主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

木材の乾燥

2019.02.22

輪和建設の福井です

先日長女が小学校で"森林学習"なる授業を受けてきたようです。

一人ずつ丸太を切らせてもらって持って帰ってきました。

DSC_0691.JPG

何の樹種かもあんまり分からず帰ってきたようですが、桧のいい香りがしています。

そしていつも会社で扱っている薪と同じ感覚で持って帰ってきた袋に入ったまま置いておくと、

すっかり黒ずんで、カビまで生えてしまいました。(乾燥させていない生木だったのねー)

DSC_0692.JPG

生えている木の含水率は150%くらいなんだそうです。このまま住宅の建築に使うと、

木材が乾燥していく過程で曲がったり反ったり割れたりが起こって構造のゆがみにつながります。

建材として使うには20%くらいまで乾燥させていく必要があるんだそうです。

その乾燥方法にも昔ながらの天然乾燥と機械を使った人工乾燥があります。

機械にかけたほうが圧倒的に早く、また木材の中から外まで均一に乾燥させることができますが、

香りやツヤが飛んでしまったり、耐久性も多少落ちるんだそうです。

天然乾燥は外側から徐々に水分を抜いていくので建材として出荷されてからも曲がったり反ったりすることがありますが、

そこは木のクセを見切る力のある熟練の大工さんの手刻みとセットで、粘り強い構造を作り上げることができます。

輪和建設の天然乾燥材へのこだわりはこちら

 

 

 

 

 

 

よ~いドン!となりの人間国宝

2019.02.19

中西春代です。

弊社がリフォームさせていただいた古民家にお住いのお施主様が

関西テレビの「よ~いドン!」に出演されます。

放射能汚染を気にされてリフォーム材料にこだわりぬかれたお施主様のお家です。

放送日は

2月28日(木)午前9時50分~11時15分

関西テレビ放送 8チャンネル

皆さまご覧くださいね。

石のタライを活かして

2019.02.16

DSC_1000.JPG
輪和建設の阿部です。
斑鳩町で新築させていただいたお客様のお家で、庭工事を進めています。

庭づくりにあたって、お客様からは「新しいものは極力入れず、今あるものを活かしてほしい」
というご要望をいただきました。そして、今回の庭工事のこだわりのひとつが、石タライを活かすことでした。
これまで石タライは庭の一角に置かれ、中には土が入っており、スズランが植わっていました。

数十年ぶりに土が出された石タライには、ちゃんと排水の穴もありました。
今回の工事では、同じく庭にあった石臼を活用して架台とし、石タライを入り口の目立つところに移設しました。
手を洗ったり野菜を洗うとのことです。

石臼や石タライといったモノだけではなく、植物も庭のテーマを決めて移植しています。
完成が楽しみです。





伝統工芸

2019.02.15

DSC_8929.JPG

中西春代です。

自宅のリフォームは無事に進んでいます。

電気図面もほぼできて

インテリアに気持ちはむいています。

気持ちが向くインテリアは日本の伝統工芸です。

漆・緞通・民芸家具・陶器・磁器・ガラス・・・

日本すばらしすぎる~って毎日ワクワクドキドキです。

まずは既存の民芸家具との組み合わせに足したり引いたりしていきます。

工事中の現場はご覧いただけますのでお声かけくださいませ。

写真は34年前の婚礼ダンスを置くための増築です。

最近のリフォーム傾向

2019.02.12

輪和建設の福井です

最近のリフォームのきっかけが、老朽化よりも自分好みの間取りや内装にしたいという希望が多くなっているという報告がありました。

共働き家庭が増え、時短が求められるようになり、家事動線の良さや片づけのしやすさといったところが重視されるとのことです。

中でもキッチンは単に主婦が料理をする場所としてだけでなく、子供と一緒に料理を楽しんだり、ホームパーティを開く場所だったりと

キッチン自体の機能性も多様化していたり、それに伴ってデザインセンスを発揮できる場所であったりもするそうです。

リフォームというよりリノベーションでしょうか・・・

施工後①.JPG

 

輪和建設では単に間取りを変えたり住宅設備を入れ替えるだけでなく、命を守るという肝心な役割を果たす耐震性を確保しながらも暮らしやすさを考えた提案をさせていただきます。

また無垢材や漆喰、タイル、ガラスなどを使って自分好みに仕上げることもできます。

2月24日にはリフォームセミナーも開催しますので、あんなことしたい!こんなことできるの?

といったご希望や疑問をお持ちの方も是非お気軽にご参加ください♪

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ