて小屋裏をのぞかせてもらいました。

茅(藁)ふきの屋根独特の丸太を組み合わせたものです。

外観はトタンで覆われていたので、建築当時のものではなくなっていました。

解体を前提とした、古材の買い取り価格を査定させてもらいます。

古民家の鑑定

2013.08.27

20130827_163338.jpg

 本日、吉野町で古民家の鑑定してきました。

築100年くらいでしょうか。ご主人もはっきり

わからないといわれてました。

解体するよりも誰かに住み継いでもらえればという施主さん

の希望で鑑定することになりました。

間取り図面と200枚程度の写真および400ほどの調査項目

を調べて回ります。

写真は小屋裏の状態を調べているところです。

つい最近まで住まわれていたのでそれほどの年数が経過

しているとは思えないほどきれいです。

どなたか住んでくれればいいのですが。

 

 

堀炬燵

2013.08.26

完成 088.jpg

堀炬燵です。まだそんな季節ではありませんが。

床座の生活が多い人には便利です。

正座が苦手な人や、年輩の人にとっては楽な姿勢で

座れます。ただ、設備としては固定されてしまいますので、

移動や撤去となると工事が必要になってしまいます。

季節に応じて畳でふさぐようにもできますが、出しっぱなし

になることが多いと思います。

延べ床面積に余裕のある家に向いてます。

お引渡し

2013.08.25

RIMG3624.JPG

                                                     RIMG3632.JPG

本日、新築の家を一軒お引渡しさせていただきました。

打合せに来られたのが、昨年の11月ですから約10か月

でお引渡しとなりました。

 当社の場合、手作りが多いので工事に6か月ほどかかります。

工事期間中も、毎週のように現場に来ていただき打ち合わせを

しながら進めていきます。

永い間お付き合いしていただいてありがとうございました。 

 写真は、テープカットの準備とメーカーさんによる住宅設備の

 取扱説明です。

造作のキッチン

2013.08.24

CIMG1244.JPG

 

 

造作のキッチンです。

洗面台やキッチンなどを造作してほしいと要望はよくあります。

機能的には、既製品のほうがよくできていると思うのですが、

あののっぺりした感じが嫌いなのでしょうか。確かに設置すると

回りとも違和感がなくていい感じがします。

ただ、キッチンの下の配管などが見えているのは賛否両論あるようです。

価格的には既製品より安く済むことが多いです。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ