社長ブログ

エコ住宅とはどんな住宅

2013.09.17

CIMG3394.JPG

「エコ住宅」 よくこの言葉を聞きますが、

エコ住宅というのはどんな住宅でしょうか。

ランニングコストが安く済む

建物自体が長持ちする

住む人が健康に住める。

イニシャルコストの少ない住宅

流行の節電設備が付いた住宅

夏快適に暮らせる家

冬快適に暮らせる家

皆さんは、何を一番重視しますか。

余談ですが、

かの吉田兼好さんは夏を旨とすべしと言いましたが、

今の住宅はどちらかと言えば冬重視のようです。

実際冷房に使うエネルギーは家庭で使う全エネルギーの

2%そこそこらしいです。意外とランニングコストは低いです。

しかし、冷房のせいで外気温が高くなっていることは事実です。

 

 

 

 

換気口から雨水の侵入

2013.09.16

CIMG0881.JPG

今回の台風は、予想以上に各地で大きな被害が出ています。

台風など、強い風を伴う雨は意外な方向から建物に雨がかかります。

こんな時は雨水も普段は流れないような方向に流れ込みますから、

意外なところで雨もりが発生することがあります。

時々あるのが、写真のように壁面に屋根裏の換気のためについている

換気口からの雨の侵入です。

今朝も一軒のお客様からどうもここから雨が侵入したようだと連絡がありました。

塞いでしまうこともできないので、ガラリのようなもので対処するしかなさそうです。

 

 

冬の準備 薪ストーブの燃料

2013.09.15

DSCF0273.JPG

朝晩はずいぶん過ごしやすくなりました。

あの熱帯夜がウソのようです。

今日は、以前に薪ストーブを設置された方が

冬の準備に薪を取りに来られました。

「暖かいし、火を見ているだけでも落ち着く」

とおっしゃってました。

当社では、手刻みの端材や、現場で出た残材(木切れ)

を倉庫に在庫しています。輸入材や新建材は使わないので、

薪ストーブにも大丈夫です。クヌギなどの広葉樹が一番適してますが、

着火時などに便利ですし、大きめの材なら結構、火が長持ちします。

今朝、連絡をいただいて「たくさんありますよ。」と言いかけて、

倉庫を覗いてみるとすでにどなたかが取りに来られたようで、

あまり残ってませんでした。

この調子だと、自宅の分も早めに確保しておかないとまた購入することになりそうです。

 

リフォームで屋根裏を使う

2013.09.14

P1090668.JPG

リフォームの現場で、解体が半分ほど済んだところです。

こちらは2階の天井を解体したところです。

息子さんの部屋になりますが、ここにロフトが欲しいということです。

どうやって有効な空間を造ろうか悩みどころです。

出来上がりを楽しみにしてください。

たくさんある経営の本

2013.09.13

20130913_114047.jpg

この歳になって、いろいろ読んでます。

10年遅いと言われそうですが、思いついた時が一番早い

ですから、今からでもコツコツ勉強するしかないです。

しかし、何事もいかに実践するかですね。

いくらたくさんの知識を詰め込んでも生かせないことにはどうにもなりません。

それから、いろいろ読んでみて思うのは、やはり日本の作家さんのが読みやすいです。

これは一般の小説にも言えます。また、最近は経営そのものよりも人の使い方・考え方

といったソフト面を解説した本が多いですね。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ