社長ブログ

お客様満足度の向上

2014.11.01

20141101_102004.jpg

今日は、協力業者会のCS研修をさせてもらいました。

CS お客様満足度の向上のためです。

いまさらと思う方もいると思います。

以前ハウスメーカーの仕事をしていた時は、当たり前のごとく

会議でいわれ続けてきたことです。

会議では、回収されたアンケートを基に各業者の対応を

問われます。

非常に満足と言われて当然、まあ満足となると何が原因かを

問われます。

メーカーの仕事を離れて少しこの意識がい薄れてきているのを感じ

もう一度初心に帰って取り組んでいきます。

過去10年間のお客様 不満の上位は

・人柄態度 職人のマナーが悪い

・説明 質問に対しての対応が悪い

・整理整頓 現場の整理が雑

・近隣配慮 近隣からの苦情

・保護養生 資材の養生不足

だそうです。

言われてみればどれも心当たりがあります。

言われて当たり前という覚えもあります。

自分を含め社員も現場に従事する職人さんも意識して行動してもらいます。

今日の研修を受けて職人さん全員に 今まで自分の行動や対応が間違っていた

と思われることを一つでいいから発表してもらいました。

急によくなるものではありませんが、一つづつ改善していきます。

アユ釣り

2014.10.31

今日は、新築の打ち合わせでした。

施主さんの職業柄、プランに書斎を造っていたのですが、

今日、その部屋の打ち合わせとなりました。

「こんな風に」と言って見せていただいた写真が、「釣り道具の店か」

と見間違うほど釣竿とルアーがびっしりと並んだ写真です。

どうやら趣味の部屋だったようです。

自宅のすぐそばに熊野川が流れていてアユ釣りが趣味です。

私は釣りはしないので、詳しいことは分かりませんがルアーなど

子供のころから好きでやっている人はずっと貯めている人が多いらしく

いざというとき取り出せないので壁にラックを設けて並べておくそうです。

また、ガレージも造らせてもらう予定ですが、理想は下の写真のような

水槽を置きたいとのことです。

P1110750.JPG

友アユを飼っておく水槽だそうです。

釣りというのは奥が深いですね。

アユ釣りだけでもこれだけのものが欲しくなるのですから、

凝りだすと大変そうです。

CS研修 お客様満足度の向上

2014.10.29

20141027_075435.jpg

上棟当日です。

前日に1階部分を建てて今日2階部分を組み立てます。

白いシートは、建物全体を雨が降った時など構造材を濡らさないためです。

20141027_171703.jpg

無事に上棟が終わって屋根と建物全体を養生しました。

この養生は、お客様満足の向上のためにしていることで、

最近になって取り組み始めました。

既に建築されている方には申し訳ありませんが、これから

続けていこうと考えています。

20141027_074324.jpg

こちらは内部の状態です。

壁は養生していましたが、1階部分を建てた夜に雨が降って

しまいました。

うまくいかないものです。

これから先な大丈夫だと思います。

朝からラジオ体操

2014.10.27

20141027_074515.jpg

今日は上棟でした。

週間天気予報では、曇りの予定でしたが昨夜の雨と雷は

予定外でしたが、無事に上棟に取り掛かることができました。

上棟の朝ということで、安全ミーティングを兼ねて大工さん全員で

ラジオ体操です。

ラジオ体操は、会社では毎日やってますが現場では今回が初めてです。

事前に体をほぐしておくことで事故も未然に防げるだろうということで

これから続けていきます。

そろそろ薪ストーブの出番

2014.10.25

IMG_8373.JPG

まだ、10月ですが、朝晩冷え込むようになりました。

そろそろ火を入れようかと考えている人もいると思います。

薪ストーブというと皆さん憧れるようですが、手間はかかります。

また、どれくらい暖かいのかわからないという不安もあります。

暑さ寒さは、その人の体感温度によるので提案する方も自信を

持って説明できるわけではありません。

また、その家の断熱性によります。

ストーブにも、輻射式や対流式といった機能の違いもありますから、

設置の場合は、よく相談しましょう。

炎を楽しみたいのか、ただ暖かければいいのか、を決めて採用しましょう。

また、カタログの数値はあまりあてにならないこともあります。

デザインのいいストーブもありますが、あまり実用的ではないものが多い

ですから、よく採用されているオーソドックスなものの方が無難です。

P1100926.JPG

また薪ストーブは当然薪が必要になります。

こちらは、家のご主人が休みを返上して一生懸命用意されたものです。

たいへんだったでしょうが、今までとは違う冬が過ごせることと思います。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ