社長ブログ

床板 節あり

2015.07.11

IMG_3068[1].JPG

今日お引渡させていただいた家の床です。

杉板を使っています。

床板にも、「1等材」と言って節のある材料と「上小節(じょうこぶし)」

と言ってほとんど節のない床板があります。

節のない材料は「無節」と言われます。

この家のリビングは、確か1等材で節ありでした。

よく見ればなるほど節はありますが、ずいぶん少ないです。

床板は、入荷されるときによって節が多かったり少なかったりすること

があります。

表現が悪いですが、当たりはずれがあるようです。

「今回はすごく良かったのか」と思ってほかの部屋を見てみると

IMG_3069[1].JPG

クローゼットです。

普通に節があります。

大工さん、手間をかけて選り分けて貼ってくれたようです。

ありがとうございます。

IMG_3072[1].JPG

こちらは玄関ですが、これが「上小節」と言われる床板です。

節は全くと言っていいほどありません。

ただ、あくまで「上小節」です。

字の通り全く節がないわけではありませんので。

念のためにご理解ください。

土壁

2015.07.09

IMG_2327.JPG

土壁の下地です。

小舞と言われる竹や木を組んだ格子を下地にして

土を塗り重ねた壁です。

日本の伝統的な壁で仕上げには漆喰や聚楽が使われます。

IMG_2331.JPG

ほんの数十年前くらいまではよく施工されていましたが、

ここ数年土壁を施工している会社は本当に少なくなりました。

当社も先日、久しぶりに施工させてもらったところです。

今、小舞に使われる竹はほとんど防虫加工されているようです。

それが理由で、木で小舞を組ませてもらいました。

P1130687.JPG

左官屋さんも久しぶりのようでした。

土壁は、防火性能が高く吸放湿性があって家の湿度を快適に

保ってくれます。

また、蓄熱性があるので冬は一度温まると冷めにくいという性質

があります。

一方、断熱性能は高くないので今の住宅で使うには断熱材との

併用が必要です。

工期やコストも近年の乾式工法に比べて嵩みます。

床の間

2015.07.07

yjimage[2].jpg

床の間というと写真のような床の間が典型でしょうか。

書院、床框、床柱、天袋、地袋、違い棚がそろった床の間です。

昔は、当社もこのような床の間を何軒か施工させてもらったこと

があります。

床の間も造作がいろいろあって、「落とし掛け」と言って床の上

にある水平の木を「八掛」と言って薄く見せるものや、壁を作らず

幕板という板を横に通すこともあります。

また、床にもいろいろ種類があります。

写真のような框床、床の上の仕上げを板にすることもあれば

「ウスベリ」と言って畳を引くこともあります。

また、框を設けず畳と同じ高さで仕上げる踏込床もあります。

床の間とは違いますが、天井板を貼る方向は写真のように床の間

と平行になるように竿や目地を設けます。

嘘か本当か知りませんが、床の間には殿様または大将が座ります。

そこに弓矢などが飛んできても床の間と平行に竿を流せば弓矢が

引っ掛かるからだと聞いたことがあります。

それで、竿縁天井の竿などは床の間の方に向くと床差しと言って

そのような施工はしません。

最近は、上記のような本格的な床の間はあまり施工例がありません。

それなりに大きな家が必要になりますし、住む人が床の間を求めない

ようになってきています。

また、格式ばった床の間が必要とされないようになってきたのでしょう。

一方、シンプルな床の間が好まれるようになりました。

一輪挿しのようなものを置く程度の床の間

DSCF2345.JPG

掛け軸が飾れる程度の床の間

P1000299.JPG

このような落ち着いた空間があると暮らしの中にもゆとり

や彩があっていいと思いますが、物を飾るという点では、

リビングや廊下にニッチのような小さな棚やピクチャーレール

といったものも利用できます。

考えてみれば、今の若い人はこのようなもので代用しているの

かもしれません。

真壁

2015.07.05

CIMG4400.JPG

柱や梁などの構造材を壁で覆わずに見せる作り方です。

そのほかの壁は塗り壁や壁紙で仕上げます。

柱や梁を見せない大壁仕上げに比べて仕上がりにアクセント

があるうえ、構造材の状態がよくわかります。

大壁のように壁の中に隠れてしまうと、壁体内結露などの弊害

も起こりやすいですが、真壁ではその心配がありません。

写真はエアパス工法の家ですが、エアパスでも真壁の施工は

できます。

IMG_2654.JPG

昔は真壁づくりの家が多かったですが、昨今は断熱優先のためか

住む人の趣向が変わったのか大壁づくりの家がほとんどです。

確かに真壁は、木の温かみが感じられ、また構造材が常に空気に

触れていて劣化しにくく構造自体が長持ちしますが、大壁に比べて

壁が薄くなるため断熱の性能を確保するのが難しくなります。

また、柱などを見せようとするとそれなりの柱(節のないもの)

が必要になります。

別に節があってもかまわないとは思うのですが、年配の人から見ると

それは許されません。

以前は当社もそのような家を手掛けていましたが、特に和室などは

柱が何面見えるかで、柱の単価が変わり、柱の拾い出しに苦労したものです。

一面無地、二面無地、三面無地と無地の面(節のない面)が増えるほど柱は

高価になります。

吹抜け

2015.07.02

_DSC6415.JPG

上下二つの階をまたがる天井の高い空間です。

部屋全体を吹抜けにする場合と部分的に設ける場合があります。

空気の循環を考えるなら写真のように階段室にも吹抜けを設けて

空気が回るようにした方が空気が良く循環します。

IMG_2659.JPG

空間の広がりも兼ねて構造材を見せるためのような吹抜けもあります。

_MG_0205.JPG

2階の窓の取方によって、1階の奥の方まで光を導くこともできます。

一方、空間が大きくなるので家自体の断熱性は確保しておかないと

空調が効きにくいデメリットがあります。

上下の室内の温度差は大きくなりますから、輻射式の暖房器具を

使う場合は、シーリングファンなどの設備は必要です。

このシーリングファンは、夏の送風にも使えて便利です。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ