社長ブログ

天に栄える村

2014.07.17

P1110229.JPG

7月20日(日) やまと郡山城ホール 会議室B・Cにて「天に栄える村」

の上映会を行います。

上映は、午前の部 10:00から12:00  午後の部13:30から15:30

主催は、奈良県古民家再生協会です。

福島県の天栄村というところで生産される「天栄米」に関する映画ですが、

震災以降の放射能汚染の風評被害を訴える映画です。

福島県に限らず風評被害というものはどこでも起こりうることです。

しかしおそらく、今 日本の中で一番困っている県だと思います。

当日は、天栄村役場の方にも出席していただき講演も予定しています。

どんな映画か興味のある方は、ご覧になってください。

ただ、申し訳ありませんが、午前の部はすでに定員になっておりますので、

ご了承ください。

 

大滝ダムの龍神様

2014.07.15

20140706_144217.jpg

大滝ダムの龍神様です。

当社の創業35周年の記念ツアーに来た時の写真です。

前回打ち合わせに来た時、5月でしたが、水位が高く

龍神様は、頭だけが見えている状態でどんな格好を

しているのかわかりませんでした。

また、中央に伸びている桟橋も登り口はなく水面に

浮かんでいる状態でした。

水位に応じて浮き沈みするようです。

一度、水位が高くなったとき見に行かれてみては

いかがですか。

地元の人は、どうしてこんなものを作ったのかわからない

と言ってましたが。

築120年の家と築60年の家

2014.07.14

P1110256.JPG

築120年ほどのお宅です。

動的耐震診断という伝統工法で建てられた家の耐震性を

評価する診断法の実習をさせてもらいました。

私の実家は、ほぼ築60年経過するのですが、内部の作り

間取り、仕上げなどは、ほとんど同じです。

もともと田舎建ての家というのは、そういうものなのかもしれませんが

考えてみると、60年経過しても同じ造りで建てられているというのも

不思議な感じがします。

玄関を入ると廊下があって2階へ上がる階段があり、応接間があって、

リビングとダイニングは分かれているというのが一般的な間取りであった

ものが、LDKが一体になり、リビング階段になり廊下をあまりとらない

間取りになってきたのも、ここ10年足らずの間です。

 

この間取りが、これからさらに50年も続くでしょうか。

それを思うと、こちらのような家づくりが本来一番住みやすい長持ちする

家なのかもしれません。

 

逆浸透膜を使った浄水器

2014.07.12

20140712_170355.jpg

アクアクオリアという浄水器です。

当社のモデルハウスで使っています。(自宅でも使ってます)

これは、逆浸透膜浄水器と言って 0.0001ミクロンの大きさ

まで濾過することができる浄水器です。

例えば一般的な浄水器は、セラミック方式または中空糸膜方式で、

花粉、O-157、大腸菌、カルキ臭、アスベストくらいまでは除去して

くれますが、この浄水器はさらに農薬、ダイオキシン、インフルエンザ

ウイルス、窒素、そして福島県で話題になったセシウムといった放射性

物質まで濾過してくれます。

よく、ポリ容器に入れて1L・・・円で販売されている(意外と高価な水)と

同じものが出てくる浄水器です。

ウーロン茶を通すと真水が出てきます。

特別、宣伝していませんが、昨日販売店の方が来られたので、急に思い

だしてここに書かせてもらいました。

JAXAの評価試験用水再生装置に採用されたとのことです。

設置されたお客さんもおられます。

モデルでは、キッチンの上に置いてますが、メーカーによっては内部に収納

することもできる程度の大きさのものです。

水が気になる方は採用を検討してみてください。

台風とエアパスの換気口

2014.07.10

IMG_5556.JPG

                         IMG_5564.JPG

皆さんこんにちは

ブログでお知らせするというのも大変失礼ですが、

エアパスの換気口についてのお願いです。

台風8号が近づいています。

昨年の強風と大雨の時にエアパスの屋根の換気口から

雨水が浸入するという事例が発生しました。

ご存知の方もおられるかと思いますが、強風を伴う大雨の

時は、屋根の換気口を閉じていただきますようよろしくお願い

いたします。

沖縄や九州では大きな被害が出ています。

奈良というところはあまり台風の被害を受けないところで、

先日もあるOBの方に「台風が来るかもしれませんので換気口を閉じてくださいね。」

とお伝えしたところ 「あれ、来るんですか」 という反応でした。

奈良という土地の風土でしょうか、呑気(おおらか?)な方が多いように思います。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ