社長ブログ

尺貫法

2019.08.22

_DSC6446.JPG

日本古来の計量法では長さは「尺」、質量は「貫」、面積は「歩」

または「坪」、体積は「升」を使っていました。

これが明治24年に1尺は10mの33分の1(30.3㎝)、1貫は3.75kg

1歩(1坪)は3.3平方メートル、1升は1.8Lと定められました。

これは現在ほとんどの国で使用されていますが、一部の例外として

真珠の取引単位があります。

真珠の取引には直径をセンチ、ネックレスの長さをインチ、質量を

グラム表記していたそうですが、日本が真珠の取引の中心的役割を

果たすようになり、現在世界的にも質量は「もんめ(momme)」と

いう単位が使われているそうです。

単位記号はmom、漢字では「匁」です。

しかし、ほかにも食パンを1斤と数えたり、1.8Lを入れる瓶を1升

瓶などと使われています。

そして、木造建築に携わっている人は今でも尺、寸、分、坪は当たり

前のように使います。

私もこの業界に入ったころはこの寸法に戸惑いました。

大工さんが言う寸法がすべて尺、寸、分、それから丈でしたから、

いちいち頭の中でセンチやメートルに換算していたものです。

しかし、30年経てばさすがに慣れました。

大工さんが使っている差し金(曲尺)も今ではセンチ単位で刻まれた

ものもありますが、尺の表示が多いです。

この「差し金」よくできたもので裏側の長手には表目に約1.4(ルート2)

を掛けた裏目が刻んであり、短手には円周率で割った丸目が刻んであっ

たりと多用途に使えるものです。

建築の世界ではほかにも、関西間、京間、四国間、関東間などがあります。

京間というのは畳のサイズが6.3尺×3.15尺(1910mm×955mm)の畳割り

で寸法を決めるので柱芯で考えると、柱が4寸(120)ならば柱芯は985mm

モジュールになります。

関東間は畳ではなく柱芯で寸法を決めます。

尺モジュール(910mm)となり、今も一般的に使われています。

聞きなれないかもしれませんが「鯨尺」という単位もあります。

着物の世界で使う単位で鯨尺の1尺は大工さん使う尺の1尺2寸5分に相当

して37.88㎝あります。

ほかにも業界独自の寸法表示があるのかもしれませんが、こんなにいろんな

寸法表示がある国も珍しいのではないでしょうか。

お盆休みも終わり

2019.08.18

お盆休みも今日までのところが多いと思います。

9連休のところもあったようですが、皆さんはどのように

過ごされましたか。

帰省された方も多いのでしょうか。

私の休みは高校野球のテレビ観戦とツーリングでした。

子供さんはまだ夏休みが続きますから、主婦の方はなんだ

かんだと色々あることでしょう。

私は3日前から出社しています。

現場の方も動き始めていました。

DSC_9316.JPG

私の家も昨日から建具屋さんと左官屋さんが仕事をしてくれ

ています。

この猛暑も来週あたりから和らぐそうで一息つけそうですね。

35度を超えるとエアコンなしでは家の中にいても汗がにじみ

出てきます。

外は焼けるような日差しが照り付けます。

確かにここ数年の猛暑は異常ですが、これが普通になるのかも

しれません。

大型の台風もこのあたりでは大きな被害もなく、無事に通過して

くれました。

DSC_9313.JPG

こちらはツーリングでいってきた京都の美山町にある「かやぶきの里」

です。

茅葺の家は夏でも涼しそうですね。

おおきな断熱材が屋根に乗っているのと同じです。

明日から3日間休みます

2019.08.12

DSC_9324.JPG

会社はお盆休みとして先週の土曜日8/10から今週の日曜日

8/18の9連休としました。

働き方改革で年間休日を確保してもらうためでもあります。

しかし、社員はぽつりぽつりと出社してました。

そこで、明日から3日間は私も休んで会社も閉めることにし

ました。

休みを取ってもこれといった予定はありません。

明日は高校野球でもTV観戦しようかと考えています。

ちょうど、明日は近畿の高校が3校出ます。

3日間を無為に過ごさないようにしようと思ってます。

現場では、進路不明の台風に備えて足場にかかっている

養生シートをたたんでいます。

大したことがなければいいのですが、大型の台風になりそう

です。

お盆で田舎に帰省している人もいるかと思いますが、

私の場合は、家内の実家もすぐ近くなので遠方に移動すると

いうことがありません。

帰省する人たちをうらやましく思ったこともあります。

久しぶりの田舎も新鮮味があっていいと思うからです。

しかし、あの渋滞は困ります。

若い人にとって、お盆の連休が長いのもいいかもしれませんが、

5月病ならぬ8月病にならないようにしましょう。

この時期、退職代行が流行るそうです。

使う側、使われる側、どちらに問題があるのかわかりませんが、

今どき「石の上にも3年」などという言葉は死語なのかもしれません。

「24時間働けますか」なんていうコマーシャルもありましたよね。

お盆休み

2019.08.11

_OSG3554.jpg

今朝、会社に来ていつものように日めくりカレンダー

をめくって気が付いたのですが「山の日」という祝日

だったんですね。

明日が振り替え休日でそのままお盆に入るので休みが

長くなるようになっています。

この「山の日」ですがどうして制定されたのかというと

「海の日があるのに、山の国である日本に山の日がない

のはおかしい」という提言がきっかけだったそうです。

ただ、日程を「8月11日」にするには紆余曲折あったそうで

制定の根拠となる出来事などはありませんでした。

夏山シーズン前の6月第1日曜といった案や8月13日からお盆

につながる8月12日という意見もありましたが、8月12日は

「御巣鷹山日航事件」という悲劇があったので却下され

8月11日になったそうです。

来年2020年はオリンピックの開催に伴い「海の日」は7月23日

へ、スポーツの日と名称変更される「体育の日」は開会式当日

の7月24日へと移動され(週末と合わせて4連休)、この「山の日」

は閉会式となる8月9日の翌日8月10日と移動されます(週末と合

わせて3連休)。

何にしても休みが増えるばかりという感じがします。

ちなみに山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」

です。

そして休みが長くなって「お盆」というのは何日から何日までか

わからなくなってきていますが、8月13日から16日がお盆です。

お盆と言えば、ナスを牛、キュウリを馬に見立てたお供え物があり

ましたが、今も供えられているのでしょうか。

河川敷の除草作業

2019.08.10

毎年、7月から8月にかけて河川敷の除草作業が行われます。

梅雨の時期にたっぷりと水を吸った草は背丈も2mくらいに

なり堤防沿いの道路にまではみ出してきます。

昨日、たまたま事務所の前の河川敷を業者さんが草刈り作業

をしていました。

DSC_9310.JPG

草刈りと言えば、誰もが知っている肩掛け式の草刈り機が

一般的です。

しかし、量が多くなるとそれでは人手ばかりかかってしまいます。

そこでどんどん機械化が進んでいます。

数年前までは自走式のキャタピラがついた草刈り機が斜面を走っ

ていたと思います。

今年になって私は初めて見たのですが、ユンボの先に草を刈りながら

粉砕する機械がついています。

よくできた機械ですね。

自走式よりも早くて何より安全だと思います。

離れたところから腕を伸ばすだけで草を刈ることができます。

人の背丈くらいの草が気持ちいいくらいに簡単に刈り取られていきます。

しかも粉砕してくれるので集草も楽そうです。

この炎天下ですから、肩掛け式の草刈り機とは比べ物にならないくらい

能率よく仕事ができると思います。

どんな作業も省力化、機械化は当たり前です。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ