主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

着工式

2015.03.15

中西春代です。

昨夕は着工式でした。

和歌山県の本宮からお客様がご来社くださいました。

熊野大社のすぐ近くで泊まり込みでの工事となります。

大工、職人、スタッフ皆がいつもとは違う

少しの緊張感で工事に挑みます。

遠くでの工事は大変でしょうがそこに楽しみを見つけ

準備を万全に整える段取力が身に付くと思います。

誠実なお客様に応えるべく

精一杯の家づくりをさせていただきます。

力を合わせてがんばりましょう!

明日は着工式

2015.03.13

輪和建設の福井です

朝の冷え込みと昼間の暖かさの温度差が激しい日が続きますね。

明日は『本宮の家』の着工式です。

和歌山からお施主様に来ていただきます。

あちらも寒いところの様ですが、奈良の冷え込みをどう感じられるでしょうか・・・

遠くから来ていただきますので、どうぞお気をつけてお越しください。

新商品

2015.03.12

中西春代です。

住宅設備の各メーカーさんが春の新商品の説明によく来てくださいます。

より便利に

より美しく

より快適に

より斬新に

より他社との差別化をわかりやすく

古いカタログは大量に処分です。

いるかな?と思う便利さ

そこまお客様は望まれているのかな?

時代は逆行しているような・・・

昭和のおばあちゃんのような家が理想です。

そう話してくださった若いお客様の言葉

メーカーさんに届けているのですが・・・

3月11日

2015.03.11

中西春代です。

4年前の今頃テレビで映し出される東日本の光景に

自然の甚大な力になすすべもなく

何が起こっているのかさえも理解できないまま

それでも恐怖がひしひしと心を占領し

その光景の中に

寸前までいつもと変わらない人々の生活があったことを信じたくなく

思考と感情が固まっていたのが

つい昨日のようです。

大切なご家族を亡くされた方の悲しみは消えることなく深まるのだということも

年齢と共に体感しています。

眠りから目を覚ました瞬間から

大切な人がいないという現実に心がつぶれそうになりながらも

毎日を生きてこられた4年間。

悲しみを憤りを言葉にすることはできておられるでしょうか。

昨日3月8日のチャリティーコンサートでお預かりした義捐金133,952円を

日本赤十字社に送りました。

ちいさな取組ですが私たちは被災された方を忘れない。

悲しみの中でも心穏やかな時間が少しずつでも取り戻していただけるよう

お祈りいたします。

速報

2015.03.10

輪和建設の福井です

雪が降ったり、日が射したり、忙しい天気です。

8日のチャリティコンサートにご来場いただき、またたくさんの暖かいご支援をお寄せいただきましてありがとうございました。

今年は『日本赤十字社』様へ送金予定です。

受領証が弊社の手元に届くのが約1か月後になるそうですが、また届き次第ご報告させていただきます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ