社長ブログ

木造住宅の耐震化率

2018.11.21

IMG_20170121_093743.jpg

住宅の耐震化。

2003年の時点で住宅の耐震化率は約75%でした。

どの基準でで耐震性があると判断しているかというと

昭和56年の新耐震基準以降の家は耐震性があると判断しています。

2013年の時点で82%です。

これは昭和56年以降に建てられた家が自然と増えてそれ以前の家

が減ってきたからです。

国は2020年までにこの数値を95%にすることを目標にして

います。

新築住宅が建ち、古い家が解体されていけば遅かれ早かれこの数値

は達成するはずです。

いま、流行りの古民家もすべて耐震性はないものとみなされています。

空家(古民家)の活用も呼び掛けてはいますが、耐震化するのは簡単

ではありません。

しかし、昭和56年以降の家なら大丈夫かというとそうでもありません。

「四号建築物」といわれる家があります。

鉄骨や三階建て以上の建築物には構造計算が義務付けられていますが、

四号建築物とされる二階建て以下の木造住宅は手続きを簡単にするために

構造計算は義務付けられていません。

建築基準法の仕様規定に従って建てれば問題はありません。

耐震等級というのをご存知かと思いますが、これは品確法で定められたもの

で基準法の仕様規定と同じではありません。

構造計算をしているから大丈夫、していないから危険とは一概に言えませんが、

仕様規定で定められた木造住宅の壁量では品確法の耐震等級1と比べて0.75

程度の性能しかないというデータもあります。

熊本の震災では2度の大きな地震によって耐震等級2でも倒壊していて、

等級3が必要と言われました。

そうなると、昭和56年以降の家は耐震性ありとは判断できなくなり、耐震化は

まだまだ先のことになるかもしれません。

木造空家簡易鑑定士の伝達式

2018.11.20

写真 2018-11-15 13 42 51.jpg

先日、生駒市シルバー人材センターでの伝達式に

参加させてもらいました。

これは先月開催した、「木造空家簡易鑑定士」の講習・試験に

合格された方への認定証を授与させてもらったものです。

写真 2018-11-15 13 36 18.jpg

78名の方が合格されました。

これだけたくさんの方が受講されるとは思っていませんでしたが、

皆さん無事合格されてよかったです。

高齢ながらも資格を取ろうとされるところに感心しました。

これから増え続ける空家というものに感心もあるのでしょう。

シルバーで働く人というと軽い肉体労働が中心のようですが、高齢

ゆえに対応できない人もおられるでしょう。

その点、鑑定という仕事であれば経験を積むことで対応でき、体力的

にも楽です。

本格的に動き出すにはまだ時間がかかりますが、少しでもこの資格が

役立てばと協力させてもらいます。

鈴鹿までツーリング

2018.11.17

DSC_1227.JPG

先日、休みをもらって4人でツーリングに出かけました。

バイクで走るにはそろそろ寒くなってきました。

針インターでの集合です。

ここは休みになると、大量のバイクが集まります。

この日は平日で、まだ早朝だったのでバイクはほとんど

止まっていませんでした。

一番手前が私のバイクですが、カウルが付いています。

ウインドウも電動で上下しますし、上げてしまえば風はかなり

防げます。

また、グリップとシートにヒーターが付いています。

これは寒い時期かなり助かります。

しかし、他のバイクはそのような装備は付いていません。

まともに風を受けるのでかなり寒いと思いますが、まだ若いので

走れるんでしょうね。

私が最高齢です。

DSC_1229.JPG

名阪国道を走って、鈴鹿スカイラインまで来ました。

例年よりも少ないようですが、紅葉も見れました。

この後、自然薯の専門店で昼食をとり、湯の山温泉につかり

帰りは松茸うどんを食べて とフルコースでした。

解散時、12月はどうするかという話になりましたが、今年はこれが

最終になりそうです。

さすがに寒かったのでしょう。

私は天気さえ良ければ、気ままにまた一人で走るかもしれません。

御引渡し

2018.11.15

DSC_1260.JPG

今日はリフォームさせてもらった家の御引渡しでした。

外構工事はまだ残っているので少しご迷惑をお掛けする

ことになります。

御引渡しとなって、初めてモデルハウスに来られた時の

ことを思い出しました。

いろんな工務店を回られたようでしたが、どうも理想に

近い家は造れそうになく、どうしたものかと最後に当社

のモデルに来られたようでした。

「100%満足」まではいかなくともかなり理想に近い家

になったのではないでしょうか。

大変喜んでいただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

実歩こちらの奥様には、定期的にモデルハウスで「自力整体」

のインストラクターをしていただいています。

普段使わない部分の筋を伸ばしたり、ツボを刺激したりします。

もう一人来ていただいているヨガの先生とは少し違います。

かなりきつい姿勢をとることもあるのですが、不思議と横にな

ってリラックスしたとたん、ストンという感じで眠りに落ちて

しまう人がいます。

次の動作に移っても全く動かないのでどうしたのかと思えば眠っ

てしまっている という感じです。

自分でつぼを刺激したりすることで体がリラックスしてしまうの

かもしれません。

ホームページでも掲載していますので機会があれば参加してみて

ください。

コーヒー

2018.11.14

「ちょっと変わったもののとらえ方」

例えばコーヒーといえば「飲み物」「苦い味」「眠気覚まし」

といったことが思い浮かびます。

私は「息抜き」を思います。

ところが、コーヒーって「人と人の距離を近づけるもの」と

表現する人もいます。

さまざまの物事についてこういったとらえ方ができると日常の

ありふれたことに新しい価値や魅力を見出すことができるかも

しれません。

「人の心に灯をともす」からの引用です。

コーヒーは私もよく飲みますが、今までで飲めなかった人が、

先日、ハワイに行ったところそこのコーヒーは飲めたそうです。

そういえば、昔スポーツをしていてコーヒーは飲まなかった人が

南米の方に旅行に行ってそこで初めてコーヒーを飲み、「こんな

においしい飲み物があったのか」と感激したそうなんですが、日本

に帰ってきていろんなコーヒー専門店で試してみても同じ味のコー

ヒーはなかったといいます。

どこが違うんでしょうね。

私も海外に出かける機会があれば一度試してみたいと思っています。

ところで「ブルーマウンテン」という種類があります。

おいしいらしいですが、このブルーマウンテン、輸入量よりも国内で

の販売量の方が多いらしいです。

どうなっているんでしょうね。

コーヒーは飲みすぎると体に悪いように言われていましたが、最近いろ

んな効用があるといわれています。

4杯くらいがいいようですが、嫌いな人には無理ですね。

私は胃潰瘍の気があるのですが、お医者さんいわく、アルコールよりも

コーヒーの方が胃にはよくないそうです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ