社長ブログ

平屋の需要

2019.03.04

IMG_20180924_153554.jpg

人口減少に伴って「夫婦+子」の世帯数が減少傾向にあり

単独世帯が増加傾向にあります。

そのせいか家も「平屋」が増えてきているようです。

人口は減少していますが、世帯数はまだ2025年までは

増えていくと予測されています。

人口が減って世帯数が増えるということは1世帯当たりの

世帯人員が減るということです。

高齢者のみの単独世帯が増えていくんでしょうね。

世帯人員が減れば家も必要な部屋数が減ります。

実際家も小型化してきています。

20年前から5年ごとの推移をみると

139.4㎡→136.0㎡→131.7㎡→125.2㎡→120.7㎡

と年々小さくなっています。

この小家族向けの家として平屋の需要が高まっています。

平屋というと以前は、子供が独立した後シニア層が建て替え

や住み替えのときに考えるものでしたが、今では1次取得者も

平屋を希望することが増えてきています。

住宅着工全体に占める平屋の割合はほぼ10%になっています。

特に九州が多いようで、台風や震災の影響があるようです。

反対に平屋率が低いワースト5のうち4位が京都、5位が奈良

というのが意外な感じがします。

当社も平屋の家は数件施工させてもらっています。

平屋の家は施工面積が限られるので工事費はそれほどでもない

ですが、坪単価で表示すると高くなります。

平屋と総2階では建築面積は同じでも屋根と基礎は同じだけ

必要ですが、床面積はほぼ倍の違いがありますから坪単価は

高くなります。

省エネ基準と伝統的な家づくり

2019.03.02

2020年の省エネ基準の義務化が見送られることになった

という記事は以前に書かせてもらいました。

それほど難しい基準ではないということも書かせてもらいました。

ところが先日ある建築家の先生と新築の打ち合わせをしていたとき

「義務化が見送られて助かった」と言われてました。

どうしてかというと、今でも土壁で施工している物件があるからです。

IMG_20180424_134959.jpg

この土壁では断熱性能は期待できません。

しかも、室内側が真壁(柱が見えている仕上げ)

IMG_20180630_095050.jpg

そして、外部も真壁

IMG_20180630_101103.jpg

となると断熱材をいれるところがありません。

省エネ基準が義務化されると写真のような家は建てられなくなるのです。

室内側に断熱材を施工すれば少なくとも外壁は大壁になります。

また、外部に断熱材を施工(外断熱)すれば柱は見えなくなります。

写真の家は新築ではなく古民家のリフォームですが、このような家が建て

られなくなるのはやはりさびしいです。

伝統的な家づくりをしている会社は今も全国にあります。

伝統的な家づくりを守っていこうとする工務店さんが困ってしまうことに

なります。

確かに省エネ、断熱、は大事です。

ヒートショックを防ぐには断熱は重要です。

と言って、伝統的な家づくりがなくなっていいということにはなりません。

雨落ち

2019.03.01

IMG_3634.JPG

「雨落ち」というものがあります。

現代の家ではめったに見ることはありませんが、

昔の家には時々見られます。

雨落ちというのは雨だれの落ちるところで、雨打ち

とも言います。

昔の家には樋というものがなく、屋根に降った雨は

そのまま地面に落ちるようになっていて、そのまま

では地面が掘られたりそのハネで壁を汚すので溝を

掘って玉砂利などで雨水を受けるようになっています。

現代のグレーチングのようなものです。

敷地に余裕があって、落ち葉などで樋が詰まりやすい

ような家に有効です。

濡れると黒い玉砂利がきれいです。

花粉症

2019.02.27

DSC_1493.JPG

ここ数日、寒さも和らぎかなり過ごしやすくなってきました。

そうなると、飛び交うのが花粉です。

幸い私は花粉症ではありませんが、社員の中ではくしゃみを

連発しているのがいますし、マスクをしているものもいます。

今や国民病となった花粉症は3割がかかるといわれます。

この花粉症の影響は医療費の支出増加、労働生産性の低下

などを起こします。

花粉症のもとになるのは日本の森林面積の18%を占める

杉の人工林です。

この杉が2月から4月にかけて花粉を飛散します。

杉はまっすぐに育ち(まっすぐ→すぎ になったといわれます)

私が携わっている家や家具など幅広く利用されていますし、

二酸化炭素の吸収量も多いです。

この杉ですが、林野庁では少花粉杉の開発をしていて今では

142品種、無花粉杉も3品種開発されているそうです。

ただ、思ったようには進んでいないようです。

杉は樹齢25から30年経たあたりから花粉を出し始めます。

そして、杉林の約9割が樹齢30年以上を経ていて花粉を放出

しています。そしてこの放出は100年まで勢いが衰えない

とのことです。

今のところは、我慢するか、薬に頼るか、自然治癒を待つかし

かなさそうですが、花粉症が治まるとほかの症状が出るようで

すね。

古材の再利用

2019.02.26

015e0edf2af00edadc60896880e19edc67a7f24a28.jpg

建て替えを検討されている方の家に来ています。

大きな家なので新しい家に使える材料がないかを

調べています。

これは床の間にある天然の絞り丸太のようです。

ちょうど次の家にも茶の間があるので使えそうです。

012040d2208c075bea41888a4800dbc826627a5afc.jpg

点検口から屋根裏をのぞかせてもらいました。

棟木や母屋に割と大きめの丸太が使われています。

これも再利用の候補に挙げます。

化粧の丸太としても使えそうです。

このように昔の家に使われている材木は古材と言われて

再利用できるものです。

よく乾燥していて、新材よりも硬く収縮やひび割れも

これ以上発生しません。

建て替えの場合は、今までも何度か使わせてもらいました。

ただ、母屋や棟木の場合は下から見たときはきれいなのです

が、屋根の面が腐朽している時もあるので解体してみるまで

分からないこともあります。

そして再利用するにしても構造計算上の強度が満たせるだけの

断面が必要になります。

また、当然使うだけの長さは必要です。

先日モデルに来られた方で、「今ある家の材料を使ってほしい」

旨を伝えたところ、ほとんどの会社で「無理です」と言われた

そうです。

今の家はほとんどがプレカットで造られています。

そこへ、構造用の集成材がたくさん使われています。

プレカット工場では古材は扱ってくれません。

製材された乾燥材でないと工場のラインに入れることはできません。

また集成材を使っている会社ではその中に無垢材を混ぜることは

しません。

集成材は強度が決まっていますが、古材を個別に計算したりという

ことはしません。

自社で1棟ごとに構造計算をして、大工さんが墨付け・手刻みして

いればできることです。

プレカットでも特殊な丸太などは大工さんが刻んでいることもあり

ますが、どの会社も余計な手間は掛けたくないというのが正直な

ところかもしれません。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ