社長ブログ

リフォームをしていると昔の仕事を思い出します。

2016.04.12

P1210915.JPG

今リフォームさせてもらっている家です。

リフォームとなると、土壁の家が多いです。

ちょうどリフォームの時期なのだと思います。

構造材は、まだ無垢の木が使われていて、集成材が使われている家は

まだありません。

土壁の家は全体に構造材が大きいので大体軸組はしっかりしています。

リフォームしてもまだまだ大丈夫ということです。

2階の床板の裏側が見えていてずいぶん汚れています。

そういえば、私がこの業界で仕事を始めた頃は仕事に対してあまり注文

を付けられることがなく、職人さんのやりたい放題なところがありました。

写真の床板などは、おそらく足場として使った板をそのまま下地材として

使ったのでしょう。

別に強度的に問題があるわけではないのですが、やはり見た目はよくあ

りません。

今なら、すべて取り換えです。

造る側にしてみれば、木 一本、板 一枚それぞれお金を出して買ってい

るので、できるだけ現場で使いたいという気持ちがあります。

私も昔、丁張と言って基礎をするときに目安となる囲いをつくるのですが、

(最近は見ません)そこに使った木を現場で使おうとして、当時の監督から

「一度使った木は使わないでくれ」と言われたこともあります。

別に傷んでいるわけでも汚れているわけでもないのですが、やはり家を建

てる人にとってはすべて新材でないとダメなんですね。

今となっては当たり前のことですが、それがためにずいぶんと資源を無駄

遣いしているかもしれません。

食品も同じです。

賞味期限が切れたからすべて廃棄処分するというのも当たり前ですが、もったい

ないという気もします。

それよりも無駄になりそうなものは作らなければいいのにとも思います。

現代は物がありふれていて鈍感になっているのかもしれません。

治すより捨てて買った方が安いというのもおかしな話です。

四阿が完成しました。

2016.04.08

IMG_20160406_154713.jpg

四阿です。

東屋とも書きます。

この東という字は東国風のひなびた家という意味で建物の向きとは

関係ありません。

四阿の阿は棟の意味があって四方の軒をふきおろした小屋のことです。

壁のない庭園や公園の休憩所のことです。

やっと完成しました。

これも建築物ですから、建築確認申請が必要になります。

春休みの最中の公園での仕事でしたが、人が少なかったです。

仕事はやりやすくてよかったのですが、もっと人が来てもよさそうなものです。

最近子供はあまり外で遊ばないようで、年配の人の方が多いです。

公園の場所がわかりにくいのかもしれませんが、これももったいない話です。

これだけの広さがあり、管理人までいるのに、もっといい活用法はないもので

しょうか。

学校の野外活動なんかにはちょうどいいと思いますが。

桜、花見と宴会

2016.04.04

IMG_20160402_145225.jpg

事務所の前の桜並木です。

昨日、ほぼ満開とあって河川敷にはたくさんの花見の人で

にぎわっていました。

おかげでというか、堤防沿いの道路が車でいっぱいでした。

IMG_20160404_161120.jpg

今日の雨と風ですでに散り始めています。

あっという間です。

「花散らしの雨」とはよく言ったものですが、本来は違う意味がある

ようです。

興味があれば調べてみてください。

花見で宴会というのもいいですが、知り合いの方が昨日、大阪城公園

宴会をしたらしいです。

朝の7時から場所取りとは力が入ってます。

やっぱり若い人は元気ですね。

ひたすら飲み続けて花はほとんど覚えていないそうです。

そんなものでしょう。

何かをネタに「飲む」のが目的ですから。

桜も今週いっぱいが見どころでしょうね。

私もそろそろどこかに出かけたいですが、桜と名のつくところはどこも渋滞

でしょうから、もう少し落ち着いてからにします。

今朝の地震

2016.04.01

IMG_20160401_180900.jpg

ここ数日で、一気に開花してきました。

東京では昨日、満開と発表されていましたからこちらは

少し遅いようです。

この時期は、ブログもフェイスブックも桜の写真で満たさ

れるのであまり珍しくもないかも知れません。

それにしても今朝の地震は驚きました。

数台の携帯電話から警報が鳴り響きいったい何が起きた

のかと思っていると、地震警報です。

しかし、地震らしきものは感じられません。

どうしたものかと思っていたら、ユラリ ユラリと左右に揺れ

始めました。

東北の震災の時の揺れに似ていました。

これはどこかで大きな地震でも起きているのかと思っていると

携帯に「三重県 和歌山地方で震度4」と提示されたので、大し

たことがなくてよかったとホッとしました。

直接、感じるとやはり怖いですね。

近々、大きな地震でも来るのではないかと思ってしまいます。

心配してもどうしようもないことですが、もしもの時のことは考えて

おいた方がいいかも知れません。

新築工事にしてもリフォーム工事にしても断熱・耐震は重要な要素

です。

実際、地震が起きてみれば慎重に計画、施工することの必要性を

感じます。

公共の仕事

2016.03.28

IMG_20160328_095409.jpg

郡山市内の公園で四阿(あずまや)を建てています。

IMG_20160328_095413.jpg

着色したようになってますが、特殊な防腐処理をしているからです。

この工事は公共の工事です。

10年ほど前にも同じような四阿を公共工事で施工したことがありますが、

その時は、材料を仕入れて大工さんに加工してもらい組み立てました。

しかし、今回は規格品です。

このような公園施設を製作しているところがあり、専属の職人さんが組み

立てます。

組み方は、特別なものではなく従来からある木造の組み方です。

このような規格品でも、県産材を使うことが指定されています。

使われているのは吉野の杉材です。

公共の工事は、どの業者さんも何気なく施工しているようですが、使う材料や

施工業者については県内産、県内業者を使うように指定されています。

税金を使ってする工事なので当然と言えば当然です。

公共工事は全体に増えているようです。

当社もここ数か月、年度末のせいもあってか数件施工させてもらっています。

検査も何度か立ち会ったのですが、相当な書類が必要になります。

管理項目が数年前とは比べ物にならないくらい増えています。

検査する側もよく数時間でポイントをとらえてできるものだと感心するくらいです。

そろそろ自分が担当しているこの工事が竣工になるのですが、さてあれだけの

書類が揃えられるのか不安になってきました。

現場監督や徹夜しながら作っているのを見ているだけにこれは大変かも。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ