社長ブログ

古材の再利用

2019.02.26

015e0edf2af00edadc60896880e19edc67a7f24a28.jpg

建て替えを検討されている方の家に来ています。

大きな家なので新しい家に使える材料がないかを

調べています。

これは床の間にある天然の絞り丸太のようです。

ちょうど次の家にも茶の間があるので使えそうです。

012040d2208c075bea41888a4800dbc826627a5afc.jpg

点検口から屋根裏をのぞかせてもらいました。

棟木や母屋に割と大きめの丸太が使われています。

これも再利用の候補に挙げます。

化粧の丸太としても使えそうです。

このように昔の家に使われている材木は古材と言われて

再利用できるものです。

よく乾燥していて、新材よりも硬く収縮やひび割れも

これ以上発生しません。

建て替えの場合は、今までも何度か使わせてもらいました。

ただ、母屋や棟木の場合は下から見たときはきれいなのです

が、屋根の面が腐朽している時もあるので解体してみるまで

分からないこともあります。

そして再利用するにしても構造計算上の強度が満たせるだけの

断面が必要になります。

また、当然使うだけの長さは必要です。

先日モデルに来られた方で、「今ある家の材料を使ってほしい」

旨を伝えたところ、ほとんどの会社で「無理です」と言われた

そうです。

今の家はほとんどがプレカットで造られています。

そこへ、構造用の集成材がたくさん使われています。

プレカット工場では古材は扱ってくれません。

製材された乾燥材でないと工場のラインに入れることはできません。

また集成材を使っている会社ではその中に無垢材を混ぜることは

しません。

集成材は強度が決まっていますが、古材を個別に計算したりという

ことはしません。

自社で1棟ごとに構造計算をして、大工さんが墨付け・手刻みして

いればできることです。

プレカットでも特殊な丸太などは大工さんが刻んでいることもあり

ますが、どの会社も余計な手間は掛けたくないというのが正直な

ところかもしれません。

空調設備

2019.02.24

_DSC2770.jpg

少しづつ暖かくなってきました。

モデルハウスではいつも薪ストーブを点けていますが、今日は

少し暑いくらいでした。

ところでこの薪ストーブ、部屋の中で火が燃えているので換気は

どうなのかというと一般的な家ならばどこかに何らかの隙間があ

るので、その隙間から空気を吸い込んで煙突から燃焼した一酸化

炭素を排出しています。

いわゆる換気扇の役目もしています。

しかし、鉄筋コンクリートのマンションのような特別気密性の高い

部屋の中では換気が必要になるかもしれません。

そんな気密性の高い部屋に薪ストーブを設置する人は少ないと思い

ますが。

そう考えると、薪ストーブは高気密・高断熱の家には似合わないよ

うな気もします。

そこまで気密性が高くて断熱性が良ければ薪ストーブほどの熱量は

北海道のように特別寒い地域を除けば不要かもしれません。

高気密・高断熱の家はこれからさらに性能を上げていく方向にあります。

省エネであり、温度差が少ない家は暮らしやすいです。

しかし、これもデメリットはあります。

あまり性能を上げると初期投資がかかる。

初期投資とこの先かかる光熱費を試算しているデータもありますが、光熱

費だけを対象にするとあまりメリットはないかもしれません。

しかし、快適に暮らせるという点では優れています。

それ以外のデメリットとして、息苦しさを感じるという意見があります。

外部と遮断しようとするのでそれは確かにあるかもしれません。

また、エアコンなどの冷暖房器具ありきの家です。

間取りによりますが、風通しの悪い家になる傾向があります。

エアコンありきですから、風通しは前提にないのかもしれません。

そして高断熱ですから、断熱材の性能が大事で性能を上げると断熱材自体

が厚くなります。

断熱材は熱を遮断するものではなく熱を伝わりにくくするものですから、

断熱材自体に熱をもため込んでしまうこともあり、夏場に熱がこもるとい

うことが起きます。

夏場に熱や湿気がこもり、冬場は乾燥しやすい傾向があります。

現代では冷暖房はエアコンが主流です。

自動的に湿度を調整してくれる機能が付いているものまであって、省エネ

でもあります。

また直接風が当たらないようになってもいます。

まったく感じないわけではないですが、この機能はいいですね。

エアコンの何が気になるかというと、この風です。

以前エアコンを使っていた方に薪ストーブを設置させてもらったところ

風がなくて暖かいという点で喜んでもらったことがあります。

エアコンといえば今ではどんな家でも付いているものですが、当社では

新築にしてもリフォームにしても工事の中で設置することはほとんどあ

りません。

どうしてかというと、価格の点で家電量販店にかなわないからです。

統計でも工務店のエアコン設置率は10%程度のようです。

しかし、家電量販店は安いものばかりかというとそうでもないようです。

広告や表示では安い価格のものを表示していますが、それにつられて購入

に来たお客さんに機能を説明して高いものを購入してもらっているようです。

半数以上が高価なエアコンを購入されています。

ちなみにハウスメーカーのエアコン装着率は70%です。

工務店の提案不足かもしれません。

名前が覚えられない

2019.02.18

DSC_8924.JPG

「顔は覚えているのに名前は?」ということがよくあります。

私などは、名刺を渡そうとして「以前にいただきました」と

いうこともあります。

時には顔もはっきりと覚えていないこともあります。

外出先で突然挨拶をされて、とっさにこちらも挨拶を返すの

ですが、「今の人は誰だったか」ということもあります。

顔を覚えられないことは別として、

「顔は覚えているが名前が思い浮かばない」

これは往々にしてあります。

昔はそれほどでもなかったと思うのですが、50歳を過ぎたあたり

からこれがひどくなったように思います。

原因は「顔と名前は別々の場所で覚えているから」なんだそうです。

顔は右脳、名前は左脳。

答えの出どころは「チコちゃんに叱られる」です。

人間の顔を覚える能力は大変優れていて、0.15秒で特徴をとらえ

無限といえるほど記憶できるそうです。

0.15秒ですから、すれ違っただけでも覚えてしまいます。

ところが左脳は名前だけでなく、言葉をすべて記憶するので限度

があります。

年齢を重ねることで右脳は顔をどんどん覚えても、左脳は容量が

一杯になってきて覚えきれないとなるようです。

どうしても名前の覚えたいときは無理やりにでも顔と名前を一致

させるエピソードを造る。

そしてもう一つは、顔と名前を一緒に画像として覚える。

なのだそうです。

顔と名前が一緒に見えるようにして、瞬きをしてシャッターを切る

ような感じにすると覚えやすいそうです。

そういえば、以前速読のセミナーに参加したことがあるのですが、

このシャッターを切るような感じで本をぺらぺらとめくることで

潜在意識が働いて、本の中身が要約出来るということを教えても

らったことがあります。

読むのではなく、見ることで頭の中に印象的に残っている単語を

並べて文章にすることで本の中身が分かるというものです。

実際ノウハウものではどんなに分厚い本も原作者は数十分話して

いるだけであとはライターが脚色しているだけだそうです。

慣れが必要で気持ちを落ち着かせて集中する必要がありますが、

30分もあれば1冊読むことになりますが、私はどうも時間をかけて

じっくり読まないと読んだ気がしません。

写真は、今日休みをいただいて琵琶湖を1周してきたのですが、

「道の駅 妹子の郷」からきれいな雪景色が見えていました。

これからの家の断熱

2019.02.15

2020年の「省エネ基準義務化」は見送られることになりました。

何のことかというと、ある一定の断熱性能を持った家しか建てら

れなくなるという方針でしたが、「義務化に対応できない事業者

がいるから」という理由で見送られることになったようです。

数値で表すと外皮平均熱貫流率UA値というのがあるのですが、

2020年基準UA値が 5地域(奈良県はほとんどがこの地域区分

です)で0.87です。

この数値は小さいほど性能がいいのですが、

ZEHと言われる家で0.60です。

そして、新しい基準として「HEAT20」という設計基準が設けら

れました。

しかも、G2、G1の二つのレベルが設定されています。

HEAT20 G2で0.34 

HEAT20 G1で0.48 と設定されています。

まだ、このHEAT20に適合できている家は少ないですが、ZEHの基準

を満たしている家は多いと思います。

当社が施工しているエアパスの家でほぼZEH基準です。

(パッシブソーラーなのでプラスアルファーはあると思いますが)

ですから、見送られたとはいえ0.87という数値はあまり大したことは

ないのです。

体感的にどれくらいの違いがあるかというと

20℃になったリビングの暖房を夜の11時に消して、朝5時までに下がる

温度が2020年基準0.87で11℃、G1で13℃、G2で15℃くらいにしか下が

らない と言われています。

ただ、このG2レベルは将来的にはこれが基準になるかもしれませんが、

かなりレベルが高いです。

断熱材の種類(性能)にもよりますが、充填断熱といって壁の中に断熱材

を入れる方法では柱の寸法以上の断熱材を入れることができないので、

外断熱といって外壁に断熱材を貼る必要が出てくることになると思います。

DSC_8896.JPG

こちらは土壁に単板ガラスの寒い家の代表のような家ですが、これからの

リフォームも断熱性能を高めるリフォームが増えると思います。

写真のような土壁の家もたくさんあります。

このような家を断熱しようとすると、土壁を撤去して新しい断熱材を充てん

するか、外側に断熱材を貼るか、内側に断熱材を付加するか となります。

しかし土壁はそれ自体、蓄熱性や調湿性をもっているので、できればそれを

活用したいです。

そうなると外断熱が有効です。

外断熱は断熱材を挟んで外側に重い外壁を造ることになるのでその支持が

完全にできないといわれてきましたが、今では断熱材の表面を仕上げる

ことで外壁の役目をなす材料もできています。

このさき、外断熱のリフォームが増えてくるような気がします。

リフォームで増築

2019.02.14

リフォームと言えば、増築を考える人が多いです。

数十年生活していると自然と物が増えます。

使わないものもあると思いますが、捨てるのが「もったいない」

という気持ちがわきます。

我が家も引っ越し時にはかなり思い切って捨てたつもりですが、

あまり減っていないようです。

それゆえ、ご多分にもれず我が家も増築することになりました。

お客さんの家をリフォームするときは極力、今ある家の中で

生活してもらうように「思い切って捨ててください」などと

言っておきながら、です。

しかし、実際減築というリフォームもないわけではありません。

子供さんが育って、旅立てば生活する人数が減るのですから、

もっと減築というリフォームがあってもいいのではないかと

思います。

その方が経済的ですが「何かの折に帰ってきたときのために」

と思ってしまうものです。

DSC_8926.JPG

こちらは2階の増築部分です。

3尺分だけ北側に広げました。

1階の屋根がせりあがってきて小さな窓しかなかったので

広げました。

これで北側の景色(法輪寺)も見ることができます。

屋根は基本そのままなので、こう配に沿って下がってくる

ので天井はやや低くなります。

DSC_8928.JPG

こちらは1階部分です。

タンス置き場になる予定です。

いまどきタンスと思われるかもしれませんが、これがたくさん

あります。

ご覧のとおり、1階を増築すると基礎工事が必要になります。

これが工事費が高くなる理由です。

2階は下に部屋があれば基礎は必要ありませんから。

と言って2階はどこにでも増築できるわけではありません。

1階の壁や基礎のあるところに新たに壁を造ることになるので

1階の間取りに制約されます。

見学というほどではありませんが、現状はこんな状態ですが、

見てみたいという方は随時ご連絡ください。

案内させていただきます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ