社長ブログ

玄関周り

2014.06.18

IMG_8483.JPG

                  IMG_8484.JPG

大工さんが、玄関の造作をしています。

玄関の框を取り付けて床板を貼っているところです。

どこの家にもあるものですが、框が曲がって取り付け

られたりしていると意外と手間がかかります。

写真は折れた框に床板をすり合わせているところです。

しかし、このような削り合せは新建材より無垢材のほうが

作業がしやすいです。

新建材の場合は、表面は薄い単板などで仕上げてあるので、

削れる部分が限られているのに対して無垢材はどの部分

でも削ることができます。

ただ扱いとしては、傷や汚れがつきやすいので気を使います。

材種は框がヒノキで床板は杉です。

現場の清掃

2014.06.16

IMG_8503.JPG

床貼りと天井の下地が終わった段階です。

室内の清掃がしやすいように床はビニール系のシートを

敷いています。

水拭きもできるようにというのが理由です。

石膏ボードの粉などは箒や掃除機だけでは取りきれないので

変えました。

試に掃除機をかけてみたところ吸い付いてしまいます。

試行錯誤の段階なのでまた変わるかもしれません。

あと、掃除をしやすいように材料はできるだけ床に置かずに

仮設の棚を作ってその上に置くようにしました。

これだけでも現場がスッキリしたように思います。

土地探しと資金計画

2014.06.14

P4130002.JPG

家造りを土地探しから始める人が多いです。

もちろん土地ありきのことですから当然なのですが、

順番としては、まず自分が払える資金を確定しましょう。

それにはファイナンシャルプランナーの方に相談するの

が一番確実です。

銀行が貸してくれるからと言って安心しないほうがいいです。

将来の計画も立てて考えてはくれません。

資金の目安がついたら次は自分が住みたいと思う家の概算費用

を見積してもらいましょう。大体の坪数が解れば概算の費用は出ます。

次は自分が払える資金から住宅の費用を差し引いて、それが土地に

かけられる費用だと考えてください。

いきなり土地を手に入れると理想の家が建てられないということに

なりかねません。

それから住宅ローンもよく検討しましょう。

住宅は人生で一番大きな買い物と言いますが、ローンを組む人にとって

は住宅ローンが人生で一番大きな買い物です。

工務店は何社も相見積もりを取るが、住宅ローンを何社も相見積もりを

取る人は少ないです。

賭け事の払い戻し率

2014.06.09

面白い記事が載っていたので紹介します。

皆さんの中には、パチンコや競馬と言った賭け事

の好きな人はたくさんいると思います。

私は今は、この類は一切してません。

パチンコは30年ほど前に辞めたきりです。

今言っても遊び方も解らないと思います。

いろいろ賭け事はありますが、どれが一番儲かるでしょうか。

ここに、「客に対する払い戻し率」というのがあります。

一番低いのが「宝くじ」で45%程度

300円の宝くじを買うと135円帰ってくることが期待できるという数字です。

サッカーくじも49~50%とほぼ同じです。

次に公営ギャンブル 競馬、競輪、競艇、オートレースは75%ほどです。

1万円かけると7500円位が期待できます。

次はパチンコですが、85~90%と意外と高いです。

海外のカジノに至っては95%と言われています。

ならばパチンコやカジノは儲かるのかというとそうでもありません。

みんな勝った時のことしか言いませんが、破産・夜逃げの原因に多いのが

パチンコ、競馬、カジノです。宝くじで破産したというのは聞いたことがありません。

何事も適度にということでしょう。

ゴルフ場のキャデーさん

2014.06.07

yjimage[4].jpg

ゴルフ場です。

私はほとんど付き合いくらいしかしませんが、

夏場でもキャデーさんは、長袖、長ズボンを着て肌の露出は

最低限にしています。もちろん紫外線対策でもありますが、

もう一つは、「農薬対策」です。

あれだけ日当たりのよいフェアウエーに雑草が一切生えていない

のは定期的に芝生の手入れをしているからですが、手作業で除草

しているわけではなく、大量の除草剤を散布しているからです。

農薬散布をしている作業員は1日で目が真っ赤になり肌も荒れるそうです。

薬剤散布といえば住宅では、シロアリ駆除です。

これも人体にかなり影響します。

「うちは、小さい子がいるのでシロアリの駆除はしてません」というシロアリ駆除の

職人さんもいるくらいです。

なるべく、駆除しなくてもよい材料を使うなり揮発性のない駆除剤を使うといった

方法で対策しましょう。そのほうが環境にもいいですから。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ