社長ブログ

いろんな補助金制度

2015.09.06

P1140910.JPG

住宅を新築するまたはリフォームすることに対して

いろんな補助金制度があります。

・省エネ住宅ポイント

・長期優良住宅

・長期優良リフォーム

・奈良の木を利用した住宅への助成制度

・高性能建材導入促進事業

うまく当てはまれば、有効に使うことができます。

・もっともよく使われるのが、省エネ住宅ポイント

8月末での実施率は、56%と公表されています。

年末には予算がなくなりそうです。

ポイント制なので、商品との交換がほとんどだと

思いますが、追加工事にその費用を充てることも

できます。

また対象工事も省エネに関することが対象のよう

に思いますが、耐震工事にもポイントが付きます。

・長期優良住宅は、数年前から実施されています

が今はグループ制で割り当てが決められていて各

工務店に振り分けとなるので、あまり件数は棟数は

期待できません。(当社は今のところ2件分です)

・長期優良リフォーム これはAタイプとSタイプがあり、

Aは上限100万円、Sは上限200万円とされています。

長期優良住宅に近い仕様にリフォームすることが求め

られます。

しかし、これは相応の工事費が発生します。

新築と違ってリフォームはどんな仕様で建てられているか

わかりませんから。

・奈良の木を利用した住宅への助成金

これは新築でもリフォームでも使えます。

上限は100万円となっています。

・高性能建材導入促進事業

これは予算が余ると急に募集が始まり募集期間も短いので、

タイミングが合いずらいです。

当社は、1件施工させてもらってますが現時点では募集して

いません。

どれかうまく当てはまる補助金があれば利用されれば多少なり

工事費の一部を賄うことができるかもしれません。

ただ、重ねて使うことができない補助金もありますし、補助の対象

にするがために工事費がかさむこともあります。

ただ、これは自分の家の性能が上がると考えれば納得できるので

はないでしょうか。

今契約しようとしている工事が1000万だとしてこの補助金がもらえ

れば900万円になる といった単純計算はできません。

(仕様と条件を満たしていれば別ですが)

どの補助金も上限ですし、工務店によっては手数料も発生することも

あります。

いい家が欲しい

2015.09.03

DSC_1491a.jpg

もし、いまマイホームを夢見ているのなら 「どんな家を建てようか」

とか「土地はどんなところがいいか」といったことで頭がいっぱいでしょう。

しかし、その前にお金のことをしっかり考えておかなければなりません。

全体の資金のことを考えずに土地を購入してしまうと建築資金が足りなく

なることもあります。

また、住宅展示場や工務店のモデルハウスを見て「こんな家に住みたい」と

思う気持ちが先走ってしまうと、結果的に 割高な家、あまり快適ではない家、

ローンを払うのが大変といったことにもなりかねません。

まず、ローンを組む時、今払えるお金しか考えていないと将来困ることもあります。

今現在夫婦2人 共働きだとするとどちらかが働けなくなるかもしれません。

また子供ができれば、当然出費は増えます。

借りられるお金と借りてもいいお金は違います。

今は、インターネットがあるのでいろんな情報が入手できます。

いろんな工務店やハウスメーカーをあたっていろんな意見を聞くこともできます。

しかし、ネットの情報が必ずしも正しいとは限りませんし、工務店やハウスメーカー

相談には乗ってくれますが、自社に都合の悪いことは教えてくれないかもしれません。

これも根気よく自分で何が正しいか、何が自分に合っているか調べれば答えは出てくる

と思います。

最終的に決めるのは自分ですから。

いい家に住みたいと思って、今買おうとしている土地、今建てようと考えている家は

これから先送りたい生活をどれだけ実現してくれるでしょうか。

ひょっとすると、マイホームは持たない方がいいという結論になるかもしれません。

いい家が欲しい ではなく こんな生活がしたい と考えなおしてみましょう。

本宮の家

2015.08.31

IMG_3613.JPG

本宮の家に行ってきました。

内部は左官工事の最中です。

石膏ボードの状態では実感がわきませんが、

壁・天井の仕上げが進むと全体に白くなって明るく、

広く感じます。

窓からの眺めがいいです。

IMG_3604.JPG

外部は、足場が取れました。

これから、駐車場、ウッドデッキ、庇、布団掛の造作に

かかります。

まだ、168号線が通行止めなので169号線を走ってきましたが、

北山村あたりでトンネルを建設中でした。

近々開通しそうなので開通すれば便利になりそうです。

せっかくここまで来たので本宮大社にお参りしてきました。

ひと月ほど前に協力業者の研修旅行で来たばかりでしたが、

無事、現場が完成するようにお願いしておきました。

IMG_3623.JPG

本宮大社 本殿入り口の横にこんなポストがありました。

投函できるようです。

吉野林業伐採体感ツアー

2015.08.30

IMG_3588.JPG

9月27日に吉野の木の伐採ツアーを開催させてもらいます。

この伐採ツアーは数年ぶりです。

山に登るのも気持ちがいいですし、実際大きな木が伐り倒さ

れるのは迫力があります。

また、当社で施工していただいた方にとっては、自分の家の

木はこの山からとれたという実感ができます。

以前のツアーの時の写真を探していると、10年前の写真が出て

きました。

IMG_0586.JPG

ツアーではなく、木こりの方と一緒に山に入っていくところです。

撮影のためか個人的に行ったようです。

10年前と言えば、ずっと続けてきたハウスメーカーの仕事をやめて

今の仕事を始めた頃です。

IMG_0578.JPG

左の木こりの方は、専務のいとこのご主人さんです。

吉野の木とはそんなつながりもあります。

お陰様で、あれからもう10年経ちます。

私は初心に帰る気持ちで参加させてもらいます。

2015.08.29

IMG_3586.JPG

奈良のリフォーム会社を紹介する雑誌です。

別に出版会社の宣伝をするつもりはありません。

パラパラと見てみると、これといった特徴のある会社が少ないように

思います。

「どんな住宅が、お客さんに受け入れられるか」 考えることは皆同じで、

よく似た家づくりになってしまうからでしょう。

こちらの出版社は、新築の雑誌も扱っていてそちらにも当社は掲載させて

もらってます。

創刊当時、7~8年前でしょうか、雑誌社の方が来られて「今度こんな雑誌

を出版しようと思ってます。」と言って他府県の雑誌を持ってこられました。

「掲載しませんか」と誘われかなり迷いました。

はじめての雑誌掲載、掲載料もかかります。

だまされたつもりで掲載したところ意外と反響がありました。

当時は、掲載する会社も少なく雑誌自体も今ほど厚くなかったと思います。

それからは、みんな考えることは同じで「反響があるならば」となったのか、

今は、かなりの数の会社が掲載しています。

こちらもリフォームと同じで、同じような自然素材を使った会社が多いです。

出版当初は、当社のように自然素材オンリーの会社は少なかったようですが、

今では、どこもかしこも自然素材でざっと見るだけでは、自分の会社の記事は

どこにあるのかわからないような状態です。

これでは、購入する人にとってもあまり参考にならないかもしれません。

あと、差別化できるとすれば、会社の理念、方針、提案力、人柄、対応力

といったところでしょうか。

しかし、これも実際、家づくりを始めてみないとわからない部分です。

家を造る方も大変ですが、家づくりをどこに頼むか 選ぶ方はもっと大変ですね。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ