社長ブログ

吉野の木 伐採ツアー

2017.09.25

IMG_9626.JPG

吉野川上村の伐採ツアーです。

木こりの方が実際に目の前で伐採してくれます。

実はこの木こりの方、当社の専務の従姉妹のご主人です。

伐採ツアーではいつもこの方が伐採してくれます。

IMG_9632.JPG

写真ではわかりませんが、実際の伐採は迫力があります。

かなりの重量の木が倒れますから、それなりの振動も伴います。

切り倒したばかりの木の断面です。

触るだけでわかるくらいかなりの水分を含んでいます。

まわりにも切り倒した木がりますが、枝や葉を付けたまましばらく

放置しています。

葉枯らしというものです。

IMG_9640.JPG

しばらく放置、乾燥させてから玉きりといって4mづつくらいに切断して

運び出されます。

運搬の車が入るか入らないかで採算が採れるかどうかが決まるくらい

だそうです。

かなり厳しい業界です。

今回はすでにこの川上の木を使って新築させていただいた方や今建築中の

方が参加されました。

自分がこれから住む家のこの山の木が使われていると実感してもらえれば

住まい方も変わることでしょう。

安全大会とマインドフルネス

2017.09.22

IMG_20170922_140927.jpg

今日は年に2回の協力業者会「和みの会」の安全大会でした。

会議室が取れず、畳の間での大会です。

現状の方向と来期に向けての協力体制のお願いでした。

ありがたいことですが、遠方からの依頼が増えてきています。

協力業者の方たちにも無理をお願いしなければなりません。

幸い来期の受注の見通しが付いているのはありがたいことです。

 

普通安全大会というと安全対策の強化や表彰というのが一般的ですが、

今回は趣向を変えてマインドフルネスの時間とらせてもらいました。

IMG_20170922_144303.jpg

ヨガの先生「アンシ―」さんです。

当社では定期的にヨガを教えに来てもらっています。

「マインドフルネス」 ストレス軽減、集中力アップ、自律神経回復

といった効果があると言われています。

瞑想とはちょっと違うようです。

「今ここにただ集中している心の在り方」のことです。

ストレスは過去を曳きずったり将来への不安からくるもの

今ここに集中することでストレスを軽減するということになるの

でしょうか。

やり方自体は普通の座禅のようなものですが、今回はストレッチから

始まりました。

そこはヨガの先生ですから。

IMG_20170922_151134.jpg

正座や胡坐という態勢を続けること自体が苦手な人もいます。

そのためのストレッチなのですが、単純に体を無理に曲げたりねじったり

するのではなく、ちょっとしたツボを刺激するだけで筋肉や筋の緊張が取

れてすんなり曲がることがあります。

そのストレッチから入って、1分間の瞑想、3分間の瞑想、10分間、と体験

させてもらいました。

ゆっくりとした呼吸を意識するだけでいいようです。

10分を長く感じる人もいれば短く感じた人もいたでしょう。

身体全体がすっきりした気分になれました。

業者の方々も、時にはこのような時間を取ってストレスを軽減してしてもらえば

事故やけがもなくなるでしょう。

 

 

台風一過

2017.09.18

IMG_8911.JPG

台風一過、今日は晴天です。

奈良県、特に北部は大した被害はなかったようでほっとしています。

仕事柄、台風が来ると進路が気になります。

建築中の家もあれば、お引渡が住んだ家でも何が起きるかはわかりません。

ここ数年の気象のせいか、台風もどこを通過するかわかりません。

今までは太平洋岸を列島をかすめて通過することが多かったと思いますが、

今年はまともに列島を縦断していますg。

しかも北海道まで届いています。

北海道に台風など昔はなかったですよね。

エアパスの家にお住まいの方、台風時は面倒でも屋根についている換気口は

締めていただきますようお願いします。

 

話は変わりますが、定期的に「経営のカンドコロ」というメールが届きます。

ある経営者の方がかかれて入れ大変参考になります。

私よりずっとお若いと思われますが、経営者としては私より優れていると思います。

先日読んでいると誕生日を迎えられたようで、しかも私と同じ日でした。

メールで「私と同じですね」という内容を送らせてもらったところ返事がきました。

今までかなり苦労されてきたらしく、9月6日は「苦労の日」だと思ってやってきた

そうです。

私は今までそのように受け取ったことはありませんでした。

今まであまり苦労してこなかったのか、それともこれからか とも思いますが、

これから先はあまり苦労したくないです。

陰翳礼讃

2017.09.15

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」という本の中に

「もし日本座敷を一つの墨絵に喩えるなら、障子は墨色のもっとも

淡い部分であり、床の間は最も濃い部分である。私は数奇を凝らし

た日本座敷の床の間を見るたびにいかに日本人が陰翳の秘密を理解し

光と陰との使い分けに巧妙であるかに感嘆する」

と書かれています。

IMG_20170915_102241.jpg

金箔が施された天袋の建具ですが、照明のもとで見れば派手に見えるが、

当時のほの暗い室内では外部の光を反射するリフレクターの役割があった

と説明しています。

今日、調査が終わって戸締りを仕かけていて現場監督が気付きました。

清めと安全のお祈り

2017.09.13

IMG_20170913_135420.jpg

今日は、これからリフォームさせてもらう家で

「清めと安全のお祈り」をしていただきました。

一般的には神式で神主さんが行う地鎮祭や御祓いに相当するもの

ですが、今回はキリスト教の信者さんなので神父さんに来てもら

いました。

キリスト教でのこのような儀式は私も初めてです。

私自身、家は普通の仏教ですが、幼稚園や高校はキリスト教関連でした。

しかし実際キリスト教についてどれだけ知っているかと言われると

ほとんど何も知りません。

 

四方祓いは神式と同じようにさせてもらいましたが、お神酒と塩ではなく

聖水とお塩でした。

参加者みんなで聖書の一節を唱和させてもらい無事に終わりました。

工事の安全を祈願してもらうのは施行者側としてありがたいことです。

無事の竣工を願っています。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ