社長ブログ

ディナーショー

2017.07.09

昨晩、デパートの招待でディナーショーに行ってきました。

「堀内孝雄」のディナーショーです。

私の年代の人ならだれでも知っているかと思います。

「アリス」というグループの一人です。

ソロ活動をしてからの歌よりアリスの時代の歌の方がなじみがあります。

学生時代、自分自身それほど歌(フォークソングなど)に興味があった

わけではないですが、まわりの友達が聞いていると嫌でも耳に入ります。

当時では、中島みゆき、井上揚水、吉田卓郎、などです。

久しぶりに目の前で見てみると「堀内孝雄さん」もややお太りになられて

ました。

一番有名な曲と言えばやはり「遠くで汽笛を聞きながら」です。

もちろんこの曲も披露されてました。

奈良出身の方です。

 

デパートの招待ですから、もちろんワンフロアーを借りて宝石や真珠、時計

などの展示会もありました。

私はこのような貴金属を身に着ける趣味はありません。

どちらかというと身に着けるのが苦手な方です。

おそらくすぐに傷をつけてしまいますし、肌に金属が振れるのが苦手です。

私の知り合いでお世話になった人ですが、風水などに詳しい人なのですが、以前

診てもらったところ、「貴金属類を身に着けるのが好きなタイプですね」と言われた

ことがあります。

私が「全くダメです」と答えたところ「バイクに乗っているじゃないですか」と言わ

れました。これも同じらしいです。

 

展示会にこんなものもありました。

IMG_20170708_200317.jpg

資産として購入される人がいるそうです。

試しに叩いてもらったのですが、数分間鳴りつづけるようです。

それにしてもこんなにするものなのでしょうか。

うっかり仏壇の前に置いておけません。

スリランカ料理

2017.07.06

IMG_20170704_131120.jpg

スリランカ料理です。

久しぶりに次男夫婦が返ってきたので食事に行きました。

生駒の山手にある「ラッキーガーデン」というお店に来ています。

5種類のカレーをご飯にかけて食べ比べできるコースになっています。

私は料理については詳しくないのでわかりませんが、インドに近いだけ

あってやっぱりカレーなんですね。

しかし、調べてみるとインド料理、ネパール料理などはナンと言われる

パンのようなものが必ずと言っていいほど出てきますが、これはインド

西北部の食文化で本来のインド料理ではないそうです。

また、スリランカ料理でナンが出てくることは稀でインド料理とは区別

されることが多いとのこと。

IMG_20170704_135008.jpg

食後に、次男の奥さんがミルクティーを頼んだところシェフの方が

こんな芸当を披露してくれました。

めったに見れないそうです。

テレビなどでは時々見かけますが、目の前で見るのは初めてです。

IMG_20170704_135016.jpg

少し味見させてもらいましたが、濃厚でおいしいミルクティーでした。

上の写真のようにすると空気が混ざって細かい泡ができておいしくなるそうです。

カレーついでに香辛料についてですが、

「しちみ」 7月3日は「しちみ」の日だそうですが、

トウガラシ、山椒、ゴマ、麻の実の4種類をベースに

芥子(けし)の実、陳皮、紫蘇、海苔、青海苔、生姜、菜種を混ぜて作ります。

決まりきった七つの材料で造っているわけではなく、新しいものを取り入れながら

各メーカーがオリジナルの物を造っています。

ちなみに海外では「SHICHIMI」ではなく「NANAMI」で販売されている

そうです。

お引渡 当社を選んでもらった理由は?

2017.07.02

IMG_20170701_145306.jpg

先日、新築の家の「お引渡」をさせてもらいました。

家の中に入らせてもらうと、無垢の板で造ったテーブルとイスが置かれていました。

天板はクリの木を使っています。

新築するにあたって、当社を選んでいただいたこと、最後までお付き合いしていただ

いたことに感謝をして、末永いお付き合いをお願いしました。

私は昔は現場も見ていましたが、今では最初の打ち合わせや見積をするくらいで契約し

ていただくと、あとは現場監督と設計にお任せです。

現場監理と言っても人のすることですから、きっと失敗や行き違いがあったことと思います。

それで最後までお付き合いしていただいたことに感謝します。

こちらの施主さんは、最初から当社で打合せをしていたわけではありません。

他社さんでかなり話は進んでいたようですが、たまたま当社のモデルハウスの前を通りかかって

見学に来られました。

たぶん1年くらい前のことだと思います。

どこでどうなるかわからないものです。

当社の専務は「家」を施工させてもらうのは「ご縁」だと言います。

確かに、縁があれば自然と話は進みますが、なければどれだけ一生懸命打合せをしてもダメなもの

はダメです。

ただ、私は人を区別するわけではないですが、初回の打ち合わせで直感的に成約するかしないか、

これから話が進むか進まないかがなんとなくわかります。

私が思うくらいですから、きっと相手の方も感づいているでしょうね。

今はいろんな家があります。

情報もいい面も悪い面も含めて氾濫しています。

何が本当なのか、選ぶ側の人には本当のことはわかりません。

今もあるかもしれませんが、昔は気に入った営業マンがいるところで契約をしたという話をよく

聞きました。

家という商品も大事ですが、人と人の相性も大事ですね。

 

屯鶴峯(どんづるぼう)

2017.06.28

屯鶴峯(どんづるぼう) ご存知の方もいるかと思いますが、

香芝市にある奇岩群のことで凝灰岩が露出している岩山です。

ここに第二次世界大戦中に造られた複雑な防空壕があります。

使われる前に終戦を迎えたそうですが、蜘蛛の巣状にかなり広く

造られいるそうです。

IMG_20170628_102308.jpg

今度、「かぞくわり」という映画が製作されるのですが、この屯鶴峯

が映画の舞台になります。

当社はこの映画の協賛になっているのですが、ある相談を受けて現地に

行ってきました。

防空壕に行く入口は写真のように竹が生い茂った山道です。

IMG_20170628_101458.jpg

沢を渡って山道を登っていくと、防空壕の入り口が見えます。

IMG_20170628_101559.jpg

中はもちろん真っ暗で何も見えませんが、入ることができるそうで、

中には天井高さが3m近くあるところもあるらしく興味をひかれますが、

崩れてこないかと思うとちょっと怖いですね。

屯鶴峯 変わった名前ですが名前の由来は遠くから眺めると多くの鶴が

屯(たむろ)しているように見えることから屯鶴峯と名付けられたそうです。

完成の見学会 ありがとうございました

2017.06.26

IMG_20170625_164952.jpg

昨日は、完成の見学会を予約制でさせてもらいました。

大切な家を見学会に使わせくださった施主さんに感謝します。

見学会というとこの家づくりを始めた頃はどこの会社も当然のように

折り込みチラシを入れて不特定多数の人を集めていたと思います。

集客の多さを競うような風潮もありました。

しかし、数年すればそんな自由に完成の見学会に使わせてくれる施主

さんはいなくなるだろうと言われていました。

考えてみれば、完成したばかりの自分の家を見ず知らずの人に見られる

ことになります。

また、疑えばきりがないですが家の間取りが他の人に分かってしまいます。

「してほしくない」というのが正直なところでしょう。

IMG_20170625_165005.jpg

ブログにも載せてほしくないという方もおられます。

見学会もブログも工務店側の都合です。

「こんな仕事をしています」という宣伝に使っています。

しかし、工務店も何か知らせるものがないと困ってしまいます。

施主さんも実際に造った家を見てこそ初めてその会社の家づくり

がわかります。

おそらく施主さんも「自分も見せてもらったから」という理由で

公開してくれているのだろうと思います。

昨日は、雨模様にもかかわらずOBの方や商談中の方、以前モデルハウス

に来られた方などが参加していただきありがとうございました。

また、快く見学会に使わせてくださった施主様に御礼申し上げます。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ