社長ブログ

地盤防災士の講習会

2014.11.08

地盤防災士と言っても何のことかわからい人もいると思います。

ここ最近、各地で多発する自然災害に対して自分や家族、しいては

地域を守るための対策方法を身に着けるための講習です。

 

2日間の講習ですが、本日は「災害図上訓練」という作業を行いました。

災害が発生したときに避難所として学校施設を利用したときの利用計画を

建てるものです。

20141108_101911.jpg

私は初めての経験でしたが、すでに一部の自治体では、実際に行われてい

るらしく経験者の方もいました。

グランド、校舎、体育館の各部に「立ち入り禁止区域」 「本部室」 「医務室」

「仮設トイレ」などを設置する計画を立てる作業でした。

 

阪神の震災や東北の震災で避難所の映像は何度も見たことはありますが、

実際、経験した人でないとわからない苦労とストレスの連続なのでしょうね。

できれば大きな災害のないように願いたいものです。

 

片流れの家

2014.11.06

20141106_142625.jpg

今新築中の家です。

この家は、屋根を片流れにしているのでエアパスの換気口は、

いつもの越屋根ではなく棟違いの段差部分に設けています。

20141106_142721.jpg

野地板も半分程度貼り終わりました。

しばらくいい天気が続くことを祈ります。

この家は、今月末に構造の見学会をさせてもらう予定です。

エアパスの換気口

2014.11.04

20141103_105025.jpg

朝晩、めっきり冷え込むようになりました。

私がどちらかというと寒がりなので特にそう思うのかもしれません。

エアパスの家にお住まいの方は、そろそろ換気口を閉めてもらった

方がいいと思います。

もうすでに閉めておられる方もいると思いますが、念のために

お知らせしておきます。

エアパスの換気口の開閉は、その都度お伝えしているつもりですが、

こちらの説明不足で伝わっていないこともあるようです。

真夏にお伺いすると、換気口が閉じたままで生活されていることが

時々あります。

逆に冬になっても開いたままということもあります。

もう一度確認をお願いします。

それともう一点、冬でも天気の良い時は、週に一回または月に一回

でもいいですから、屋根の換気口を数時間でもいいので開けてください。

壁や屋根の空気を閉じ込めたままの状態になるので、部屋を喚起する

のと同じ感覚で対応をお願いします。

20141103_104951.jpg

モデルハウスの基礎の換気口はまだ閉じてませんが、

こちらも閉じてもらった方がいいです。

 

 

ドッグランに行ってきました。

2014.11.02

20141102_102030.jpg

生駒郡斑鳩町三井にあるドッグラン「まほろばの丘」

に行ってきました。

こちらの経営者と同級生ということで仕事もさせていただいたので、

我が家の犬も入会させてもらいました。

会社の近所の方にいただいたただの雑種で、ドッグランに連れて行く

には少し恥ずかしいくらいの犬です。

不特定の犬と接触することになるので、ワクチン接種を受けてからの

入場になります。

山を利用して作ってあるので、犬にとっては楽しそうな場所です。

うちの犬もこんなに走れるのかというくらい走り回ってました。

考えてみればこれが本来の姿でしょうね。

いつも鎖につながれて散歩も鎖では、犬も楽しくないでしょう。

時々連れてきてやります。

お客様満足度の向上

2014.11.01

20141101_102004.jpg

今日は、協力業者会のCS研修をさせてもらいました。

CS お客様満足度の向上のためです。

いまさらと思う方もいると思います。

以前ハウスメーカーの仕事をしていた時は、当たり前のごとく

会議でいわれ続けてきたことです。

会議では、回収されたアンケートを基に各業者の対応を

問われます。

非常に満足と言われて当然、まあ満足となると何が原因かを

問われます。

メーカーの仕事を離れて少しこの意識がい薄れてきているのを感じ

もう一度初心に帰って取り組んでいきます。

過去10年間のお客様 不満の上位は

・人柄態度 職人のマナーが悪い

・説明 質問に対しての対応が悪い

・整理整頓 現場の整理が雑

・近隣配慮 近隣からの苦情

・保護養生 資材の養生不足

だそうです。

言われてみればどれも心当たりがあります。

言われて当たり前という覚えもあります。

自分を含め社員も現場に従事する職人さんも意識して行動してもらいます。

今日の研修を受けて職人さん全員に 今まで自分の行動や対応が間違っていた

と思われることを一つでいいから発表してもらいました。

急によくなるものではありませんが、一つづつ改善していきます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ