社長ブログ

依存症

2018.05.04

_DSC6465a.jpg

あるグループの一人が事件を起こしてちょっとした騒ぎになっています。

アルコール依存症だったのでしょか。

嘘か本当か知りませんが、事件当日は相当量のアルコールを摂取しています。

依存症といえば、アルコール、たばこ、ギャンブルなどがあります。

ギャンブルは私はしないのでどういうものか理解できませんが、ギャンブル

依存症の人はアルコールもたばこもやる人が多いそうです。

調べてみるとコーヒー依存症(カフェイン依存症)というのもあります。

「コーヒーを飲むと落ち着く・・・」

これはカフェイン依存症化も・・

依存症になるとコーヒーを飲むことで得られる心地よい感覚はカフェインの禁断

症状を一時的に和らげている状態にすぎないらしいです。

私もコーヒーはよく飲みますが、このような感覚はないです。

ただ、気分転換や眠気覚ましにと思って飲んでいるだけですが、依存症ではないと

も言い切れません。

また、コーヒーを飲んだからといって眠れないということもありません。

しかし、朝8時のコーヒーを飲むと夜8時になっても25%のカフェインは体内に残って

いるそうです。

結構長く残るものですね。

カフェイン含有量が最も多いのは紅茶ですが、タンニンがカフェインと結びつくので

効果は和らぎます。

一方、コーヒーを飲むと前立腺がんなど腫瘍になるリスクがかなり減るというデータ

もあります。

また、運動能力を増強する薬ともいわれます。

何事もほどほどがいいようです。

私は胃潰瘍の傾向があるのですが、お医者さんに訊いたところアルコールよりコーヒーの

ほうが悪いそうです。

それを聞いてからコーヒーはなるべく控えるようにしています。

春眠暁を覚えず

2018.05.03

_DSC6522a.jpg

「春眠暁を覚えず」といいます。

この部分は誰でも知っていますが、処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少

と続きます。

春の眠りはとても心地よく、夜が明けたのも気づかず不覚にも目が覚めなかった。

といった意味でよく使われますが、

春になると夜が明けるのが早くなり、冬と同じ時刻におきてもすでに明るくなって

いて寝坊したのではない という解釈もあります。

人間はなぜ睡眠が必要かというと

「体のエネルギー消費の節約」と「脳内情報の整理」といわれます。

脳は全体のエネルギーの4分の1を消費しているといわれ、睡眠中に記憶の保存と消去

しているとされています。

ついつい眠くなる時期ですが、ナポレオンのように睡眠時間が3時間だったという人も

います。

「ショートスリーパー」というそうで、まとめてとる睡眠時間は短く、短い睡眠をこまめ

にとる人のことです。そういえばナポレオンは居眠りの名人ともいわれています。

朝、目が覚めてもつい2度寝したくなる時期ですが、せっかくのゴールデンウィークです

から頑張って起きましょう。

私はずっと仕事ですが、ゴールデンウィークが終わったら休ませてもらいます。

新しい元号

2018.04.30

_DSC5272.jpg

2019年5月1日から新しい元号になります。

「平成」もあと1年です。

次は何になるのでしょうか。

このゴールデンウィークにほぼ決まって7月か8月ころ発表

になるのでしょうか。

最初の元号は7世紀の「大化」で「平成」は247番目です。

情報のグローバル化のせいか「元号」の意味は薄れてきてい

るともいわれます。

また、昭和、平成と変わったことで生年月日を言われても

さっと年齢が浮かばないこともあります。

そういえば、最近の若い人は生年月日を西暦で答える人が

増えているようです。

元号は不吉な出来事や自然災害が起きると天皇自らが改元

することもありました。

天皇一代に一つの元号を使う「一世一元の制」になったのは

明治以降のことです。

人口の移り変わり

2018.04.26

_DSC5246.jpg

1872年から「人口統計」が始まっています。

この年に人口が一番多かったのは広島県で、2位が山口県でした。

そして今の鳥取県を含めた島根県が東京府より人口は多かったと

いう時代がありました。

150年前のことです。

現在の人口1位はもちろん東京都、そして47位は鳥取県で約24倍の

差があります。

今では東京一極集中ですが、昔は地方に応じた産業が活発で地方が元気

な時代がありました。

広島は、瀬戸内海航路沿いの拠点として活発でした。

広島の次は、新潟県が1位になります。

稲作に適した気候と「北前船」の拠点というのが理由です。

コメを育てるのに適した環境の日本海側に人口が集中していました。

その後、太平洋側に工業化が進み「出稼ぎ」で人口が太平洋側に流れ

ました。

農家の次男や三男が東京や大阪に流出して工場労働者や商人、職人、店員

などになりました。

持ち前の粘り強さがあったのか東京、大阪の銭湯の初代経営者は石川、富山、

新潟の三県の出身者が約8割です。

一時期、日本の企業の社長は福井県出身が多いということもありました。

1925年の国勢調査では大阪市が東京市を超えていました。

対して、人口の最下位は長らく北海道でしたが多くの移民が入り込むことで

1945年には1位になっています。

しかし、それ以降は東京都がずっと1位です。

一極集中はいろんな面で効率がよく生産性の向上にもつながりますが、出生率

のさらなる低下が危惧されています。

しかし、地方に応じた産業が活発になればどこでも人口は増える(回復する)

可能性はあります。

理想のキッチン

2018.04.23

N75_2043a.jpg

あるアンケートによると

キッチンにあったらいいと思う設備ランキング

1位が食器洗い乾燥機

2位が両面焼きグリル

3位が浄水器

だそうです。

確かにこの辺りはよく採用されます。

今使っているキッチンの不満な点

1位、作業スペース、シンクが狭い

2位、収納が少ない

3位、ごみ置き場に困る

当社ではキッチンやバスユニットは自由に選んでもらうので

お客様によってはいろんなメーカーのショールームを

検討して回る人もいますが、意外とこの辺りは使ってみないと

わからないところなのかもしれません。

特に、ごみ置き場に困るという点は盲点かもしれません。

理想のレイアウトはやはり対面キッチンが大半です。

私はキッチンに立つことはまずありません。

せいぜい、たまに食器を洗う程度です。

(家内に言わせると「めったにない」ですが)

なのでこの辺りの打ち合わせは女性スタッフに任せています。

キッチン周りは女性の方が一番こだわりを持つところです。

ショールームに行くとやっぱりいいもの、目新しいものに

目が行きがちです。説明についてくれるショールームのスタッフも

いいところを一生懸命説明します。

自分の使い勝手に合うものを選ぶのも家づくりの楽しさですが、

たくさん見すぎて完成してから、「なぜこれを選んだのかわからない

(思い出せない)」といったこともあるようです。

家づくりとなると決めなければならないことがたくさんでそこばかり

考えていられません。

こだわりを絞って考えることも必要です。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ