主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

少しずつ進んでいます

2017.08.20

中西春代です。

残暑厳しい中も現場は少しずつ進んでいます。

枚方市の新築現場では道路後退の工事が終わり

建築確認の申請もおわり

あとは確認がおりるのを待つのみとなりました。

IMG_20170809_120835.jpg

西大寺の新築現場も地盤改良が終わり

基礎工事が始まりました。

それと並行して、弊社の作業場では棟梁による構造材の手刻み加工が行われています。

IMG_20170819_165754.jpg

十津川の新築現場は瓦屋根も葺かれて

貫録のある外観が見えだしました。

家の中は壁ができ始め

間取りがはっきりとしてきました。

IMG_20170809_162636.jpg

天然乾燥させた吉野の木の家づくりは人の手により地道にこつこつです。

これから100年以上、ご家族を守る家です。

あせらず、皆が機嫌よく気持ちの良い家を造っていきます。

サンゴ入りコンクリート

2017.08.18

IMG_4578.JPGIMG_4592.JPG


輪和建設の阿部です。
夏休み、離島に行ってきました。
のんびり船で片道24時間の旅です。移動は疲れましたが、大自然に癒されました。

島の海水浴場は真っ白な枝サンゴでいっぱいです(左写真の手前の白い部分はすべてサンゴです)。この豊富な枝サンゴを利用し、近くの港湾施設では枝サンゴ入りのコンクリートが敷かれていました(右写真)。身近な材料が建築資材として使われている例です。
残念ながら島の建物は、シロアリの被害がひどいとのことで、木造建築物はほぼありません。ところが、海に近いRC造の集合住宅では、湿気がひどくて、室内によくカビが生えてしまうとのこと。内装にでも、湿気をコントロールしてくれる木の良さを取り入れられよいのに、と思うのですが、亜熱帯の気候に合う建物は、奈良とはまた違うのでしょうね。

山間部の環境

2017.08.17

輪和建設の福井です

お盆休みをいただいていて、更新が遅くなってしまいました(>_<)

外には連れて行ってあげたいけれども、暑さを考えるととてもじゃないけど出られません。

下のチビ達も5歳。そろそろ行けるかと、今年の夏休みは川遊びざんまいにチャレンジしました。

P_20170725_141741.jpg P_20170815_135949.jpg

今年のお盆は梅雨のような天気だったので、川遊びをするには寒かったですが、

水と木のマイナスイオンに癒されてきました。

 

P_20170725_172939.jpg

街中のコンクリートと違い、気温も-5℃ですが、

十津川の現場でもこんな感じかな~、と川の流れる土地の湿度を体感してきました。

 

お盆

2017.08.13

中西春代です。

お盆休みの日曜日。

ご家族集まられる機会の多い時ですね。

輪和建設のモデルハウスでは、ご家族そろって新築工事の打ち合わせです。

生みの苦しみもご家族で楽しそうです。

竣工

2017.08.10

輪和建設の西川です。

先日、リフォーム工事が竣工しました。

「玄関を、華やかにしたい。」

奥様のこの言葉から始まった工事でした。

もともとは、正面に収納と和室とその物入れの戸襖が3枚並んでおり、少し暗い印象でした。

物入れの前には、奥様がお花や飾り物を置かれ、床のような空間の使い方をされていました。

CIMG6948.JPG

物入れからモノを取り出す時には両開きの扉をあけるために飾り物をすべて移動するのも不便とおっしゃっていました。

リフォームでは、いままでのそのお宅での空間の使い方も大切だと思います。

それらを踏まえて、玄関前に月見床、そこへ自然光が入るよう、和室から光が抜ける建具、床の背面を飾る和柄のロールスクリーンを提案させていただきました。

ロールスクリーンは白と緑の二色を飾り物に合わせて、変えられるそうです。

IMG_9385.JPG

キッチンも、お風呂も綺麗になり、窓も大きく取り、外の緑がきれいに見えます。

IMG_9399.JPGIMG_9402.JPG

IMG_9409.JPG

腰壁があり、圧迫感があるとおっしゃっていた、二階の吹抜け部分もスノコ床を施工し、

窓もはめ殺しの窓から、開閉できる窓に変えました。

IMG_9417.JPG

綺麗に仕上げてくださった大工さん、関係業者さんに感謝しつつ

このような機会をいただいたお客様に心よりお礼申し上げます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ