社長ブログ

芝生

2019.04.06

DSC_0004.JPG

法面に芝生を貼る工事をしています。

芝生はどこにでもあります。

家の庭一面に貼っている家もあります。

誰でも知っているようですが、調べてみると「芝生」という

のは芝が一面に生えているところ と書かれています。

DSC_0002.JPG

芝生には日本芝と西洋芝があります。

そして、夏型芝と冬型芝に分けられます。

結構古い文献にも登場するようで万葉の時代にも文字が出て

きます。

日本芝は主に高麗芝と野芝に分けられ、冬は枯れます。

それに対して、西洋芝は改良種が多くブルーグラスやバーミューダ

グラスなどがあり、常緑性のものが多いです。

ゴルフ場のグリーンなどに使われます。

今では日本芝も改良種が出ていて夏場の刈込が少なくていい品種も

あります。

日本芝はご存知のように土をつけたまま切芝の状態で販売されます。

西洋芝は種子の状態から育てるものが多いです。

DSC_0001.JPG

私は以前、外構関係の仕事をしていて芝生を扱うこともあり芝生の

生産地までいったこともあります。

一面に生えている芝生を機械を使ってカーペット上に表土ごと鋤取り、

ロール状になった芝生を切断して出荷されます。

鋤き取った後は管理さえすればまた一面に芝生が生えてきます。

2019-04-06-08-22-30.jpg

事務所の前の桜並木です。

今日は土曜日とあってたくさんの人が見に来ています。

今日、明日あたりがピークのようです。

明日は、もっと人が増えそうですね。

タイル工場

2019.04.04

DSC_9045.JPG

岐阜県土岐市にある「寿山」というタイルの製造工場です。

こちらではタイルだけではなく器も作られています。

DSC_9047.JPG

この会社では原料から自社で仕入れて加工されています。

今ではこのあたりでも一貫生産しているところはほとんど

ないそうです。

岐阜県の多治見や土岐市でタイル工場が多いのは原料となる

土(粘土)がこのあたりの山で出土されるからです。

タイルの製造工場を見学させてもらうのは初めてです。

DSC_9049.JPG

粘土の板上になった原料を切断加工しているところです。

タイルの断面はそれぞれの金型があってそこを通過すること

で所定の断面のタイルが押し出されてきます。

DSC_9051.JPG

既定の大きさに裁断しています。

DSC_9053.JPG

タイルを焼いている窯の中をのぞかせてもらいました。

DSC_9054.JPG

手作業で彩色しています。

いろんな工程を経て出来上がったタイルです。

DSC_9059.JPG

どれを使おうか迷います。

今日はこの会社の代表である「水野さん」に会社の歴史や

タイル業界の現状、タイルの原料に至るまでたくさんのお

話が聞けました。

聞けば聞くほどタイルというものも奥が深いですね。

ありがとうございました。

新元号

2019.04.01

2019-03-31-08-57-39.jpg

新元号が公表されました。

「令和」

パソコンで入力してもすぐに変換されました。

予想外というかちょっと意外な元号です。

予想などできるはずもないですが、もう少し馴染みのある

漢字が使われるかと思ってましたが、違いました。

まだ馴染めませんが、すぐに当たり前になることでしょう。

「キラキラネームに使われそう・・・」という人もいました。

どういう意味か分からず調べました。

もう皆さんもご存知と思います。

万葉集の「初春の令月にして気淑く風和ぎ」からとったそう

です。

「明日への希望と共に日本人一人一人が大きな花を咲かせる」

という願いが込められていると説明がありました。

「平成」の時代は字に込められた意味とはちがって災害が多か

ったように思います。

昔は、飢饉や災難が続くとすぐに元号を変えたらしいですが、

今ではそんなことはできません。

2019-04-01-08-19-25.jpg

事務所の前の桜並木です。

昨日の朝と今日の朝の様子ですが、日に日に膨らんでいます。

今週が見どころでしょうね。

数日すればフェイスブックも桜で満開になることでしょう。

それにしても今日は変な天気でした。

DSC_9037.JPG

そのおかげか、本当にきれいな虹が出てました。

写真では臨場感がありませんが、本当に半円状になり色も

鮮やかでした。

新元号の公表にふさわしい虹でした。

ヨガと自力整体

2019.03.30

P_20170516_134508.jpg

モデルハウスでは定期的に「ヨガ」と「自力整体」を

インストラクターの方に来ていただいて開催しています。

こちらは、ヨガを指導していただいてる「アンシー先生」です。

自力整体.JPG

こちらは自力整体の「塩見さん」です。

社員の健康のためもありますが、一般の方も参加できます。

どちらも東洋的な考えがもとになっていてツボを刺激する

動作が主体です。

以前当社の協力業者会でもヨガを体験してもらいましたが、

その夜は「いつもよりよく眠れた」という職人さんがいま

した。

ヨガは常人ではできないような体勢を取るようなイメージが

あるかもしれませんが、誰もができるものでもあります。

どちらかというと柔らかい動作が多いように思います。

それに対して自力整体は刺激が強いように感じます。

痛い体制と動作があります。

普段使わないところを刺激するような感覚です。

私は普段から水泳をしています。

どちらかというと体は柔らかいほうですが、とても真似が

できない体勢があります。

ヨガと自力整体は対照的な動作、体勢を取るものでありながら

共通しているのはそのあと自分の体に合ったマッサージを受け

たような感じになるところです。

私の場合は、知らぬ間に凝り固まっていた筋や筋肉がほぐされて

たまった疲れが一度に出てくるようで翌朝つい寝坊をしてしまい

ます。

体が弾力を取り戻したような感覚です。

よろしければ皆さんも一度体験してみませんか。

新元号

2019.03.28

_DSC5157.jpg

来週には新元号が発表されます。

私がこの会社に来たのが平成元年の1月からでしたから、

私のこの業界での経歴は数えやすくて、平成とともに

この会社に勤めてきた気持ちがありました。

元号が変わるとともに私もそろそろ次の代に譲る準備を

しなければならない年齢にもなりました。

次の元号は

「国民の理想としてふさわしい意味を持つ」

「漢字2字で書きやすく読みやすい」

「これまでに元号として用いられていない」

「俗用されていない」

といった条件があるようですが、

中国やベトナムのようにかつて元号が使われていた国で使われていないか、

同じ名称の地名や企業がないかといったところもチェックしなけらばなら

ないのが大変だそうです。

そして頭文字は「K」が有力ではないかという説があって、「これだ」

と予想する人もいるようですが、人目に触れた瞬間に「絶対に採用されない案」

となってしまうようですから、あまり予想などすると考える人が大変です。

静かにじっと発表を待ちましょう。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ