社長ブログ

キッチンの配置による使い勝手

2013.07.28

DSCN1177.JPG

 

背面キッチンです。

対面か背面かで迷うところです。

普段の生活習慣で決める方が多いようですが、

実際使ってみないとメリットデメリットはわかりにくいようです。

対面は 手元が隠せる・家族やテレビを見ながら作業できる

     収納が後ろ1列にまとめられるなどのメリットがあり

背面は 調理したものをすぐテーブルに運べる・対面に比べて

     多人数が出入りできる・少ない面積で済むなどのメリットがあります。

リフォームでよくあるのが背面を対面に変えてほしいという要望ですが、

LDK自体を広げないと収まらないことが多いです。無理に対面にすると

狭くて使いづらくなることがありますから、よく考えて後悔しないように

してください。、

漆喰の壁

2013.07.27

P1090292.JPG

                                                  P1090289.JPG

 塗り壁の作業中です。

材料は漆喰です。下塗りが乾いて上塗の段階です。

暑いですが、斜めから光を当てて塗り斑のないよう

施工してもらってます。

 塗り壁も材料によってクセがありますので、コテの抑え加減も難しいです。

こちらの現場は、ホタテ漆喰と普通の漆喰と藁スサ入りの漆喰の3種類

で仕上げさせてもらいます。出来上がりが楽しみです。

造作テーブルに使う板を選ぶ

2013.07.26

20130726_151914.jpg

 リフォームのお施主様と一緒に吉野にあるグリンフォレスト

というところに行ってきました。

広葉樹の板から針葉樹の板までいろんな板を在庫しておられます。

栃・タモ・山桜・ケヤキ・イチョウ・朴ノ木・杉・ヒノキなど様々です。

施主様もかなり迷われてましたが、栃の木(写真)でテーブルを

造ってもらうことになりました。

予算オーバーのようでしたが、どうしてもいいものがほしくなるみたいです。

出来上がりが楽しみです。

 

 

 

和室の天井は竿縁天井

2013.07.25

20130725_164505.jpgのサムネイル画像

和室の竿縁天井です。

最近は、本格的な和室を要望する人は少なくなりました。

座敷として使うことがなくなったからでしょうか。

お客様が来てもリビングの入ってもらうことが多いですから、

客間という考えがなくなってきたのでしょう。

 当社、新建材は使わないので、廻り縁、竿、源平の杉板と

すべて吉野産です。

少々材料費がかさみますが、新建材と違って年数がたっても

それなりの味が出ますし、香りもいいです。

永く楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 

日当たり通風のいい2階リビング

2013.07.24

_MG_8327.jpgのサムネイル画像

 2階にLDKを持ってきたお家です。狭小地であったり

周囲を家で囲まれているときに採用します。

そうすることで、明るい風通しの良いLDKが

可能になります。また、LDKは大体広々と造りますから、

柱や壁が少なくなりがちですが、1階に配置する場合と違って

2階の重い部屋などがなく、屋根しかありませんので、

構造的にも作りやすいです。

ただ、メインの生活の場が2階のなりますので、買い物などの荷物

特に食材などはすべて2階まで運ばなければなりませんので、

そのあたりをよく考えて採用してください。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ