社長ブログ

和室の天井は竿縁天井

2013.07.25

20130725_164505.jpgのサムネイル画像

和室の竿縁天井です。

最近は、本格的な和室を要望する人は少なくなりました。

座敷として使うことがなくなったからでしょうか。

お客様が来てもリビングの入ってもらうことが多いですから、

客間という考えがなくなってきたのでしょう。

 当社、新建材は使わないので、廻り縁、竿、源平の杉板と

すべて吉野産です。

少々材料費がかさみますが、新建材と違って年数がたっても

それなりの味が出ますし、香りもいいです。

永く楽しんでいただければ幸いです。

 

 

 

日当たり通風のいい2階リビング

2013.07.24

_MG_8327.jpgのサムネイル画像

 2階にLDKを持ってきたお家です。狭小地であったり

周囲を家で囲まれているときに採用します。

そうすることで、明るい風通しの良いLDKが

可能になります。また、LDKは大体広々と造りますから、

柱や壁が少なくなりがちですが、1階に配置する場合と違って

2階の重い部屋などがなく、屋根しかありませんので、

構造的にも作りやすいです。

ただ、メインの生活の場が2階のなりますので、買い物などの荷物

特に食材などはすべて2階まで運ばなければなりませんので、

そのあたりをよく考えて採用してください。

 

川島織物

2013.07.23

_MG_9697_R.jpg

 今日は、八尾トーヨー什器㈱さんの主催で

川島織物の工場見学に行ってきました。

川島織物の歴史から作品など展示物や製造過程

などを説明を受けながら一通り見学させてもらいました。

手作りの一品物などは爪を細工した女性の方がコツコツと

1日かけても数ミリしか進まないという気の遠くなるような作業をされてましたが、

伝統を守っていくのは並大抵ではできないことです。

時代の流れに流されず、続けてもらいたいです。

当社もわずかながらも、伝統的な部分は守っていきたいと思います。

 

木の家リフォーム

2013.07.22

20130722_131438.jpg

                   20130722_131553.jpg

リフォーム工事の続きです。

壁の断熱材が入ったところです。

新築の時は断熱材はポリスチレンフォームが多いですが、

リフォームは、ほかの部分の断熱に合わせます。

大工さんが出入り枠の加工をしてます。

この材料はヒノキです。

既成品は要望されない限り使いません。

計画換気の換気口

2013.07.20

P1090269.JPG

                   P1090270.JPGのサムネイル画像

 換気口と言っても24時間の計画換気の換気口です。

当社これを木で作ってるんですが、「これなんですか。」

とよく聞かれます。

ここまですることもないかと思いますが、プラスチックのカバー

が嫌いで試に建具屋さんに作ってもらったところ

それ以来ずっとそのままです。

高気密・高断熱に24時間の換気というのも理屈に合いませんが、

基準法上仕方ないです。

当社はほとんど既製品は使わないので不要だと思いますが、

家具からも化学物質は出ますから、必要と言えば必要です。

あと、新建材オンリーで建てられた方、換気扇では床付近の空気

は換気できませんから、掃出しの窓などを開放して換気しましょう。

小さい子供さんが一番呼吸するところです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ