社長ブログ

縄張りから上棟へ

2013.12.12

P1100303.JPG

                    P1100304.JPG

京都の宇治市で上棟でした。

天気が少し心配でしたが、晴れ間も出てホッとしました。

地縄(地面に家の配置を縄で区画すること)を張った時は、ほとんどの場合

小さく見えるものですが、この家は少し大きいなと思ってましたが、案の定

建ちあがると施主さんも驚くほど大きかったようです。

いつものことですが、略式で上棟式をさせてもらいました。

完成が楽しみです。

エアパスに使う開閉式の換気口

2013.12.11

P1100298.JPG

基礎に取り付ける床下換気口です。

今は床下の換気には基礎パッキン(土台と基礎の間に隙間を造って換気する)を使うのが主流になってますが、

エアパスでは、このような開閉できる換気口を使います。寒くなれば閉じてもらい暑くなれば開けてもらうという単純なものです。寒くなると床下に冷たい空気が流れていると思うだけで寒く感じますが、閉じてあれば気分的にも違います。類似の商品で開閉できる床下の換気口があります。以前リフォームの現場で使ったことがあるのですが、寒いのが苦手で特に床が冷たいのが困るという方でしたので付させてもらいました。多少効果があったかもしれませんが、暖かくなったとき開くのを忘れないでくださいと伝えておきました。空気が通らないとシロアリの発生や腐朽の原因になりますから。

上棟式に用意する御幣

2013.12.10

P1100297.JPG

上棟用の御幣です。

上棟の後、屋根裏の棟木のくくりつけておくものです。

もとは、神にささげる供え物(幣束)の敬称らしいです。

御幣と言ってもいろんな形があってこれが正しいかどうかは

私もはっきりわかりません。人の見よう見まねで作ってます。

もとになる木は、5尺3寸 または5尺8寸がいいと教わりました。

8という数字が末広がりでいいからと。

そのほかについているものは、紙垂(しで)、扇、半紙、水引、麻紐(七色)です。

上棟式の日は御幣に向かってみんなで二礼二拍手一礼します。

事前に加工しておくことで現場の手間を減らす

2013.12.08

20131207_130703.jpg

宇治の家の手刻みもそろそろ終わりです。

写真は、垂木といって屋根の下地になる木です。

床でいうところの根太のようなものです。

高さは80ミリで断熱材の厚さに合わせてあります。

最近はこのような細かい部材(羽柄材)もプレカット

では加工されてはいってきますが、手刻みでもある

程度加工してから現場に搬入します。

垂木の加工となると屋根の上での作業になるので

この段階で加工しておくと作業が楽になるし現場で

の端材(廃材)を少なくできます。

住宅の性能を上げるリノベーション

2013.12.07

P1100295.JPG

リノベーションというとリフォームよりも大規模な改修工事とか

構造だけを残して用途や機能を変更して性能や価値を高めること

と言われますが、単純に中古物件+改修と言ってもいいかもしれません。

写真は中古物件を購入された住宅をリノベーションしているところです。

会社の経営的には新築工事がいいのですが、個人的にはリノベーションが

いいと思います。家も余っていますし、使えるものは使ったほうがいいです。

いま日本の空き家は全国で700万戸を超えています。

空き家率14パーセントです。にもかかわらずいまだに開発をかけて新しい

団地がどんどん造られています。

住宅を造る仕事をしながらもそんなに必要かと思ってしまいます。

中古住宅の流通を活性化していこうという動きはありますが、その住まいを

住み継いでいく人がいないと活性化は難しそうです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ