社長ブログ

これからの家の断熱

2019.02.15

2020年の「省エネ基準義務化」は見送られることになりました。

何のことかというと、ある一定の断熱性能を持った家しか建てら

れなくなるという方針でしたが、「義務化に対応できない事業者

がいるから」という理由で見送られることになったようです。

数値で表すと外皮平均熱貫流率UA値というのがあるのですが、

2020年基準UA値が 5地域(奈良県はほとんどがこの地域区分

です)で0.87です。

この数値は小さいほど性能がいいのですが、

ZEHと言われる家で0.60です。

そして、新しい基準として「HEAT20」という設計基準が設けら

れました。

しかも、G2、G1の二つのレベルが設定されています。

HEAT20 G2で0.34 

HEAT20 G1で0.48 と設定されています。

まだ、このHEAT20に適合できている家は少ないですが、ZEHの基準

を満たしている家は多いと思います。

当社が施工しているエアパスの家でほぼZEH基準です。

(パッシブソーラーなのでプラスアルファーはあると思いますが)

ですから、見送られたとはいえ0.87という数値はあまり大したことは

ないのです。

体感的にどれくらいの違いがあるかというと

20℃になったリビングの暖房を夜の11時に消して、朝5時までに下がる

温度が2020年基準0.87で11℃、G1で13℃、G2で15℃くらいにしか下が

らない と言われています。

ただ、このG2レベルは将来的にはこれが基準になるかもしれませんが、

かなりレベルが高いです。

断熱材の種類(性能)にもよりますが、充填断熱といって壁の中に断熱材

を入れる方法では柱の寸法以上の断熱材を入れることができないので、

外断熱といって外壁に断熱材を貼る必要が出てくることになると思います。

DSC_8896.JPG

こちらは土壁に単板ガラスの寒い家の代表のような家ですが、これからの

リフォームも断熱性能を高めるリフォームが増えると思います。

写真のような土壁の家もたくさんあります。

このような家を断熱しようとすると、土壁を撤去して新しい断熱材を充てん

するか、外側に断熱材を貼るか、内側に断熱材を付加するか となります。

しかし土壁はそれ自体、蓄熱性や調湿性をもっているので、できればそれを

活用したいです。

そうなると外断熱が有効です。

外断熱は断熱材を挟んで外側に重い外壁を造ることになるのでその支持が

完全にできないといわれてきましたが、今では断熱材の表面を仕上げる

ことで外壁の役目をなす材料もできています。

このさき、外断熱のリフォームが増えてくるような気がします。

リフォームで増築

2019.02.14

リフォームと言えば、増築を考える人が多いです。

数十年生活していると自然と物が増えます。

使わないものもあると思いますが、捨てるのが「もったいない」

という気持ちがわきます。

我が家も引っ越し時にはかなり思い切って捨てたつもりですが、

あまり減っていないようです。

それゆえ、ご多分にもれず我が家も増築することになりました。

お客さんの家をリフォームするときは極力、今ある家の中で

生活してもらうように「思い切って捨ててください」などと

言っておきながら、です。

しかし、実際減築というリフォームもないわけではありません。

子供さんが育って、旅立てば生活する人数が減るのですから、

もっと減築というリフォームがあってもいいのではないかと

思います。

その方が経済的ですが「何かの折に帰ってきたときのために」

と思ってしまうものです。

DSC_8926.JPG

こちらは2階の増築部分です。

3尺分だけ北側に広げました。

1階の屋根がせりあがってきて小さな窓しかなかったので

広げました。

これで北側の景色(法輪寺)も見ることができます。

屋根は基本そのままなので、こう配に沿って下がってくる

ので天井はやや低くなります。

DSC_8928.JPG

こちらは1階部分です。

タンス置き場になる予定です。

いまどきタンスと思われるかもしれませんが、これがたくさん

あります。

ご覧のとおり、1階を増築すると基礎工事が必要になります。

これが工事費が高くなる理由です。

2階は下に部屋があれば基礎は必要ありませんから。

と言って2階はどこにでも増築できるわけではありません。

1階の壁や基礎のあるところに新たに壁を造ることになるので

1階の間取りに制約されます。

見学というほどではありませんが、現状はこんな状態ですが、

見てみたいという方は随時ご連絡ください。

案内させていただきます。

洗面ボウルを探しに信楽へ

2019.02.13

DSC_8920.JPG

信楽に来ています。

洗面所の洗面ボウルとトイレの手洗い鉢を探しています。

漆の真っ黒なカウンターに合う洗面ボウル、欅のカウンタ

ーに合う手洗い鉢ですが、いざ選ぶとなると難しいですね。

今までは、施主さんに簡単に「選んできてください」なんて

言ってましたが、いざ自分の家のことになると迷います。

信楽というと「たぬき」の焼き物ばかりが目につきますが、

実際はタイルやこのような手洗い鉢をメーカーさんに出荷

しています。

登り窯で焼いてもらうのがいいそうですが、私はそこまでの

違いがわかりません。

この窯の数は奇数なんだそうですね。

「割れないように」ということらしいです。

ボウルもいろんな大きさがあるのですが、やはり基本は「手

洗い鉢」で洗面用の大きなものはあまり造ってないようです。

気に入ったものがあればここで購入するのがいいですね。

メーカーのカタログ定価からはかなり割安で手にはいります。

漆塗り

2019.02.11

2019-02-10-11-00-59.jpg

漆塗りの打ち合わせで「八尾漆工芸」さんに来て

もらいました。

最近ではカシューといった化学塗料などを使って経験

の浅い職人さんでも「漆塗り風」の仕事ができる

ようになっているそうです。

本来の漆塗りの工程は

1.木地調整 割れや節を埋める

2.木地固め 生漆を木地に浸透させる

3.布着せ 麻布を木地に張り付ける

4.布目摺り 布目を埋めて平らにする

5.地付け 生漆+米糊+地の粉をヘラ付けする

6.錆付け 生漆+砥の粉をヘラ付けして研磨

7.地研ぎ 砥石で平らに研ぎあげる

8.地固め 希釈した生漆を含浸させる

9.下塗り、中塗 下塗り→乾燥→研磨→中塗→乾燥→研磨

10.上塗り 立塗用黒漆と蝋色用黒漆があります。

蝋色工程

11.炭研ぎ 木炭や砥石を使って研磨

12.胴摺り 砥の粉や火であぶった炭の粉を刷り込む

13.生漆刷り込み、蝋色磨き 鹿の角粉を掌に付けて磨く

という工程だそうです。

(写真のサンプルの上から下へが完成までの工程です)

しかも漆刷毛は人毛とのこと。

これだけの工程を経て初めて本来の耐久性や堅牢性をもった

漆塗りができるそうです。

今、自宅のリフォームをしているのですが、洗面とトイレの

カウンターに施工してもらう予定です。

コーヒーとカフェラテ

2019.02.08

DSC_0011.JPG

コンビニのコーヒーマシンで100円のコーヒーカップに

150円のカフェラテを注いだ人が「窃盗容疑」で逮捕され

ました。

もし、レジでオーダー時点で150円のカフェラテを注ぐ

つもりであれば、店員をだましたということで「詐欺罪」

が成立。

しかし、オーダー後に150円のカフェラテを注ごうと思い

ついたのであれば、「窃盗罪」が成立。

コーヒーマシンを相手にしただけで人をだましたとはなら

ないから、窃盗罪ということです。

また、間違ってボタンを押してしまい、そのまま黙って

申告せず、店を出ると「占有離脱物横領罪」になるとのこ

とです。

私も間違って押したことがあります。

コーヒーの「S」を頼んで「L」を押しました。

カップが小さいのであふれると思い、店員さんに間違った

ことをすぐ伝えました。

でも「S」のサイズのカップに入りきるようです。

幸い別に追加を取られることもなく、納まりました。

(本当はダメだと思いますが)

店によっては店員さんが淹れてくれるところがあります。

こちらは助かりますが、余計な手間のようにも思ってまし

たが、上記のような軽犯罪を防ぐ意味もあるのかもしれません。

しかし、50円とはいえ犯罪が成立しますから、気をつけな

ければなりません。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ