社長ブログ

買ってはいけない土地

2014.06.22

P4130009.JPG

※ 写真は記事とは何の関係もありません。

最近は、ゲリラ豪雨が多発していろんなところで土砂災害

が起こります。震災時などは遠く離れた千葉県で液状化

といった現象も起きました。

そういったところは、もともと地盤が弱いわけです。

いくら地盤調査をして、改良工事をしても災害には

かないません。

土地を買う時によく言われるのが、その地名に

「沢、川、池、谷、水、堀、田、沼」など水に関係する

土地は買ってはいけないといわれます。

こういった土地はもともと河川や水田や池だったところが多く

それが埋め立てられて宅地になっている可能性があり地盤が

軟弱な場合が多いということです。

不動産購入の際は、ハザードマップなどである程度の下調べ

をしておくことをお勧めします。

土地の購入を考えている人で、「掘り出し物」を期待する人も

いますが、直接地主さんと契約でもしない限りあり得ません。

仮に格安の土地が出ても、不動産業者が買い取って通常の価格で

販売されるだけです。

相場価格よりも安い物件は何かあると思ったほうがいいと思います。

北枕は縁起が悪い

2014.06.20

yjimage[1].jpg

日本では、釈迦の故事にちなんで、「北枕は縁起が悪い」

とされています。

亡くなった人を北枕で寝かせるからという理由からです。

他にも説があって、「昔の家は隙間風が多く寝ているときに北

からの隙間風で肩口を冷やすといけないから」とも言われます。

しかし、一方

「御釈迦さんが入滅して仏陀になったありがたい状態だ」とか

「地球の磁力線に体が沿っていることで血行が促される」

「頭寒足熱に即していて安眠できる」

「風水的に金運によい」

などといった意見もあります。

なぜ、北枕の話になったかというとリフォームの打合せをしていて

ベッドの配置を打合せしていたらお施主さんが「北枕になるじゃないか」

と言われたのがきっかけです。やっぱり気にする人はおられます。

実は、私はここ数年(もっと前からかも)ずっと北枕で寝ています。

別にこれといった理由はありません。ただ、気にしていないだけです。

ここにもう一つ変わった説があります。

「木造家屋の場合、地震の時に助かる可能性が高い」

という説です。

家屋の構造上、南側には大きな開口(サッシ)やバルコニー

が多くとられ、北側は壁が多いため丈夫にできていることが多い。

ということは、北枕で寝ることは比較的もろい南側が崩れても

北側にある頭部は無事である可能性が高いということです。

玄関周り

2014.06.18

IMG_8483.JPG

                  IMG_8484.JPG

大工さんが、玄関の造作をしています。

玄関の框を取り付けて床板を貼っているところです。

どこの家にもあるものですが、框が曲がって取り付け

られたりしていると意外と手間がかかります。

写真は折れた框に床板をすり合わせているところです。

しかし、このような削り合せは新建材より無垢材のほうが

作業がしやすいです。

新建材の場合は、表面は薄い単板などで仕上げてあるので、

削れる部分が限られているのに対して無垢材はどの部分

でも削ることができます。

ただ扱いとしては、傷や汚れがつきやすいので気を使います。

材種は框がヒノキで床板は杉です。

現場の清掃

2014.06.16

IMG_8503.JPG

床貼りと天井の下地が終わった段階です。

室内の清掃がしやすいように床はビニール系のシートを

敷いています。

水拭きもできるようにというのが理由です。

石膏ボードの粉などは箒や掃除機だけでは取りきれないので

変えました。

試に掃除機をかけてみたところ吸い付いてしまいます。

試行錯誤の段階なのでまた変わるかもしれません。

あと、掃除をしやすいように材料はできるだけ床に置かずに

仮設の棚を作ってその上に置くようにしました。

これだけでも現場がスッキリしたように思います。

土地探しと資金計画

2014.06.14

P4130002.JPG

家造りを土地探しから始める人が多いです。

もちろん土地ありきのことですから当然なのですが、

順番としては、まず自分が払える資金を確定しましょう。

それにはファイナンシャルプランナーの方に相談するの

が一番確実です。

銀行が貸してくれるからと言って安心しないほうがいいです。

将来の計画も立てて考えてはくれません。

資金の目安がついたら次は自分が住みたいと思う家の概算費用

を見積してもらいましょう。大体の坪数が解れば概算の費用は出ます。

次は自分が払える資金から住宅の費用を差し引いて、それが土地に

かけられる費用だと考えてください。

いきなり土地を手に入れると理想の家が建てられないということに

なりかねません。

それから住宅ローンもよく検討しましょう。

住宅は人生で一番大きな買い物と言いますが、ローンを組む人にとって

は住宅ローンが人生で一番大きな買い物です。

工務店は何社も相見積もりを取るが、住宅ローンを何社も相見積もりを

取る人は少ないです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ