社長ブログ

奈良の木の家 構造見学会

2014.11.24

20141124_133931.jpg

今週の土曜日と日曜日 (11月29・30日)構造の見学会をさせてもらいます。

ゼロエネルギー住宅の補助金対象物件で、長期優良住宅の認定もとっています。

構造の見学会ですから、骨組みを見てもらう見学会です。

当社は、自然乾燥材を手刻みで造っていますが、一般の人には他の住宅と

どこが違うかはわからないかもしれませが、自然乾燥材とはこういうもの

ということでもわかってもらえればいいです。

木 本来の色艶や香りです。

モデルハウスに来て、何となく気持ちがいいといって長居する人がいます。

一方、何も感じない人もいます。

仕上げてしまえば、構造に何を使っていてもわからないですが、どこかで

住み心地に差があるのかもしれません。

間取りや使い勝手はまだわかりませんが、参考になれば幸いです。

それから、間に合うかどうかわかりませんが、こちらの家では樹脂サッシを

使います。外部も内部も樹脂一体のサッシです。

ゼロエネルギー住宅の計算上、断熱係数の高い樹脂サッシになりました。

まだ、北海道や東北は別として関西ではほとんど採用されていないと思います。

薪ストーブの炎

2014.11.21

20141119_234110.jpg

今日は少し、寒さが和らぎました。

2,3日前は寒かったですね。

最近少し現場に出ることが多かったので、

久しぶりのせいか、冬本番でもないのに

寒さが身に染みました。

家に帰って薪ストーブの炎を見るとホッとします。

これからまだまだ寒くなりますが、一冬頑張って

もらいます。

それから、お客さんから聞きましたが、今年は

薪が不足しているそうです。

今からでは間に合わないかも知れませんが、

ストーブをお持ちの方は来年の分を確保して

おいた方がよさそうです。

いつ誰に見られてもいい現場

2014.11.18

20141116_163238.jpg

日曜日に現場を見に行きました。

当然作業は休んでいます。

なぜ日曜日かというと、現場がきれいに片付いているかを

確認するためでした。

幸い、現場はきれいに片付いていました。

施主さんの実家がすぐ横にあるので、大工さんも十分気を

使ってのことだとは思います。

最近は、どこの建築現場を見ても各社、気を付けているのか、

それほど汚い現場はあまり見かけません。

当社もいま、特に美化と安全に力を入れています。

安全美化のパトロールも実施しますが、その時きれいにできて

いるのは当たり前です。

見に来るのがわかっているのですから。

そうではなくいつもその状態を保てるようにしていくのが目的です。

職人さんの挨拶礼儀も大切です。

今日、別の現場で解体の作業に立ち会いました。

解体の職人さんというと、ガラ悪そうなイメージがありますが、礼儀正しく

挨拶もしっかりしていました。

この業界もイメージが変わりつつあります。

敷地の調査に来てます。

2014.11.16

20141116_103424.jpg

敷地の調査に来ています。

こちらは現在 農地です。

農業をされていて息子さんに宅地として農地を転用される

ことは多いです。

同じ農地でも、その土地が市街化区域か市街化調整区域かで

扱いも変わります。

調整区域では、原則農業をする人のための家しか建てられません。

どちらにしても、農地転用という手続きを取る必要があるため

手続きには時間がかかります。

造成等の費用は掛かりますが、土地があるというのは建てる人

にとってはありがたいことです。

「古事記」読んだことありますか。

2014.11.13

20141111_233620.jpg

先日ホテルで一泊したとき、枕元に置いてありました。

ホテルではよく誰もが読めるようにこういう類の本が置いてあります。

中でも気になったのは、「古事記」という本です。

アマテラスオオミカミ、スサノオノミコト、ヤマタノオロチなどは断片的に

絵本や漫画映画で知ってますが、これを全部読んだことのある人は

少ないでしょうね。

今の書店では、神話に関する絵本などは輸入物の方が多いかも知れません。

712年に太安万侶が編纂したといわれますが、中国に比べると日本は古代の

文献があまり残っていません。

中国などは、紀元前の話が小説や漫画になるくらいですが、何が違ったのでしょう。

一度読みやすそうな本を探して読んでみようと思ってます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ