社長ブログ

古民家と現代の日本の家

2019.07.31

DSC_9294.JPG

古民家のリフォームをさせてもらっています。

今日はそのリフォームの木工事完了の検査に行ってきました。

古民家というと写真のような大きな梁がシンボルのように

使われていることが多いですが、どんな古民家もというわけで

はありません。

私が知る限り家が農家の場合に多いです。

京都の町家などにはこんな大きな木材は使われていません。

京都の場合は古民家とは言わずに「町家」です。

同じ奈良でも農家でない場合はこんな構造材はあまり使われて

いません。

このような構造材が好きな人は多いですが、リフォームするには

邪魔になることが多いです。

使われている高さが低いからです。

土間を基準に造られていることが多いです。

床のある和室でも差鴨居という大きな鴨居が使われていますが、

これも現代の家に比べれば低いです。

現代は2mが標準ですが、170センチから180センチくらいです。

といってどの木材も簡単に取っていいものではありません。

大きな木材だけに大きな力がかかっています。

大きいと継手や仕口といった部分の接点も大きいです。

また、継手や仕口も現代の家のように金物で補強されているわけ

ではなく継手・仕口の加工が今とは違って簡単に抜けたり外れたり

しないように造ってあります。

昔の大工さんの技術です。

古民家は地震に弱いというイメージがあります。

現代の耐震等級3の家と比べれば弱いかもしれません。

壁も少なければ筋違もないことが多いです。

耐震診断をすればほとんどが「倒壊の可能性大」となります。

しかし、100年、200年たっている古民家もあります。

何度か大きな地震に遭遇しているはずの家も残っています。

寺社・仏閣などはその典型ですが、どうして残っているのかを調べる

人があまりいません。

ここ数年の震災でも老朽化した古民家が倒壊している記事が載ること

はあってもそこの残っているはずの古民家については調べられていな

いそうです。

木と木と接合部分はヒンジと言って自由に動くものという前提で木造

の家は考えられています。

ですから、現代の家は筋違や合板を使って倒れないように設計されて

います。

しかし、古民家を研究している人によると差し物という水平に取り付

ける木材を幾重にも重ねることで、そして継手・仕口をしっかり接合

させることで揺れることはあっても倒壊はしない建築物だと言っています。

この説によると昔からある木造の建築物はこの差し物を使うことで壁は

必要のない建築物だったともいわれています。

ところが戦後、日本を訪れた欧州の建築家が「斜材の使われていない木造

建築物など考えられない」と言って否定したそうです。

しかし、実際に昔から残っています。

今まで造ってきた職人(大工)さんもそんなにバカではありません。

ところが、これをどうやってパソコンのソフトなどを使って解析するかと

なると大変複雑になるようです。

監理も難しいでしょう。

職人さんの技量に頼る部分もあるでしょう。

現代の家づくり(安く、早く)には沿わないのかもしれません。

しかし、古来から続いてきたせっかくの技術がなくなるのももったいない

ですね。そして、上記のように古来からある木造建築物を研究している人は

現代の日本の木造建築は「世界に出すには恥ずかしい木造建築物」とも言わ

れています。

安全大会

2019.07.28

DSC_9296.JPG

年に1回の居力業者会の安全大会です。

災害実例とその原因と対処法や現場の改善報告

を行いました。

例にもれず、この時期の対策としては熱中症対策です。

経口補水液などの緊急備品は各現場に設置していますが、

症状が軽いうちに病院に行くまたは救急車を呼ぶなどの

対処が必要で、気分が悪くなり倒れてしまってからでは

手遅れになることが多いです。

DSC_9293.JPG

また、昨年に引き続いて救急救命の実技講習を消防署の方に

お願いして講義してもらいました。

倒れている人を発見したら、

・周囲の安全確認(自分の身の安全を確保)

・声をかけて反応を見る 反応なければ

・応援を呼ぶ 救急車を呼ぶ人・AEDを探す人を指名する

(その人の特徴を示して指名しないと誰かがしてくれると思い誰も

 動いてくれないことがある)

・呼吸をしているか確かめる 呼吸していれば救急車の到着を待つ

 していなければ胸骨圧迫を行う(強く約5センチ、100から120回/分)

・AEDの装着(使用方法はAEDが指示してくれる 電気ショックの

 必要性も判断してくれる)

 この時ほかの人は倒れている人に触れないこと AEDが判断を誤る

 可能性がある

・電気ショックの時の倒れている人に触れないこと(触れると自分も

 通電してしまう)

DSC_9292.JPG

脳は心臓が止まると15秒以内に意識がなくなり、3~4分以上そのままの

状態が続くと回復が困難となります。

救急車が現場に到着する時間は平均9分と言われます。

到着まで放置しておくと回復困難になります。

実際に遭遇した時に冷静に行動できるかどうかはわかりませんが、誰かに

指示するだけでも助けになります。

安全大会終了後、懇親会として「ボウリング大会」をしました。

DSC_9297.JPG

30名あまりの方が参加してくれました。

11レーンを貸し切っての大会です。

私はおそらく30年ぶりくらいだと思います。

皆さん久しぶりと言いながらも昔、早朝ボウリングに通っていた人

やマイボウルを持っている人など好きな人はたくさんいます。

1ゲーム190といったハイスコアも出るくらいです。

ゴルフと同じで恒例になるかもしれません。 

負けない木造り

2019.07.27

DSC_9288.JPG

一般社団法人耐震性能見える化協会、京都大学生存権研究所

主催の「負けない木造り」の講演にいってきました。

イベントでは耐震趣シミュレーションソフト「ウォールスタット」

の開発者である中川貴文氏の講演も行われました。

この方は吉野の出身なんだそうです。

ウォールスタットというシミュレーションソフトは画面上で

地震が起きた時に家がどのように変形し倒壊に至るかを確認できる

ソフトです。

実物大の倒壊実験をもとに造られたソフトで実際の家を使わずに

シミュレーションできます。

まだ不確定な要素もありますが、地震が起きたときに起きるであろう

揺れや倒壊の原因を探る一つの手段にはなります。

無料のソフトで、今までに3万件ほどのダウンロードがされている

そうです。

このようなソフトを使うのが得意な方は自分の家を実際に検証されて

みてはいかがですか。

梅雨明け?

2019.07.25

CIMG0643.JPG

梅雨は明けたようですが、うっとうしい天気が続きます。

こんな話が載ってました。

たまの晴れ間が嬉しくて庭に物干しを出した途端、5ミリ

位の虫がたくさんやってきたそうです。

慌てて取り込んだそうですが、次の日もしばらくすると

また虫が・・・

気持ちが悪いので晴れた日も部屋干しをしているそうですが、

調べてみると、柔軟剤の花の香を魅力的に感じる虫がいるとか。

本当かどうかわかりませんが。

共働きの家庭では部屋干しする家が多いと思いますが、

家の中に湿気がこもりやすくなるのであまりお勧めはできませ

んし、私は洗濯物は日光に当てないとどうも気持ちが悪いです。

また、部屋の空気に関する困りごとでは湿度に関する困りごと

が多いです。

・結露が発生する

・乾燥しやすい

・湿気が貯まりやすい

・カビが生える

主婦の方はご存知かと思いますが、

洗濯物を早く乾かすにはエアコンの吸い込み口の近くに干すと

いいそうです。

大暑

2019.07.23

_DSC5142_R.jpg

ジメジメした日が続いていますが、今週あたりからいよいよ

全国的に暑くなってくるようです。

そういえば今朝、気がついたですがセミの鳴き声が耳に入って

きました。

いつから鳴いているんでしょうか。

「今日から?」そんなことはないと思いますが、今日初めて気

が付きました。

いかにも夏という感じがしました。

聞いているだけで暑くなってきそうですが「やっぱり夏はこうで

ないと」とも思います。

今日23日は一年中で一番暑いといわれる「大暑」です。

ジメジメした天気も息苦しいですが、晴れれば晴れたで相当暑い

んでしょうね。

今日は、近所のお客様から大きなスイカをいただきました。

私にとっては今年の初物で甘くておいしかったです。

やっぱり夏はスイカがいいですね。

それとブドウでしょうか。

子供さんはもう夏休みにはいったんでしょうか。

お母さんの立場としては一日中子供さんが家にいるとなると大変で

すが、子供さんにとっての夏休みはかけがえのないものですから、

しっかりといい思い出を作ってやってください。

社会人の皆さんはこれから先の猛暑を覚悟してしっかり働きましょう。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ