社長ブログ

夏を快適に過ごす

2013.08.17

_DSC6422.JPG

 暑い日が続きます。

室内に閉じこもっているとエアコンなしでは過ごせないくらいです。

当社のモデルハウスは南北に掃出しの開口があるので開放しますが、

外からの熱気がすごいです。一度窓をすべて締めきった状態にして

おいたのですが、午前中は却ってそのほうが涼しいです。

高気密高断熱の家ではそういうこともあります。ただ、午後からは

やっぱり熱がこもります。そこで、窓を開放して日差しが入らないように

雨戸(木製のガラリ)を閉じた状態にしてます。

これが一番効果があります。簾があればもっといいと思います。

皆さんも、昔ながらの簾や打ち水などで少し工夫してみてはどうですか。

 

明日は、斑鳩でエアパスの家の完成見学会です。

エアコンはありませんが、その状態でどんなものか体感してみてください。

 

北側のウッドデッキ

2013.08.15

R0010698.JPG

当社のモデルハウスにある北側のウッドデッキです。

神社の参道を借景にしてます。

ウッドデッキはふつう南側の庭に面して作ることが多いですが、

モデルでは北側にも造りました。南側のデッキは、冬に日向ぼっこ

するにはいいですが、夏、これだけ暑いと出る気になりません。

その点北側のデッキは、夏は却って気持ちがいいです。

このウッドデッキ、メンテが大変とよく思われますが、モデルで

は最初に柿渋を塗りましたが、これが一番長持ちするようです。

濃い目の色を選べば日焼けや黒ずみが目立たないのでいいと思います。

もうすぐ8年目を迎えますが、まだ大丈夫です。

 

在来のお風呂は柱が傷みやすい

2013.08.14

DSCN1826.JPG

風呂リフォームです。

在来のお風呂をリフォームするとなると今は、ほとんど

ユニットにされます。在来のお風呂は寸法に左右されず

その場に合わせて造れたり、浴槽や壁のタイルなどが

自由に選べます。しかし、ユニットに比べて防水の面が

難しいです。写真は、在来のお風呂を解体したところです。

この場合は、基礎を高く立ち上げているのでまだいいほう

ですが、ほとんどの場合、柱・土台は腐食しています。

 見えない部分ですから、リフォームをお考えの場合は

早めの処置をお勧めします。ユニットを採用されない場合は

防水処理だけは確実にしてもらってください。

 

 

 

いろいろ出来る木製建具

2013.08.13

DSC_4263a.jpg

 マンションの玄関収納に取り付けた建具です。

杉材とMDFで造ってますが、上と下の部分がガラリになってます。

収納内部を換気するためですが、木で造るとなると手間がかかります。

こういったところは、最初のうちは既製品でと考えておられても無垢材を

使いだすと最終的にはこの部分も無垢材で造ってほしいとなることが多いです。

施工する側はいいんですが、あまりすべてにこだわりだすとキリがありませんので

リフォームなどでは、どこかで思い切ることも必要です。

家を建て替えるきっかけ

2013.08.12

DCIM0587.JPG

8月11日(日) 完成の見学会をさせていただきました。

暑い中、多数来場していただきありがとうございました。

表に氷の塊を用意させてもらったので気分的にも少しは

涼んでもらえたでしょうか。

ところで、皆さん、見学会にわざわざ足を運んでくださるくらい

ですから、やはり家づくりを真剣に考えておられると思いますが、

それは何のためにでしょうか。

今住んでいるところが古くなったから

家族が増えて手狭になったから、

アパート暮らしで、持ち家が欲しくなったから

いろんな理由があるでしょう。

また建てるとすればいつか。

3年後くらいと考えているともっと早い時期に必要になるかもしれません。

いつか新築の家(またはリフォーム)に住もうと考えているのなら、

私は早いほうがいいと思います。

別にこの仕事をしているからではありません。

「もう歳だから」と言ってあきらめずに、「だからこそいい家で暮らしたい」

と言って建て替えた方もおられます。「おかげで元気になった」

と言われます。(くれぐれも無理のないように)

ご自身で想像してみてください。

5年後、10年後、20年後、30年後

ご自身はいくつになられますか?

子供さんはいくつなりますか?

ご両親は?

今お住まいの家は?

あわてて計画を立てることにならないようにしてください。

計画するときはじっくりと。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ