社長ブログ

久しぶりの雪

2018.02.13

IMG_20180212_075908.jpg

昨日の朝は驚きましたね。

朝起きて、何となく外が明るいなと思ってカーテンを開けると

真っ白でしたから。

これくらいなら車で会社まで出かけても大丈夫だろうと向かいましたが、

上り坂の途中でうっかり止まるとスリップで動けなくなりそうでした。

祭日で車が少なかったせいもありますが。

IMG_20180212_075931.jpg

ここ数年奈良ではめったに雪は降りませんが、毎年一回は雪が積もります。

午前中に打ち合わせがあってくるまで出かけましたが、橋や陰になった

ところは凍っているようでした。

下り坂の先がT字路になったところで車が民家の玄関に突っ込んでいると

いうこともありました。

このあたりではみんな雪にはなれていませんから、油断は禁物です。

しかし、小さな子供さんにとっては祭日の朝、起きてみたら雪が積もって

いたのですからいい休みだったのではないでしょうか。

お客さんの庭先に雪だるまが造ってありました。

良い地鎮祭

2018.02.11

IMG_20180211_105129.jpg

今日は地鎮祭でした。

天候も回復し、ここ数日に比べれば比較的暖かい日で何よりでした。

地鎮祭も何度も経験していると「門前の小僧・・・・・」ではない

ですが、神主さんの発する言葉が勝手に思い浮かびそうです。

ところで、修祓や鍬入れの儀式のときは「エイ、エイ、エイ」と

掛け声をかけるものと思っていたのですが、地鎮祭では本来、掛け声

掛けるものではないとのこと。

今日の神主さんに教えていただきました。

 

神主さん、最後の挨拶に「昨日は雨が降って地が固まり、今日は風が

吹いて新しい気が流れ込みました。良い地鎮祭でしたね」

私も現場監督、棟梁と共に無事の竣工をお願いました。

リフォームセミナー

2018.02.06

DSC_3471a.jpg

今月の28日に「リフォームセミナー」をさせてもらいます。

どれくらいの反響があるかわからずに企画したのですが、すでに予約

をいただいています。

そのセミナーの準備を始めているのですが、一般の消費者の方にとって

リフォームセミナーに期待する内容はどんなことでしょうか。

どんな施工法があるのかといったことならば幸い施工例はたくさんある

ので写真を見てもらいながら解説することができます。

耐震、断熱、間取りの変更、仕上げの変更、劣化対策などリフォームと

言ってもたくさんあります。

しかし、リフォームを考えている人にとって一番わからないのは

「どこに頼めばいいかわからない」ではないでしょうか。

工事費も安いに越したことはありませんが、安ければいいというものでも

ありません。

「大丈夫だろうか」という不安もあります。

残念ながらこの部分にお応えすることはできません。

高いか安いかは相見積もりを取ってもらわなければわかりません。

たまに他社さんの見積もりを持ってこられる方もいますが、工務店の見積

というのは提示の仕方が多種多様で同業者が見てもわからないことがあります。

どこまで含んでいるのか、どの部分まで手を加えるのかそのあたりが分かり

にくいです。

ですから単純に比較できません。

また「どこに頼めばいいのかわからない」というのはもっと難しいです。

一回のセミナーで信用してもらうこともできないでしょう。

その工務店との相性もあると思います。

ただ、図面は当たり前として、わかりやすい仕様書と可能な限り数量の提示された

見積書は必要だと思います。

一式表示はどこまで含まれているかわかりにくいですから。

また現地調査をしてもらったとき、どこまで現状を正確に調査するかも比較の対象

にはなります。

この先、リフォームをするかもしれない方、予定はなくてもどんな方法があるか知り

たい方、面白そうと思われたらご参加ください。

「現地調査」の依頼でもない限りこちらから声をかけることはありませんので。

二条の家 お引渡

2018.02.04

IMG_0455.JPG

二条の家のお引渡でした。

ご夫婦の両親もお見えになりました。

IMG_0429.JPG

いつものことですが、お引渡になると初めて来場されてから

のことが思い出されます。

何がきっかけで当社に来られたのか。

いつ頃から当社に決めてもらえたのか。

ああでもない、こうでもない、と間取りでは試行錯誤の繰り返し

で施主さんが思っているイメージを形にするにはかなりの時間が

かかります。

IMG_0447.JPG

試行錯誤の上に出来上がった家です。

打合せにしても施工途中にしても行き届かないところがたくさん

あったと思いますが、最後までお付き合いしていただいてありが

とうございました。

IMG_0445.JPG

木の香りいっぱいの新居での生活を満喫してください。

ありがとうございました。

森林の活用

2018.02.02

IMG_9645.JPG

日本の森林の約58%が私有林です。

奈良で有名な吉野の山林もほとんどが私有林であの広大な山を数名の方

所有しているそうです。

またこの人たちは他府県の方です。

山林を取得するのは譲渡や相続が多く、あまり売買はされていません。

林業を専門にする人でも木材販売で生計を立てている人はわずか5%と

言います。

木材を販売するとしても育成に時間と手間がかかります。

「枝打ち」「除伐」「間伐」をしなければなりません。

出荷されている吉野材はすべて間伐材です。

杉の人工林の場合、50年生での販売収入を試算すると143万円/ha

それにかかる経費は231万円/haとなるそうでこれでは大赤字です。

木は木材としてだけではなく、燃料としての役割もあります。

薪ストーブに使う薪や炭も燃料です。

また、林業による生産額の半分は木材以外の林産物が占めています。

理産物の中で8割を占めるのがきのこ類です。

きれいな沢があればワラビなども取れますし、植物以外にもカブトムシや

クワガタも貴重です。

何より森林には自然としての役割があります。

レジャーの対象にもなれば癒しの場としても考えられます。

日本の木を使うことでこれらがどれくらい活性化するかはわかりませんが、

もっと活用出来るように思うのは私だけではないと思います。

建築材料としては本当にいいものですから。

※一部 井上幸一氏のメルマガの抜粋です

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ