社長ブログ

下地に使われる石膏ボード

2014.01.27

P1100389.JPGのサムネイル画像

  建築工事に使われる石膏ボードです

  写真は、コーヒーを入れたカップの上を普通の石膏ボード

  で塞ぎ、透明のカップ下向きに置いてます。

  しばらくすると、石膏ボードを貫通して蒸気で上のカップが

  白くなります。

  臭いを嗅いでみるとコーヒーの臭いがします。

  石膏ボードは単体では、湿気も臭いも化学物質も通過します。

  ところが仕上げにビニールクロスなどを使うとビニールですから、

  何も通過しなくなります。

     そこで、漆喰や布クロスなど通気性のあるもので仕上げると

  石膏ボード単体と結果になります。

  部屋の中の湿気や臭い、化学物質などは通過して外に出てくれた方が、

  室内の環境はよくなります。壁体内が断熱材で詰まっていても仕上げ材

  を変えることで、 石膏ボードの吸湿性も利用することができます。

  壁体内に湿気が侵入してもよい構造になっていれば(外に排出することができれば)

  室内の空気環境はさらによくなります。

  エアパス工法はこれに対応しています。

  ただし、石膏ボードはあくまでも耐火のための材料です。

会社をタクシーに例えると

2014.01.25

_DSC6481.JPG

先日、中小企業同友会の1月の例会でした。

経営指針について広島の方の講演がありました。

経営をタクシーに例えての話でした。

タクシーには運転手と後ろにお客さんが乗っています。

経営者は誰でしょうか。

後ろのお客さんです。

お客さんは、行先を告げないとタクシーは走れません。

運転手は社員です。さしずめタクシーは会社でしょうか。

「取り合えず出発してくれ」という経営者の方もいるでしょう。

「交差点があればその時どちらに行くか言うから」となります。

ただその場合、行き止まりになってしまうかもしれませんし、

運転する方も不安です。

行先が明確であって初めてタクシーは正常に走ってくれます。

といった内容の話でした。

わかりやすい話で、身につまされる部分もあります。

私も方向は言っていますが、明確な目的地は言えていない

と思います。

 

 

成人式に見る少子高齢化

2014.01.22

_MG_0112.JPG

成人式もほぼ終わったようです。

35年ほど前の自分の成人式を思い出しますが、当時の新成人は、

152万人と割と少なかったようです。(昭和43年の新成人は、236万人)

今年の新成人は、122万人と総人口に占める割合は、0.95%

だったそうです。まさに少子高齢化です。

近年の新成人の人口推移を見てみると平成6年の207万人をピークに

年々減少しています。この人たちがそのまま労働人口になるのですから、

負担が増えるのはあきらかです。当然生産量も減ることになると思いますが、

それをカバーする技術が開発されるかもしれません。

ひょっとすると、今までの反動で出生率が上がるかもしれません。

この先どうなるかはわかりませんが、みんなが昔のように普通に(適齢期に)結婚して、

普通に子供を作れば、時間はかかりますが本当の景気回復になると思います。

 

 

モデルハウスの庭

2014.01.20

P1100372.JPG

先日、モデルハウスの庭木の剪定に入ってもらいました。

年に1度毎年入ってもらいます。少し寒々しい感じがしますが、

スッキリします。本格的な日本庭園ではないので、松のように

手間のかかる木もないので、それほど時間はかかりません。

モデルハウスも築8年目を迎えたので、改めて全体を見回す

とそろそろ外壁も塗り替えの時期かもしれません。

お客さんお家をリフォームしている場合ではなさそうです。

板貼りの部分は、塗装の色が残っているようには見えますが、

ほとんど剥離しかけています。塗り替えで何とかなりそうです。

そういえば、ウッドデッキも塗装の必要がありそうでした。

家はメンテナンスが必要です。特に外部は。

 

薪ストーブ体験会

2014.01.19

20140119_133624.jpg

今日は、薪ストーブの体験会でした。

寒い中ご参加ありがとうございました。

単純に火が燃えているだけと思われてましたが、

発生する煙を2次燃焼しています。

20140119_150136.jpg

料理は焼き芋とピザでした。

20140119_153105.jpg

こちらは、薪割機ですが、7トンの力があるそうですが、

固そうな木も簡単に割れます。

今日は、特別寒かったですが、この時期は薪ストーブの火は

本当にありがたいです。

憩暖さんありがとうございました。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ