社長ブログ

地鎮祭

2014.02.28

20140228_102117.jpg

今日は、地鎮祭でした。

前日の雨も上がって晴天に恵まれいい日和でした。

雨降って地固まるで縁起もいいです。

お施主さんとはこれから半年ほど付き合っていただくことになります。

いろいろと心配なこともあるでしょうが、後は任せていただくしかありません。

次の工程は、地盤の調査となります。

地盤の改良があるか無いかでは、工事の費用も変わってきますから、

最初に気にかかるところです。

私もないに越したことはないとは思いますが、こればかりは調査の結果を

待つしかありません。

申請の業務(長期優良住宅)に時間がかかるので、現場で工事が始まるまで

1か月以上かかるのでこの間を不安に感じるお客様がおられます。

契約しているのに何も目に見えて進まないからですが、進行状況はこまめに

お伝えするようにします。

古材倉庫グループ

2014.02.27

20140225_132521.jpg

2月25日・26日は古材倉庫グループの全国大会でした。

全国の都道府県の古民家再生協会代表理事をはじめ、

各界の会員さんが集まっての会議でした。

利益第2主義の団体で現存する古民家(築50年以上の建物)

を有効に利用していこうという考えの下に集まった人たちです。

今回の会では、各協会が扱える診断や工法についての説明会がありました。

・伝統防除技士 薬剤を使わないシロアリ対策

・解体資材活用支援 やむを得ず解体となった場合の古材の買い取り制度の見直し

・古民家特区 現存する古民家の活用のための建築基準法の適用除外

・耐震診断 古民家の耐震診断「動的耐震診断」

・古民家の活用 古民家の鑑定を前提にネットによる公募の充実化

・古民家を災害から守る地盤の診断機構

などです。今回は古民家特区についてが一番皆さんの興味を引いたようです。

これからどんな活動が始まるか楽しみです。

DCIM1042.JPG

こちらの写真は、古材の丸太を使った家が完成しました。

3月2日(日)に吉野の川上の材PR運営委員会の共催で

完成見学会をさせてもらいます。

古材の丸太や木製のデッキ・バルコニーそれから格天井・階段収納など

面白いものがたくさんあります。興味のある人はご参加ください。

バイクの車検

2014.02.24

20140224_134139.jpg

BMWの店です。車ではなくバイクの店です。

購入して、はや3年が経過し車検に出しに来ています。

バイクというと興味のある人ない人極端に分かれます。

最近若い人はあまり乗らないそうで、店の人も購入するのはほとんど

年輩のリターンライダーだそうです。(私もその中の一人)

店が京都なので、ツーリングがてら半日休みを取って行ってきました。

寒いのによく乗るなと思われそうですが、カウルとヒーター(グリップとシート)

のおかげで冬でも意外と平気です。

国産にもいいバイクはたくさんあると思いますが、年齢のせいかどうしても

BMWとかハーレーに興味がいってしまいます。

しかし実際、日本国内で乗るには国産のほうがいいだろうという点は多々あります。

BMWなどは、やはりドイツ製で高速を飛ばして遠くへ行くことにかけてはすごくよくできていますが、

渋滞は苦手です。どうしてもスピードが出てしまいます。(ゆっくり走れない)

ハーレーも乗ってみたいですが、それは贅沢です。

魔法の比率? 78:22

2014.02.23

DSC_1062a.jpg

魔法の比率?というのをご存知ですか。

私は初めて知ったのですが、

地球の水と陸との比率およそ78:22

空気の構成比率窒素78 酸素その他22

人体の構成 水分78 物質22

コカコーラの便の縦横の比率78:22(これはどうでもいいか)

マンションの住居部分とその他の比率ほとんど78:22

人間の肺呼吸と皮膚呼吸の比率78:22

正方形に内接する線を書くと円と円買いの4隅の比率は78:22

だそうです。

不思議ですが、これは地球や生命が誕生するときに自然とそうなったのでしょうか。

屋根の葺き替え

2014.02.21

P1100562.JPG

こちらは、瓦屋根から暖ルーフ(断熱材を挟んだガルバリウム鋼板)

に葺き替えます。既存の瓦と土を撤去した後、通気用の野縁を

打ち付けているところです。この上に新たに野地板を打ち付けて

屋根材を葺きます。

屋根の軽量化と断熱のためです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ