社長ブログ

映画「かぞくわり」

2016.01.31

IMG_5353.JPG

大神神社の本殿です。

今日は「かぞくわり」有限責任事業組合の設立・発展祈願祭

及び記者会見でした。

何のことかと言いますと、「かぞくわり」という映画製作に共同出資

した人たちの組合の設立です。

監督は、『塩崎祥平』という方です。

以前にも「茜色の約束」という大和郡山市を舞台にした映画を製作

されています。

実は、この監督のご実家をリフォームさせてもらったのが縁で加わら

せてもらいました。

まずは、大神神社の本殿で発展を祈願してご祈祷してもらいました。

1月3日に「輪和建設株式会社」で祈祷してもらったばかりでしたが、

組合員の方は初めての人が多かったようです。

IMG_5356.JPG

設立を記念しての記者会見です。

朝日、読売、毎日、奈良の新聞社の方が来られています。

組合員の自己紹介から記者の方の質問へと移ります。

組合員の方は、神社の宮司さんやら調理師連合の方、画家さん

市役所の方など多彩な顔ぶれです。

住宅関連の仕事をしている私にしてみればどんなお役にたてるか

わかりませんが、いい映画ができるといいですね。

製作に取り掛かるまではまだまだ時間がかかりますが、奈良を

舞台にした映画が全国に広まることを願ってます。

林 修氏の講演

2016.01.27

IMG_5287.JPG

先日、皆さんよく御存じの林修氏の講演を聞いてきました。

さすがに人気があるのか、100年会館はいっぱいでした。

1000人位?集まったとか。

普段塾の講師をしているし、テレビにも出ているのでたくさん

の人の前で話をするのは得意なのでしょう。

よどみなく、面白おかしく話をされます。

7~8年前は、毎週、奈良の予備校に講師として通っていたそうです。

奈良のこともよくご存知のようでした。

当然のごとく頭がいいです。

話し方や話の筋も論理的です。

主な話の内容として、頭のいい子(勉強のできる子)を育てるにはどう

すればいいか。

子供は、いつも 類比・対比・因果 を考えているそうです。

よく子供は「どうして」とか「なんで」と聞いてきます。

この質問にちゃんと答えてあげることが子供の脳を刺激するらしいです。

つい、忙しさにかまけて「うるさい」とか「あとで」などと言ってしまいがちです。

この林氏、おじいさんとおばあさんに育てられたそうです。

根気よく自分の話や遊びに付き合ってくれたそうです。

それが結果的に、良かったのだろうということです。

おそらく想像するに、子供時代はどこか生意気でいやなタイプだった様な気

がします。

ただ、人は勉強ができればいいというものではありません。

そこに思考力がないと社会では役に立ちません。

すごくいい大学を卒業しているのにいまひとつ仕事ができない といった人

もいます。

そうならないように子供と接してあげましょう。

6歳までだそうです。

子供さんがもう手遅れなら、お孫さんにかけましょう。

冬らしい寒さ

2016.01.25

IMG_5246.JPG

昨日のモデルハウスの庭にある手水鉢です。

今年、初めて凍りました。

今朝はさすがに冷え込んだのかこんなになってます。

IMG_5283.JPG

雄川も凍ってます。

IMG_5285.JPG

外部の水栓は凍ってしまって動きませんでした。

同じ奈良県でも都祁のような寒いところではどんなでしょうか。

ここ数日寒くなったとはいってもこれくらいは昔ならよくあったこと

だと思います。

今年は暖冬とはいってもやはりそれ以上に暖かくなってます。

とはいえ、左官工事などは今日は中止です。

外での仕事は大変ですが、気を付けてください。

こんな時はケガをしやすいですから。

今週の半ばには暖かくなるそうです。

九州では20度を超えるところもあるとのことです。

これだけ変動があると調子が狂いそうです。

大きな庭や屋敷

2016.01.22

IMG_5196.JPG

モデルハウスの庭木の剪定です。

毎年定期的に来てもらってます。

最近、庭に植え木を植える人が少なくなりました。

というより庭自体があまりありません。

いいのは分かっていても、敷地に余裕がないとか、仮に植える場所

があってもメンテのことを考えるとあまりたくさん植える気にならない

のでしょう。

私は田舎育ちなのでどこの家もほどほど大きく、庭も当たり前のよう

ありました。

松の1本や2本は当然ありましたし、小さな池もありました。

ただ、この立派な庭も剪定に来てもらうとかなり費用が掛かります。

特に松は手間がかかるので高くつきます。

そのせいか、放置状態になっている家も見かけます。

特に代替わりするとそうなってしまうようです。

先代が残してくれたものと言っても、次の代の人には負担になるものも

あります。

大きな屋敷もそうかもしれません。

核家族化が進んだせいもあります。

この先どんな時代が来るかわかりませんが、もうそんな大きな屋敷や

庭は必要とされないのかもしれません。

しかし、夫婦間の意見や勤務先などの条件が合うのなら同居するという

方法もあります。

その方が、お互い経済的にも楽です。

うまく住み分けることができるように工夫すれば、何とかなりそうな大きな

家はたくさんあります。

 

人の手で造り上げるもの

2016.01.21

IMG_1221.JPG

タイル工事 昔は1軒家を建てるとなると玄関、ポーチ、台所、浴室、トイレ

洗面所と仕事が結構ありました。

贅沢な家ではリビングや玄関にも使われました。

それから時代は変わり、台所はキッチンパネルが使われるようになり、浴室

はユニットとなり、洗面やトイレも木質の床材に壁はクロスとなりタイルは玄関

くらいにしか使わなくなりました。

ところが最近、キッチンパネルに変わってタイルを選ぶ人が増えています。

また、浴室は今でもユニットがほとんどですが、造作でタイルを貼ってほしい

という人もいます。

あのいかにも建材風ののっぺりした感じに飽きてきたのかもしれません。

一方、タイルはいろんなものが選べます。(打合せは大変ですが)

 

左官工事もよく似た経過をたどっています。

こちらも昔は、田舎建ての家を2~3軒あればほぼ1年中仕事があったと

いいます。

外壁の土壁、仕上げのモルタル、室内は和室が多かったのでほとんどが

塗り壁ですから、相当な仕事量がありました。

ところが、土壁が使われなくなり、サイディングが流行だし室内の壁はクロス

ばかり、左官屋さんの仕事と言えば、基礎の刷毛引きやテラスの仕上げくらい

しかない時期がありました。

これも一時的なもので、自然素材の家がはやりだすとクロスから塗り壁にとって

代わり、外壁も当社では時々モルタルの掻き落としなどもします。

 

どんな業種も20年から30年を周期に波があるようです。

建具屋さんも当社の仕事に限って言えば、一時期は襖と障子くらいしか無かった

のが今では、1軒の家の建具をすべて作ってもらってます。

大工さんも昔ながらの技術のいる仕事が増えています。

 

どの業種もそれなりに技術のいる人の手で造るものばかりです。

時代の流れで流行廃れはあっても人の手でしか造れないもの、仕上げられないものは

いつか必要とされる時期が来ると思います。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ