社長ブログ

軒 庇

2015.06.11

0303 004.jpg

軒や庇は建物の外壁や窓に雨が直接かからないようにするもので、

建物の耐久性にかかわるものです。

CIMG0514.JPG

また、日射を遮る役目もあります。

特に南側の開口部に付ける庇は、太陽の高度も考慮して

出幅を設定してもらいましょう。

DSCF2585.JPG

春分・秋分の太陽南中高度は北緯35度(東京)なら

90度-35度 で55度です。

夏至の時は地球は太陽に向かって23.4度傾くので

55+23.4 78.4度

冬至は反対に傾くので

55-23.4  31.6度

となります。

以前、確か夏至の南中高度の太陽が直接室内に入らない

ように庇を付けてほしいといわれたことがあります。

多少参考になるでしょうか。

ただし、あくまでも南中の時点での太陽高度ですから、

完全に遮るにはもっと出幅を大きくしなければなりません。

余談ですが、昨日 次男のところに行ってきました。

一緒に寿司でも食べにと思って駐車場にに入ったところ

こんな表示がしてありました。

IMG_2429[1].JPG

これですぐに理解できる人がいるでしょうか。

引渡前の検査

2015.06.09

IMG_2400.JPG

リフォームの現場です。

引渡前の検査に来ています。

ここは玄関で、通り土間だったところに床を作りました。

よくある施工例だと思いますが、床の高さの設定は難しいです。

もともと通り土間から和室(座敷)までは大体50cmから60cm

の高さがあります。

一方、玄関は言って右側の部屋 私の地域では「しもみせ」と

言ってよく応接間として使われています。

ここは土間から30cmくらいでしょうか。

一番、たいへんなのが台所です。

もともと土間で使う仕様になっています。

そこに、煙返しというか大きな梁が土間を基準に掛けられている

ので、これが低くて高さが取れません。

思い切って取ってしまうのも一つの方法ですが、かなり大きな梁が

使われていることが多くまたその上には大きな土壁が載っています。

ということは耐震上大事な構造ということです。

当社、基本的には元からある構造は傷めません。

段差は増えますが、台所に床高はできるだけ低くして構造の梁は

残させてもらいました。

いつかまた、土間に変わることがあるかもしれませんから。

IMG_2406.JPG

以前使われていた建具は、再利用しています。

できるだけ前からあったものは使ってほしいという施主さんの

希望でもあります。

高さが足りないので、加工しています。

地窓

2015.06.08

DSCF2073.JPG

和室のよく使われる地窓

床面の明るさを確保したり、柔らかい光を取り入れるのに

有効です。

また、位置的にも視線が気になりません。

この地窓は床面に近い空気を動かして通風や喚起を促して

くれます。

普通、部屋の通風を浴するには2個の窓を設置すると効果的

ですが、高さの違う窓を設置すると高低差があることで部屋全体

に風が流れてより快適に感じられます。

また、写真の地窓とは違って大きめの地窓を設けて庭を眺める

という使い方もできます。

位置が低いので、外からの視線を気にせず眺めることができます。

効果的な天窓の明かり

2015.06.06

IMG_2374.JPG

古民家の北側にある水回り(台所)です。

北側に窓があるとはいえ本来なら真っ暗に近いところです。

しかし、ほんのりと明るいのは天井に蛍光灯が点いている

わけではありません。

IMG_2375.JPG

屋根についている天窓のお蔭です。

天窓は壁の窓の3倍くらいの効果があるといわれます。

古民家のように暗い部屋が多い家では自然の光を利用

できて効果的です。

ただ、この天窓つける方位は気を付けましょう。

まず、北側でないとそもそも有効ではないですし、日差しが

入り込むようなところでは夏場は大変です。

また、天窓はトップライトとも言われますが、アルミの既製品

の寿命は、約10年です。

雨漏れの原因になりやすいものだと思ってください。

いざ、漏れ出すとどこから入っているのかわからなくなり取り

換えるしかないということもあります。

写真の天窓はガラスの瓦です。

これはお勧めです。

水仕舞が良く、ただのガラスですからアルミ製のトップライトと

違いパッキンや水切りといった摩耗するような部品はなく

長期的にも安心です。

越屋根

2015.06.02

DSC_4441a.jpg

越屋根 屋根の上にもう一つついている小さな屋根です。

もともとは、古民家などにみられる囲炉裏や竈の煙出しの

ために一段高く設けた小屋根です。

 

写真のモデルハウスの越屋根は、エアパスの換気口を

付けるためのもので、夏場の壁や屋根の熱い空気を外に

出すために設けているのですが、ほかにも使い方はあります。

 

窓を設けて、通風・換気や採光に使うと奥行きの深い住宅

には効果的です。

天窓(トップライト)に比べて安定した光を取り入れることができ、

天窓より防水の面で有利です。

あと、好き嫌いはあると思いますがアクセントにもなります。

話は変わりますが、今日はバイクのオイル交換とエレメントの交換

に京都まで行ってきました。

IMG_2351.JPG

BMWとハーレーの店が並んでいるので、両方の店の展示車を

見させてもらいました。

ちょっと気にいったバイクがあったので、写真に撮らせてもらい

ました。

見れば見るほど欲しくなりますが、こんなことをしている場合では

ありません。

早く帰ってしなければならないことが・・・・・・・・

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ