社長ブログ

本当の木

2013.10.08

0721 056.jpg

化粧(屋内で見えてくる材木)梁をカンナで仕上げています。

こんな仕事をしているのは、業界でもあまり見なくなりました。

効率優先で工場で仕上がったものが現場に届くことが多いですし、

材料も集成材がほとんどです。知らない人はこれがホントの木

だと思ってしまいそうです。そんなことはないにしても、先日

天然乾燥の材料と機械乾燥の材料の両方を扱っている材木屋さんが、

機械乾燥にかけた少し焦げたようなにおい(よく言うと香ばしい)臭いが

ホントの木の臭い(香り)だと思っている人がいたそうです。

どんなことでも、数が増えるとそれが正しい捉えられるのかもしれません。

ならまち散策

2013.10.06

20131005_140043.jpg

            

                          20131005_153730.jpg

昨日10月5日(土)は秋のグリーン建築の地区会員大会でした。

古民家の鑑定に際して、地盤の診断や、防虫対策を一緒にして

いこうという試みです。

古民家を災害から守る地盤診断機構の田中代表

と伝統建築防腐防虫対策協会の永嶺氏の講演がありました。

滋賀県、京都府、兵庫県、大阪府の地区大会でしたので、

せっかくなのでならまちを散策してもらいました。

写真は、元興寺 日本最古の瓦だそうです。しかも現役です。

1400年ほど前のものということです。

屋根裏の空間を利用するロフト

2013.10.04

P1090788.JPG

リフォームの現場です。

2階の天井裏というのは利用できる空間があります。

今回はそこにロフトを造ることになりました。

解体工事が完了して、ロフトも構造材が組み込まれたところです。

丸太の構造材だけ表しにしようということで決まりました。

少し邪魔な感じもしますが、変化があっていいということで

施主さんに納得していただきました。丸太の梁は塗装するか

そのまま磨いて仕上げるかはこれから決めていただきます。

 

失くしたものを数えるな

2013.10.03

今日は、お世話になっている税理士法人「あおば」さんの

第50回記念セミナーに参加させていただきました。

そのセミナーの中で、春山満氏の講演がありました。

ご存知の方もいると思いますが、筋ジストロフィーという病で

首から下の自由が効かない方でありながら経営者でもあります。

その特殊な環境にある方の人生観というか生き方は、普通の経営者

には想像もつかない世界のように感じました。

その方の「失くしたものを数えるな」という言葉は、さすがに重みがありました。

講演の最後に言われた言葉が「ロマンとソロバン」でした。

ロマン 夢は大切ですが、緻密な考えも必要ということでしょうか。

 

大神神社に参拝

2013.10.02

20131001_144243.jpg

三輪神社です。昨日は一日参りに行って来ました。

毎月一日というわけではないですが、毎月お参りしてます。

午後からでしたので、意外と参拝者は少なかったです。

普通は、お参りすると単純に願い事をしてしまいますが、

今度、伊勢神宮の特別参拝に行くのですがそちらの

マナー項目にこんなことが書いてありました。

「住所・生年月日・氏名を唱え自分がどこのだれかを神様に伝える」

「お参りできたことに感謝の気持ちを伝える」

「頑張っていることや、目標にしていることに全力で取り組んでいくことを決意表明する」

だそうです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ