社長ブログ

平均寿命と健康寿命

2018.04.14

_DSC6467a.jpg

日本人の平成22年での「健康寿命」は

男性70.42歳、女性73.62歳とされています。

「平均寿命」が男性79.64歳、女性86.39歳であることを考えると

男性は約9年間、女性は約13年間何らかのサポートがなければ

日常生活を不自由な状態で暮らすことになります。

男性でしたら、65歳で定年退職しても元気に趣味を楽しめるのは

5年ほどしか残されていないことになります。

日本人の平均寿命の長さは世界でも有数ですが、肝心なのはやっ

ぱり健康寿命です。

そこで健康寿命を延ばすために気を付けなければならないのが、

「冬の寒さ」なのだそうです。

死亡率を見ると季節変動は明らかで冬場に最も高くなります。

この冬に死亡率が高くなるという傾向は昔からあったわけでは

なく、日本がまだ発展途上にあった明治時代半ばまでは死亡率が

高いのは夏の暑い時期でした。

「家の作りようは夏を旨とすべし」ではないですが、このころ

までは夏に死亡率が高かったそうです。

それが徐々に冬に亡くなる人が増えてきて高度成長期には逆転

しています。

これはほぼすべての先進国で似たような現象がみられるそうで、

新鮮な食事を調達することができなかったのが原因ではないか

といわれています。

11月から2月のかけて亡くなる人が増加するのですが、溺死、

転倒、窒息、などの家庭内事故が夏場に比べてはっきり高く

なっています。

特別に寒さが厳しい国では季節ごとの変動はさほどありません。

家庭内事故の死亡者は交通事故よりも多いといわれます。

(2倍から4倍というデータがあります)

寒さを防ぐだけなら厚着をすればいいとも思いますが、冷気を

吸い込むことで肺が冷えて免疫力が低下するとも言われます。

やっぱり居住空間の温度を上げるしかないようです。

省エネ基準の適合義務化

2018.04.12

陽春の候といいますが、ずいぶん暖かくなりました。

しかし、思い返すと今年の冬は寒かったですね。

当社の職人さんもみんなそう言ってました。

気候が良くなると家の断熱のことはあまり気にならなくなるものですが、

これからまた、夏が到来します。

住宅業界では、2020年には省エネ基準適合義務化が施行される予定です。

2.JPG

この断熱性能は今回初めて義務化されるので現状では適合していない家も

あるということです。

建築士会連合会の調査では

「省エネ基準を熟知している」が15%

「省エネ計算に対応できる」が50%

「住宅の基準義務化に対応できる」が28%

と低い数値になっています。

小さな工務店では「設計を外部に委託するところが多く、設計をする工務店

でも省エネ計算の経験がないものが大半」で「省エネ基準に適合する住宅を

設計・施工できる工務店は3割程度」という指摘もあります。

IMG_20180412_201547.png

これは「建築主のほうに省エネ性能の必要性が十分浸透していない」からと

いう理由もあります。

若い世代に比べて中高年のほうが断熱化のメリットを意識しにくいようで

「費用対効果が低い」と思われているからです。

日本では部屋にいるときだけその部屋だけを暖房することが多いです。

昔からの習慣です。

一方、欧米では終日全館暖房が主流です。

当然、世帯当たりの年間エネルギー消費量は現状では欧米の半分から3分の2

程度です。

これでは光熱費の節約にはなりません。

全館暖房のメリットは確かにたくさんあります。

ヒートショックなどはありません。

IMG_20170730_105545.jpg

しかし、間欠暖房でも経済的でいいのではという思いもあります。

日本人特有の「もったいない」という意識です。

しかし、終日全館暖房をするかどうかは別にして住宅の断熱性が上がるのは

いいことです。

住宅の価格は若干上がることになるかもしれませんが、この方向に進むことは

間違いないです。

そうなると地域によっては昔のような外壁真壁(外部に柱が見えている家)は

施工できなくなるところも出てくることでしょう。

関西という地域は中途半端な地域です。

北海道や東北ほど寒くなく、九州の南部ほど熱くない、それだけに断熱性能も

普通でいいと考えられるところです。

そしてヒートショックの被害にあう人が多いのも関西から西の地域の人です。

左官の日

2018.04.10

DSC_0825.jpg

昨日は、4月9日 「左官の日」でした。

四(し)九(く)でしっくいの語呂合わせです。

日本左官業組合連合会が制定しました。

DSC_0826.jpg

日本で最も古く漆喰が使われていたと確認できるのは

縄文時代で耐火性に優れているので戦国時代も重宝さ

れました。

最近では体に優しい自然素材として住宅にもたくさん

使われています。

昔ながらのように「ふのり」を焚いてということは

めったにないですが、調合された製品がたくさん出てい

ます。

汚れを気にする人もいますが、平滑に仕上げるので埃も

付きにくく、コーヒーのシミなどは漂白剤で何とかなります。

石膏ボード下地に薄塗仕上げが主流ですが、吸湿性には優れ

ています。

欅のカウンター

2018.04.07

IMG_20180407_165759.png

お付き合いしている建材屋さんの展示会に行ってきました。

特別何かを購入するつもりではなかったのですが、リフォーム

に使えそうなカウンターが置いてあったので購入しました。

欅のカウンターです。

ほかにもいいのがあったのですが、すでに売約済みでした。

このようなカウンターは人気があるようです。

杉やヒノキといった針葉樹に比べて広葉樹は固いので

カウンターには適しています。

蜜蝋でも塗ってあげればいい色になると思います。

会社の存続

2018.04.06

IMG_20180401_082849.jpg

会社を存続させるのは簡単ではありません。

どんな人が経営者に向くのかというと、よく言われるのは

「自分に強い人」です。

経営をしているといろんな失敗があります。

もちろんサラリーマンであってもそうですが、失敗のたびに

自信を失っていては経営を続けていくことはできません。

時代の変化もありますが、「昔の経営者」と「今の経営者」で

は違いがあると思います。

昔の経営者には、事業による社会への貢献や日本の発展といった

高尚な発言が多いです。

確かに企業はそうでないと発展しないというのはわかります。

しかし、今の経営者には売り上げや利益といった発言が多いのも

確かです。

「昔はよかった」などというと笑われますが、昔は高度成長期でした

が、今は低成長期です。

どこかゆとりがないです。

「どうやって他社との違いを出すか」が会社を存続させる道になります。

しかし、あるものが売れるとなると同業者が一斉にその分野に入り込ん

できます。

そしてあっという間に過当競争になります。

他社が真似のできないものが必要になります。

ある分野で成功する人は全く畑違いの人が多いです。

業界にどっぷりとつかっていると見えるものも見えなくなっているのかも

しれません。

意外とすぐ身近に「ブルーオーシャン」といわれる市場があるのかもしれ

ません。

どんな経営者も日々それを模索しながら経営しているのかもしれません。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ