社長ブログ

屋根の下地には杉板と透湿ルーフィング

2013.08.21

CIMG0011.JPG

                     CIMG0008.JPG

                                        CIMG0015.JPG

 この時期の屋根の作業は大変です。

写真は、屋根の下地・ルーフィング・完了までを並べたものです。

屋根の上でやっていることなので、わかりにくいところです。

野地板と言って屋根の下地になる板ですが、コンパネではなく

杉の板を使ってます。また特殊な工法なので空気層を取っています。

次はルーフィング(防水紙)ですが、透湿性のある遮熱シートを使ってます。

このシートは、透湿性があるのとないのとでは、屋根の寿命に結構影響します。

湿気がたまりやすいので、改修などをしに行くと雨漏れがしたような状態になって

いることがあります。また、仕上げにガルバの鋼板を使うことが多いので暑さ対策で

遮熱のタイプを使ってます。仕上げのガルバですが、葺き方によって横に葺く方法

もあります。完成すれば下からはほとんど見えませんが。

 もう一つある小さな屋根は、夏屋根裏にこもる熱気を抜くためのもので、

古民家にある、煙返し(昔の排煙装置)ではありません。 

 

 

玄関先の格子

2013.08.20

20130820_132627.jpg

 

玄関先の格子です。

付けるかどうか迷われてたようですが、

やっぱりつけてよかったと思います。

塗装はこれからです。

アクセントにもなりますし、引き戸を開けたとき

の目隠しになります。

真夏の完成見学会

2013.08.18

20130818_130636.jpg

                                                      20130818_130624.jpg

 今日も暑かったです。

氷を準備しての見学会でした。

それにしても、この暑い中、見学会に着ていただき

ありがとうございました。

お施主様も2日間大事な家をお貸しくださって

ありがとうございました。

夏を快適に過ごす

2013.08.17

_DSC6422.JPG

 暑い日が続きます。

室内に閉じこもっているとエアコンなしでは過ごせないくらいです。

当社のモデルハウスは南北に掃出しの開口があるので開放しますが、

外からの熱気がすごいです。一度窓をすべて締めきった状態にして

おいたのですが、午前中は却ってそのほうが涼しいです。

高気密高断熱の家ではそういうこともあります。ただ、午後からは

やっぱり熱がこもります。そこで、窓を開放して日差しが入らないように

雨戸(木製のガラリ)を閉じた状態にしてます。

これが一番効果があります。簾があればもっといいと思います。

皆さんも、昔ながらの簾や打ち水などで少し工夫してみてはどうですか。

 

明日は、斑鳩でエアパスの家の完成見学会です。

エアコンはありませんが、その状態でどんなものか体感してみてください。

 

北側のウッドデッキ

2013.08.15

R0010698.JPG

当社のモデルハウスにある北側のウッドデッキです。

神社の参道を借景にしてます。

ウッドデッキはふつう南側の庭に面して作ることが多いですが、

モデルでは北側にも造りました。南側のデッキは、冬に日向ぼっこ

するにはいいですが、夏、これだけ暑いと出る気になりません。

その点北側のデッキは、夏は却って気持ちがいいです。

このウッドデッキ、メンテが大変とよく思われますが、モデルで

は最初に柿渋を塗りましたが、これが一番長持ちするようです。

濃い目の色を選べば日焼けや黒ずみが目立たないのでいいと思います。

もうすぐ8年目を迎えますが、まだ大丈夫です。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ