社長ブログ

「外山の家」構造見学会

2015.02.04

IMG_0719.JPG

「外山の家」です。

「そとやま」? 「とやま」? 何て読むのかと思ってました。

当社の設計が、役所に行って「そとやま」と読んだら担当の人が

「あ、とび ですね。」と言われたそうです。

外山とかいて「とび」 読めません。

今週の土曜日・日曜日に構造の見学会をします。

現場はかなり進んでいて、石膏ボードを貼りかけてます。

「構造見学会になるのかな」と言ってますが、完成するまでは、

構造です。

大工工事完了の直前ですが、見に来てください。

男性も家事に参加できる間取り

2015.01.29

CIMG4284.JPG

家づくりにおいて、家事導線を考えた間取りは必須です。

共働きの夫婦が多いので、家事の負担をできるだけ軽減

するのが目的です。

中心になるのは、キッチン周りです。

洗面所やクローゼット、物干し場、家事室などが使いやすく

配置されていることが必要です。

しかし、この間取りはあくまでも女性を対象に考えられたものです。

これから先、共働きの世帯は増えていくと思われます。

となると男性が家事に参加することも必要になるはずです。

既に、家事は分担しているという家庭もあります。

(私はせいぜいたまに食器を洗うか洗濯物を取り入れてたたむ

位しかしてませんが。)

男性が参加できる家事としては食器洗いやふろ掃除、洗濯、料理

といったもの(体力や身長が有利に働く家事)になると思いますが、

今までよりもやや大きめのスペースとわかりやすい収納が必要に

なるようです。

熊野本宮大社

2015.01.27

IMG_0446[1].JPG

田辺市本宮町で打合せのついでに本宮大社に行ってきました。

正式には本宮の跡地と言えばいいのでしょうか。

見上げるばかりの大きな鳥居が建っています。

IMG_0447[1].JPG

現在はこのようになってますが、

IMG_0449[1].JPG

以前はこのように建っていたようです。

両側を川に挟まれた特殊な地形に建立されていたので、

いざ、川の増水が始まればどうしようもなかったのでしょう。

横を流れる新宮川の川底とたいして高低差はありません。

2011年の台風12号の時もこの周辺は水害にあっています。

IMG_0463[1].JPG

新宮川を挟んで東にある七越峰からの眺めです

この大きな川が氾濫するのですから、当時の雨の量は

想像を超えるものだったのでしょう。

家の床下、屋根の上

2015.01.25

P1110946.JPG

ある家の床下です。

よく見ると束がシロアリに食われた跡があります。

これは、押し入れに入っている蒲団を出したところ

床がシロアリに食われていたので調べてほしいと

いわれて床下を拝見させてもらったものです。

 

今日も、和室の床に穴をあけて潜ってきました。

庭に置いていた木製のデッキがいつの間にかスカスカ

になっていたので、家を見てほしいといわれて潜りました。

幸い家には侵入していなかったようです。

ここ数年、シロアリに関しては調査の依頼はなかったのですが、

増えてきているんでしょうか。

どの家も土間のコンクリートを施工していない築年数の経過した

家ですが。

 

実は、床に潜る前に別の家で、トップライトから雨漏れがすると

いわれて屋根に上ってきました。

いいわけではないですが、当社が施工したわけではありません。

水仕舞いが悪いのは分っているので、トップライトはよほど要望されない

限り施工しません。

原因はどうやら、トップライトの周りの水切りではなく本体自体の劣化が

原因のようです。

開閉式なので、パッキンが劣化すると水が浸入します。

その点、ガラスの瓦というのがあるのですが、これは長持ちします。

劣化する部材がないからでしょう。

 

日曜日で社員が休んでいると動けるのは私だけなので、あちこち走りましたが、

こんな日曜日が年に何度かあります。

 

 

 

薪ストーブの楽しみ方

2015.01.22

IMG_0385.JPG

奈良県古民家再生協会 関連のイベントでのことです。

古民家交流会が滋賀県で行われました。

その会の中で、びわこ薪の薪屋(たきぎや)さんが薪に使う

木を紹介してくれました。

この薪屋さん、薪を乾燥させるのに雨に打たせるそうです。

期に含まれている細胞水は抜けにくく、天然の水となじませる

ことで乾燥を促進させるそうです。

そう言えば、吉野の材木屋さんが、昔木を乾燥させるのに川に

浸けてから乾燥させていたというのを聞いたことがあります。

薪に使う木と言えば、楢、樫、ケヤキ、クヌギ、桜などがあります。

針葉樹も使えますが、広葉樹の方が火も長持ちします。

当社では、建築の端材が出るので、針葉樹ばかり使ってます。

杉は、柔らかいのですぐに燃えてしまいます。

焚き付けに使うにはいいですが、頻繁に足してやることになります。

それに比べると桧はやや硬くて当然長持ちします。

松は使わない方がいいです。

煤がたまってストーブによくありません。

P1100926.JPG

広葉樹も硬さや重さに違いがあってそれぞれ燃え方は違います。

固くて重いほど炭素をたくさん含んでいて火は長持ちします。

薪屋さんが言うには、広葉樹も木の種類によってストーブの楽しみ方

が違うそうで、それを教えてしまうと楽しみがなくなるそうです。

ですので、ここでは教えてもらったことは書きません。

薪ストーブのことについてはある程度わかりますが、薪そのもの

については素人でしたから、そんな楽しみ方もあるのかと

改めて感じました。

それから、薪ストーブというと炎を見るのが楽しみですが、

熾火の状態を保つのが本来の使い方です。

となると、やっぱり広葉樹がいいです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ