社長ブログ

石谷家住宅

2018.06.27

DSC_0102.JPG

協力業者会の研修旅行で鳥取県智頭町の石谷家に来ています。

石谷家というのは地元で、地主、山林経営をしてきた家だそうです。

その自邸を大正8年から10年ほどかけて改築した家ですが、

最初に目に入るのは通り土間の天井です。

高さ約14mの吹き抜けになっていて、写真では丸太の規模がわかり

にくいですが、直径70cmから80㎝くらいあるでしょうか。

DSC_0136.JPG

丸太の横にのぞき窓があったのでそこに立ってもらいました。

少しわかりやすくなったでしょうか。

DSC_0106.JPG

土間には竈があるのですが、梁などはきれいな木の色をしています。

ふつうは煙ですすけて真っ黒になるのですが、竈の煙突を地中に埋めて

煙を外に出していたそうです。

DSC_0144.JPG

これはもちろん当時の煙突ではありませんが、こんな煙突だった

のでしょうか。

昔は人がたくさんいたでしょうが、こんなに大きな材木を運び出して

製材し、組み上げるというのはどんな方法を使ったのでしょうね。

古民家のリフォーム

2018.06.22

DSC_0072.JPG

もうすぐ完成の古民家のリフォームです。

木製の雨戸や網戸を使っています。

なるべく古民家の良さを残してリフォームしています。

DSC_0078.JPG

木製の雨戸を内側から見たところですが、この鍵をご存知ですか。

年配の方はよく知っているかと思います。

私の実家にもところどころについていました。

なんというカギ?かというと「猿錠」とか「こっとり」

というものです。

下に水平につけられた木をスライドすることで縦の木が落ちて

錠が外れます。

DSC_0066.JPG

雨戸の塗装がまだですが、6月30日(土)・7月1日(日)

に完成の見学会をさせてもらいます。

古民家のリフォームの完成見学会は初めてです。

同じような家をお持ちの方、どうすればいいかわからない方、

気軽にご参加ください。

今日は久しぶりに晴天だったので、早起きしてツーリングに行って

きました。

DSC_0011.JPG

「さざなみ街道」といって琵琶湖の東側を湖沿いに走っている道路です。

サイクリングロードでもあるようです。

湖畔を北上して帰りは湖西線を走って1周してきました。

全行程約300キロでしたが、早起きしたので昼過ぎには帰ってこれました。

家づくりセミナー3

2018.06.21

_DSC1798.jpg

家づくりセミナー

・温熱環境の視点から

現代の住宅は高気密・高断熱住宅で基本的に空調設備を使って

室内の温度や湿度を調整するように考えられています。

しかし、間取りや開口部の取り方を工夫することでなるべく機械

設備に頼らない家づくりをすることができます。

南北方向の通風をまず考える。

そのうえで東西方向の通風を考慮すると風量は4割増すといわれます。

吹き抜けを伴う縦型の通風は風量が2割増加します。

同じ階層でも取り付ける窓の高さを変えることで空気は流れます。

次に日の入り方

家はなるべく敷地の北側に寄せる

そして平面形は東西に長くするのが日照・通風を確保する上での基本です。

平面形をL型にしたり、日照に向けて出墨や入隅を作ることも有効です。

家づくりセミナー2

2018.06.20

N75_1993a.jpg

昨日の家づくりセミナーの続きです。

・構造・耐久的な視点から

1階と2階の壁のラインがずれている(特に2階の外壁と1階の壁)

これがずれていると地震に弱く、本来ならば不要な材料を使うことになり、

コスト的にも不利になります。

地震で災害が起きた時に話題になる耐震等級と同時に「直下率」という

ものがあります。

2階の壁のうちどれだけ1階の壁が支えているかの割合を示しますが、

60%以上が理想とされています。

家の間取りを考えるときは2階から考えると、2階の外壁を支える1階の壁

が確保できるようになります。

2階の外壁の外側に不足する部屋や水回りを配置します。

言うのは簡単ですが、実際は難しいです。

構造上支障のないように間取りを配置しても「2階の子供部屋をもう少し

大きく」とか「ここに収納を」、「和室を6帖から8帖」にといった要望が

出てくると全体の構造を考え直すことになります。

実際は、このようなことの繰り返し、試行錯誤の連続です。

次に、構造材の耐久性を考えた家づくりです。

今の家は壁体通気といって空気を通すことで壁の中に湿気がたまらないように

工夫されていますが、必ずしも完全ではありません。

防湿シートや吹付状の断熱などは隙間なく施工できるというメリットはありま

すが、構造のことはあまり考えられていないと思います。

そして、建物の耐久性を考える

軒の出を大きくする

日本の多雨な気候では庇や軒の出は大きくとったほうが外壁を雨から守って

くれます。

防水性の良い外壁材やシーリングの普及で別に軒を深くしなくても大丈夫と

いう意見もありますが、屋根の代わりにはなりませんから深いに越したこと

はありません。

家づくりセミナー

2018.06.19

_DSC6460a.jpg

6月17日(日)に家づくりセミナーを開催しました。

1)家づくりのきっかけ

2)間取りの考え方

・生活の視点から

・経済的な視点から

・構造や耐久性から

・温熱環境から

といった内容でした。

1次取得者にとっては「いつかは1戸建てに住みたい」

多世帯の方にとっては「親の老後を考えて」が一番多いです。

次に間取りですが、自分の生活スタイルがはっきりしている人

はめったにいません。

数年前までは部屋が廊下などで区切られた間取りが一般的でしたが、

今では各部屋を一体的に使う間取りが主流です。

その方が床面積を有効に使えるし、通風や採光の面でも有利です。

ただ、とりあえず造ってみても家具類を配置するとうまく並ばなかったり、

使い道の少ない空間が残ったりするものです。

今あるお手持ちの家具、購入しようとしている家具などを配置してみましょう。

そして大事なのが、家にかけられる予算です。

総予算から、建物外にかかる経費を除いてみて家本体にかけられる予算を

算出します。

家本体にかけられる予算が2500万円なら、

坪50万の家なら50坪

坪70万の家なら35.7坪となります。

ここで要望を整理して要望を満たすために必要な家の大きさを考えます。

家の大きさは要望だけでなく、土地の条件にもよります。

敷地面積60坪、建蔽率60%ならば最大で72坪となります。

家の大きさ

家族のスペースとして、リビング、ダイニング、キッチン、和室

個室として、子供部屋、寝室、その他共用スペースがあります。

ここで間取り指数というのがあります。

上記の必要な部屋に対して肉付けできる部屋の指数です。

上記の部屋合計に対して、1.6~2.0の指数をかけることでその他の部屋

を含めた家全体の大きさが決まります。

1.6でトイレや洗面、収納まで造るのは最小です。

WCL、家事室、書斎、収納、縁側などゆとりを持った間取りにするには

2.0位の指数となります。

ゆとりを持った間取りにするには必要な部屋に対してほぼ2倍の家の広さ

が必要となります。

希望の指数に合わせて、考えている部屋の大きさを調整する必要が出てきます。

・必要な部屋の大きさ

・間取り指数

・建物の坪数

予算が合わない場合はこの三つを再度検討することになります。

・構造・耐久性から

・温熱環境から

は次回に解説させてもらいます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ