社長ブログ

「地名」は警告する

2018.07.31

N75_2507a.jpg

「地名」は警告する という記事が掲載されていました。

大規模な開発に伴って古くからある地名が消されていわゆる

キラキラ地名が生まれています。

しかし、被災地には水害や土砂崩れがの発生を示唆する地名

がいくつも残されているということです。

広島の土石流が起きた地域は「蛇落地」

昔は土砂崩れを「蛇崩れ」「蛇落」といったそうで、今では

音読みがよく似た「上楽地」という字名があります。

現在の地名でも「川」「池」「水」という字がつくところは

水害にあう可能性があるといわれますが、上記のように音読み

で聞こえのいい呼び名に代わっている地域もあります。

「この地名は危ない」と解説する本が何冊も出されたそうですが、

全て起きた後のことですから、こじつけと思われても仕方のない

ことかもしれません。

一方、東京のバス停の名前から地盤の状態を調べると河川や沖積

低地の地質図と一致するというデータもあります。

先般の大雨で雨量の割に被害が少なかったのが高知県です。

ここは今までも水害に合っていたため河川などもよく整備されて

いた上に住民の災害意識が高かったためといわれます。

先般の大雨、今回の今までにない進路をたどる台風と異常な気象が

続きます。

深夜に携帯の緊急警報が何度もなり、「そこまで警戒しなければなら

ないのか」と正直思ってしまいますが、「今まで大丈夫だったから」

という気持ちが災いすることも多々あります。

地名の由来がよくないからといって引っ越すこともできません。

「起きるかもしれない」という準備はどこにいても必要です。

シーリングファンと昔の梁

2018.07.29

IMG_1090.JPG

先日、工事が完了した古民家のLDKです。

天井でシーリングファンが回っています。

このシーリングファンは空気を循環させるためのものです。

暑いときは、下向きに風を送ります。

「それくらいで」と思われますが、割と効果があります。

冬は反対に天井に向けて風を送ります。

温まった空気が壁伝いに降りてきます。

直接風を受けないので寒さを感じにくくなります。

写真には昔の梁に、丸い金属の輪がついています。

昔、ここに竈があってその煙突を支えていたものです。

夏といえば怪談話ですが、ある「子供向けの怖い話」の絵本で天井

にある丸太の梁から誰かが下をのぞき込んでいる絵がありました。

たしかに寝室などに表しの大きな丸太があると誰かがそこから見下ろして

そうな気になるかもしれません。

小さなお子さんにとっては少し怖いかもしれませんね。

断熱の今と昔

2018.07.26

DSC_1227a.jpg

昔の日本の住まいづくりは高温多湿な夏から人と家を守る

ことに重点が置かれていました。

太陽の熱を遮るために藁葺きや萱葺きの屋根が発達し、太陽

の熱を室内に入れないように葦簀やすだれが利用されました。

また庭には南面や西面に落葉樹を植えて夏は日射を防ぎ、冬

は熱を利用するようにしました。

家の中には通り土間のように風の道をつくり、開口部も目いっ

ぱい作られています。

外壁も土壁や板張りにして熱を遮断するように造られていました。

和室の間にある欄間も空気の流れを確保するものです。

一方、冬は囲炉裏や火鉢で人がいるところだけを温める採暖とい

う方法がとられていました。

日本の住まいづくりは欧米のように自然から身を守るシェルター

のようなものではなく、自然と共生しているのが特徴でした。

しかし、この伝統的な日本の住まいづくりは建築基準法を境に大

きく変わることになります。

不燃材料や防火構造により断熱性や通気性を失うことになります。

そして省エネ法が制定され、断熱化が進みます。

そこへ、アルミサッシやビニールクロスの普及により結露対策が

ないままに断熱化したことで「ナミダタケ事件」などの結露被害が

問題になりました。

その後、改良が繰り返されて現在に至っています。

DSC_0196.JPG

今の高気密・高断熱の家は冬の寒さ対策に重点を置かれているため、

夏の涼しさだけを取り上げると古民家といわれる家の方が優れています。

この時期だからこそ思うことで、寒くなれば寒くなったでやっぱり暖かい

家がいいとなります。

「夏のこの時期の高層マンションは下層階のほうが上層階より夜になっても

温度が高く、1戸建ての木造住宅はマンションの高層階より温度が低い」そう

です。

マンションの場合、高層階のほうが屋上に近くて暑くなりそうですが、地表面

の温度の影響を受けるからでしょうか。

木造住宅のほうが涼しいというのは、コンクリートか木造かという構造材の

蓄熱量の違いでしょうね。

カナダから見た日本の魅力

2018.07.25

今、カナダに行っている人からのメールですが、

「カナダ人が日本に行きたい理由」

・日本料理を学びたい 男女にかかわらずそういうそうです。

確かに日本料理はカナダに限らず世界でも人気があります。

健康食でありながら、盛り付けがきれいです。

・着物を着たい

憧れなんでしょうか。確かに外国の映画を見ていても「日本人」

を表現するのに着物を着た人が出てくることが多いですが、実際

の日本人は着物はめったに着ませんね。

・書道を描きたい(書くのではないそうです)

日本の漢字に人気があります。

テレビで見たのですが、あの複雑な漢字をデザインとしてとらえる

のか入れ墨にする人がいるようです。

「台所」「読書感想文」という入れ墨をしたいかつい男性が出てい

ました。

線の並びや跳ねといった漢字独特のスタイルがお気に入りのようでした。

・「禅」を勉強したい

ビルゲイツの「禅から学んだ」の影響が大きいようです。

私も会社の協力会で協力業者さんを集めて一緒に経験したことがあります

が、定期的に続けないと効果はないかもしれません。

・お茶、お花などの日本文化を体験したい

形だけでいいんでしょうね。

外国から見ると日本は魅力にあふれています。

IMG_20180725_191849.jpg

今日の夕日は特別に赤かったのでカメラに収めました。

7/28のブラッドムーンの影響でしょうか。

空気中の埃などの影響で波長の短い青い光は散乱されますが、

波長の長い赤い光は通過することができるのでこのように見える

そうですが、不吉に感じる人もいるようです。

阪神の震災の時がそうだったからでしょうか。

日本のプール

2018.07.22

暑い日が続きますが、夏といえばプールです。

私は今もスイミングに通っていて、2年ほど続いていますがここ

数日はプールの水まで生暖かく感じます。

プールといえばほとんどの小学校・中学校には設置されています。

最近では子供さんの数も少なくなり、施設の老朽化や維持管理に

多額の費用が掛かることが理由で自治体のプールを利用するとこ

ろもあるそうです。

その方が、経費節減になり安全管理、水泳の指導といった面でも

メリットが大きいのだとか。

昨日、テレビで放映してましたが小学校や中学校にこれだけプール

が設置してある国は少ないそうですね。

アメリカ、カナダ、中国などでもほとんどプールはないそうです。

プールといえば夏休みのプール開きはいつも楽しみにしていました。

奈良はほかに泳ぐところはありませんから。

どうして日本にはこれだけプールが設置してあるかというと「紫雲丸」

という船が衝突沈没事故を起こして児童がたくさん亡くなったことか

ら子供たちが一人でも自力で助かるように文部省の指導によりプールが

学校に設置されるようになったそうです。

島国ゆえかもしれません。

中国でも数年前に客船が沈没して被害者がたくさん出たことから水泳の

指導が重視されるようになったとか。(プールの設置率は1%だとか)

2018-07-22-08-56-27.jpg

事務所の玄関に葦簀を立てかけました。

朝から強い日差しが差し込むので立てかけてみましたが、これがなかなか

効果があります。

ここ数日、夜も寝苦しいですが皆さんはエアコンをかけたままで就寝され

ていますか。

自宅の周りが田んぼということもあって私はめったにエアコンをかけません。

というかまだこの夏エアコンを使っていません。

以前我慢できずにエアコンをかけて寝たところ翌日体調が悪く、朝から汗が

ダラダラになったので寝るときは使わないようにしています。

しかし、さすがにここ数日は厳しいですね。

今夜あたりは付けてみようかと思っています。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ