社長ブログ

空き家

2019.09.14

今問題になっている空き家。

全国の総住宅数6242万戸のうち空き家は846万戸

空き家率は13.6%となっています。

内訳は

一戸建てが317万戸 37.5%

長屋建が50万戸   5.9%

共同住宅が475万戸 56.2%  です。

共同住宅というのは

「1等の中に二つ以上の住宅があって廊下・階段を共用しているもの」

と定義されていて分譲マンションや賃貸アパートなどがあります。

空き家というと一軒家ばかりが空き家のように思いますが、実際は

アパートやマンションが大半のようです。

それはそうですね。

一軒家は1戸ですがマンションや賃貸アパートは1軒で何戸もあります

から。

昔、景気が良かったころ各ハウスメーカーが完工棟数を競っていたころ

「祝年間〇〇戸」と書かれた幟や垂れ幕がかかっていました。

「そんなに建てているのか?」と思って聞いたところ「〇〇棟ではなく

〇〇戸だから賃貸アパートを含めれば戸数はそうなるよ」と教えてもら

ったことがあります。

少子高齢化と人口減少が問題になっていても新しい住宅やマンションは

増え続けていますから、空き家問題はなかなか解決できません。

売るために新しい住宅を造り続ける業界と「新築住宅信仰」のある消費者

がいる限りは解決できません。

大型マンションなどは定期的に修繕工事を行っても老朽化はしていきます。

鉄筋コンクリート造の寿命は117年

外装をメンテナンスをすれば150年

とされていますが、誰もマンションにそこまで長く住もうとはしないで

しょう。

あの大きな構造物がたくさんの産業廃棄物になります。

せめて戸建て住宅だけでも長く住むように、そして長く住めるように

しなければなりません。

家を造る仕事をしながら言える立場ではないですが、分譲住宅やマンション

などは規制した方がいいのではないかと思います。

私の家の断熱

2019.09.09

DSC_9303.JPG

私の家のリフォームですが、外貼り断熱を採用することに

しました。

外貼りと言ってもいろいろあるようですが、私の家はモルタル

の外壁を残してその上から施工することにしました。

モルタルの上から施工するのですが、私の家は外壁が鎧起こし

と言って四角いマス目状にわずかに勾配をつけて仕上げています。

そのまま断熱材を施工すると平滑に仕上がらないのでモルタル

で起伏を調整しています。

DSC_0037.JPG

断熱材は厚さ3センチのスチロール状のものです。

DSC_9330.JPG

モルタルの上から断熱材を貼り付けています。

丸いワッシャーをかませて外壁にビス止めしています。

夏ですが、見るからに暖かそうです。

DSC_9420.JPG

メッシュを敷き込んで専用のモルタルで下地を作っています。

DSC_9419.JPG

仕上材の接着をよくするためにシーラーを前面に塗布しています。

太陽の反射でわかりにくいですが、全体に白っぽくなっています。

DSC_9423.JPG

どんな仕上げになるか試し塗りをしてもらっています。

混ぜる骨材にも種類があってそれによって表情が変わります。

中間の大きさの骨材を使っています。

漆喰などと違ってコテを使って1回で仕上げる材料です。

あとからもう一度押さえて平滑な仕上げにはできません。

真っ白のように見えますが、ややベージュがかっています。

乾燥するともう少しわかりやすくなるそうです。

全体の仕上がりが楽しみです。

日本人と神道

2019.09.08

DSC_9410.JPG

今日は地鎮祭でした。

天気予報では雨模様でしたが、快晴というか真夏の日差しが

降り注いでいました。

神主さんも施主さんも準備をしているこちらも汗だくの状態なり、

何とかテントの日陰を利用しての地鎮祭でした。

地鎮祭と言えばほとんどが神主さんが行う神道の儀式です。

しかし、仏式にもキリスト教にも地鎮祭はあります。

キリスト教の場合は地鎮祭ではなく「起工式」というようです。

昨日、お世話になっている税理士法人の15周年記念で「東条英利」

という方の講演を聞かせてもらいました。

名前から想像できる人も多いかと思いますが、「東条英機」のひ孫

にあたる方です。

日本人の成り立ちや神道とのかかわり、世界からみた日本といった

ことについての話でした。

その中で「神棚」のお話がありました。

R0014600.JPG

これはある施主さんに頼まれて造った神棚ですが、会社でも神棚を

祀っているところもあります。

そして倒産する会社の85%には神棚がない、

融資を検討する際、事務所に神棚があるかないかのチェック項目を

設けている銀行があるといった話がありました。

また、相続問題を起こす家庭には仏壇がないことが多いということも。

どちらも神様が後押しをしてくれたり、ご先祖様が守ってくれたりし

ているのかもしれません。

それとも祀ろうとする、信じようとする心の持ち方なんでしょうか。

日本では自分は無宗派と思っている人が多いですが、どこかで神様や

ご先祖様を頼っているのかもしれません。

日本にはあのいたるところで見かけるコンビニの倍の数の神社があります。

神社仏閣の朱色

2019.09.06

2019-09-06-13-18-24.jpg

高野山の檀上伽藍です。

まだ補修工事の最中でしょうか。

まぶしいような朱色をしています。

鳥居をはじめこのような神社・仏閣はどうして朱色を

しているんでしょう。

この朱色というのは燃える火や沈む太陽そして血の色

を表しているそうで古くから魔除けに使われました。

また、朱色の原材料は水銀=丹で、古くから木材の防腐剤

として使われてきました。

神社の成り立ちを考えると元々は山や海、そこにある岩が

神様のよりどころとされていたので鳥居だけがあるという

こともあります。

ところが「朱色」は神社の色と思われがちですが、もとは

お寺の色なんだそうです。

「神仏習合」といって聖徳太子のころから明治の時代まで

神社とお寺が共存していました。

いまでも中国ではお寺は朱色をしています。

元々はお寺が朱色で寺や仏教にかかわった神社が朱色をして

いるとのこと。

伊勢神宮のように寺や仏教とかかわりのない神社は朱色をして

いません。

調べてみると意外なことがあるものです。

昔の家づくりと現代の家

2019.09.02

IMG_1004.JPG

先日お引き渡しさせていただいた家です。

古民家をリフォームさせてもらいました。

古民家というと造った当初は通り土間があります。

特に奈良県は農家さんが多いのでほとんどの家に土間があります。

私の実家も通り土間と竈がありました。

農作業から帰ってくると土で汚れてますから土間で食事をするのが

普通でした。

夜は土間と隣り合わせになった板の間にちゃぶ台を置いてそこで

食事をしていました。

時代とともに生活の様式も変わって古民家もリフォームによって

土間はほぼなくなりつつあります。

台所もいつまでも竈があるはずもなく、床を造ってそこに流し台

を置くようになりました。

主婦の方はこれだけでも炊事は楽になったと思います。

床があるだけでも冬の寒さは違います。

土間はやはり寒いですから。

そして壁や天井はそのころ出始めた新建材の板で覆われて見た目は

きれいになりました。

しかし、そのリフォームのせいでシロアリの被害にあっている家も

あります。

それからまた時代とともに古民家が見直されるようになり昔の構造材

を見せる造りが増えてきました。

このような古民家は築100年くらい経っていることが多いです。

よく長持ちしていると思います。

材料が大きくて丈夫にできているというのもありますが、ほとんどの

構造材が建材や断熱材で覆われていないので結露や蟻害が少ない、

何かあってもすぐにわかるというのも理由でしょう。

ですから、現代の家のように気密や断熱の施工をするときは構造材が

傷まないように施工しないと急に寿命が縮むということもあります。

金物などは今では普通に使われますが、本来木と金物は相性がよく

ありません。

結露の原因にもなります。

古民家は現代の家と違って大変住みにくいですが、100年後もリフォーム

できるような家は現代の家にはないかもしれません。

長期優良住宅と言っても100年は無理ではないかと思います。

定期的なメンテナンスをする意識があれば可能かもしれませんが。

昔の人は孫の代までと思って家を造ったと聞きますが、現代の人は自分の代

が住めればいいという考えの人がほとんどですからこれも時代の流れですね。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ