社長ブログ

天気の悪い上棟日

2015.01.16

DSC_0587.jpg

2日後に上棟を控えて土台伏せが終わりました。

天気が下り坂ということでシートで養生してます。

DSC_0596.jpg

上棟日の前日、平屋の家ですが、いつでも棟が上げられる

ように立て方してます。

今のところ天気は心配ないです。

DSC_0601.jpg

いよいよ明日は大安で上棟ですが、天気予報では朝から雨。

壁と屋根をシートで養生して帰ります。

IMG_0314.JPG

上棟当日、1日雨でしたが、お昼頃 晴れ間がのぞいたときに

棟を納めさせてもらいました。

施主さんに棟叩きをしてもらって無事終了でした。

施主さんのお父さんが「雨降って地固まるというからいいです」

と言ってくれました。

このところ3件続けて、上棟前後雨にたたられています。

一時期は、地鎮祭となると必ず雨ということがありました。

私の自宅も、神様に観てもらった日に上棟でしたが、

大工さんが言うに「1年に1度あるかないかの大雨」でした。

やっぱり、私が雨男なのかもしれません。

山間部の道路は何があるかわからない

2015.01.14

和歌山県田辺市本宮町というところで新築工事を

させていただく予定です。

熊野本宮大社のあるところです。

大きな鳥居で有名です。

先日、1月12日地元の業者さんが、造成の工事に入る

というので、こちらからもお伺いすることにしました。

社員は、吉野の自宅から出発、私は自宅から出発、

現地に10時ということで出かけました。

先日、専務がお伺いしたとき施主さんが、ノーマルタイヤ

の車を見て驚かれたそうでした。

山間部はいつ雪が降るかわからないので。

それほど寒くないし、大したことはないだろうと思って出かけました。

168号線をひたすら南下します。十津川村を抜けて。

五條市を抜けて山間部を走っていると社員から電話。

「今、どのあたりですか。星の国というところまで来ましたが、

道路が凍っているみたいです。」

私が走っているところは、雪らしきものもなく何の支障もありません。

大したことはないだろうとそのまま進みます。

社員からまた電話「何とか行ってみます。」「気を付けてな」

もうすぐそのあたりだからと思いトンネルを抜けると急に周りが雪で白く

なりました。そしてもう一つトンネルを抜けるて 「え?」。

これほど変化するかというくらい見事に白く凍ってます。

前を勢いよく走っていた車も止まりました。

車から降りて道路を靴でゴシゴシやってます。

車に戻っても動きません。その先は下り坂が続いてます。

私も進む勇気はなく、しぶしぶUターン。しかもずるずる滑りながら。

再び五條に戻って24号線をひたすら西へ、阪和自動車道で南下、

311号線を東へと大きく迂回して現地へ。到着は12時でした。

くたびれて現地で打合せ。社員はなんとかあの坂を下ったそうです。

現地では、業者さんが鋤取り作業をしていました。

P1110940.JPG

お施主さんとの打ち合わせも無事すんで、再び帰路に。

社員「帰りはどうしますか。」 私「もう大丈夫だろう」とやや不安を感じながら

168号線を北へ。途中雪がちらついて後悔しながらも雪はすっかり解けて

何事もなく会社に到着しました。山間部は軽く考えると大変な目にあいます。

早速スタッドレスに履き替えました。

年末リフォームの手直しに

2015.01.10

P9100055.JPG

                  IMG_0273.JPG

外装のリフォームの着工前と完成です。

家のタイルを貼り替えて、外構は石に変更しました。

外装のリフォームは吹付のやり替えはよくありますが、

石やタイルの貼替というのはあまりありません。

年末ぎりぎりまでかかったので、今日は細かい手直しに

伺いました。

完成写真が撮れなかったので、今日撮らせてもらいました。

明るいところでじっくり見ると「新築そっくりさん」ではないですが、

外装を変えただけでまったく別の家のようです。

薪ストーブを体験しませんか。

2015.01.05

DSCF2238.JPG

1月11日(日)に薪ストーブ体験会をモデルハウスで

行います。

既に薪ストーブをお持ちの方やこれから設置を考えている方は

参考になると思います。

DSCF2237.JPG

当日は、薪ストーブの販売施工をしている「憩暖」さんに来てもらって

薪ストーブの特徴や使い方を説明してもらいます。

その後、薪ストーブを使ってできる手軽な料理も試食できます。

気軽にご参加ください。

おせち料理

2015.01.04

明けましておめでとうございます。

まだお正月休みの方が多いと思いますが、私は今日から出社しています。

モデルハウスをオープンするためでもありますが、一人でたまった書類に

目を通したり、今年のことをじっくり考えたりするにはいい機会です。

ところで、皆さんも「おせち料理」は頂きましたか。

おせち料理の起源は古く、弥生時代ともいわれます。

自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えたものを「節供」と言って

これを料理した物を「節供料理」 これがおせち料理の始まりです。

ご存知でしょうが、この料理や素材にはそれぞれ意味があります。

数の子 卵が多いので、子孫繁栄を願う縁起物

田作り 昔、田植えの肥料に乾燥したイワシが使われたので、

     田を作る 豊作を祈願する食べ物

黒豆 まめ(真面目)に働き、まめ(健康)に暮らせるように

ごぼう 地中深く根を張るので、家族がその土地に根を張って安泰に

栗きんとん きんとんは漢字で「金団」 金運を運ぶ縁起物

他にもそれぞれ意味があるのですが、昔の人はいろんなことを願って

作ったのでしょう。

これを考えながら食べてみると好き嫌い関係なく食べらます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ