主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

夕暮れ時にすること

2014.01.10

DCIM0947.JPG

中西春代です

本日はお客様と明日香村にある『榛』さんでランチをしました

その方のお家は薪ストーブで暖をとられていて

夕暮れが近づくとストーブに火を入れ

夕食の支度にとりかかり

夕食後はストーブの前でゆっくりと炎を見ながら会話をされるようです

炎の美しさや燃える薪の年輪の美しさを共に感じる時間です

ご自分が思い描いたお家が建ち

ゆったりと流れる時間の中でご自分を振り返り

自信をもたれて過ごされている様子がうれしく

共に家づくりをさせていただいた私の生き方にも

光が当たった気がしています

明るく生きるって大切ですね

写真はイチゴドレッシングのシーフードサラダです

 

 

 

有効な電気配線

2014.01.09

輪和建設の福井です

自宅のパソコンが突然電源が入らなくなりました。

2台あるうちの2台とも去年から何度となく調子が悪く、再インストールをしてみたりしましたが、ついに・・・です。

そろそろ買い替え時でもあるので、購入を検討中です。

今は無線でネットもプリンターも使えるので、ごちゃごちゃした配線をなくせて好きな位置に置けるかも!と期待大です。

私の家の中で一番融通の利きにくいのがテレビのアンテナの位置です。

テレビの位置を変えたいと思っても制約があってできません。

家づくりでもテレビやコンセントなど配線について打合せをするかと思いますが、

朝起きてから寝るまでどこでどんな電気製品を使うか具体的にしっかりイメージしてみてください

小屋裏にも収納庫を作っています

2014.01.08

DCIM0941.JPG

中西春代です

あやめ池駅前・西大寺駅前でリフォーム工事をしています

駅から徒歩30分近くかかる家に住む私としては

とてもうらやましい立地条件です

どちらも全面改装で耐震・断熱性能を向上させます

屋根裏には折畳み式の階段をかけ収納スペースも設けます

2階ホールの見事な格天井をこわさず納戸の天井から屋根裏に上がることができました

今あるものを大切にする

輪和建設が家づくりにおいて大切にしている考えです

 

 

春日大社の檜皮(ひわだ)屋根

2014.01.07

輪和建設の福井です

初詣はおじいちゃんおばあちゃんと一緒にお散歩代わりに春日大社へ行ってきました。

白い壁に朱色の柱の色が鮮やかでした。

hatsumode-thumb-242xauto.jpg

20年に一度の式年造替にむけて、檜皮の奉納を募っていました。

式年造替には20年に一度神様のお住まいを改めることによって若々しい力強い御神威を願う意味があるそうです。

そのほかにも、宮大工さんの技術は特殊なもので、その建築技術を父から子へ実地に伝えるためには20年ぐらいがちょうどいい期間である、
また、御殿の御屋根は檜皮で葺かれていますが、その耐用年数が20年程度であるという理由もあるそうです。

輪和建設でも、木のクセを読み取って加工する伝統技法を持った大工さんによって一棟一棟「手刻み」にて建てさせていただいています。

詳しくはこちらをご覧ください >>>

ちなみにうちのちび達は鹿に後ずさりしながらもてくてく機嫌よく歩いておりました・・・

仕事始め

2014.01.06

輪和建設の福井です

明けましておめでとうございます。

朝からたまった仕事に必死です。

保育園の関係でほかの方より少し早めに冬休みをいただきましたが、子供たちとわいわいきゃあきゃあ言っている間にあっという間にお休みも終わってしまいました。

いつもは誰かが体調を崩して病院へ・・・となる長期休暇も、今年は無難に過ごせました。

今年もたくさん食べてたくさん遊んでたくさん寝て、元気に過ごせるようがんばりたいと思います。

元旦からこってり怒られたお姉ちゃんの今年の目標は"なわとび"らしいです。

至らぬところばかりですが、今年もよろしくお願いいたします。

 

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ