主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

塚口町の家

2019.10.15

輪和建設の阿部です。先日お引渡しさせていただきました親子世代が暮らす塚口町の家です。

玄関を開けると木の香りが迎えてくれます。式台はトチの一枚板です。
IMG_2807.JPG


階段ホールのベンチは、読書スペース。猫ちゃんの居場所にもなります。

IMG_2787.JPG

共用リビングは2階にあります。ロフトもあり、天井を高くとった大きな空間になっています。
IMG_2770.JPG

1階の書斎コーナーは北側に窓をとり、やさしい光が入ります。
IMG_2687.JPG

1階の親世代の空間の中心には210角の大黒柱が据えられました。
奥の部屋にも光がとどくように、欄間にはガラスを入れています。
IMG_2720.JPG

引っ越しも終わり、新しい生活を始められています。
木の香りが心地よく、毎日森林浴をしているみたい、とのことでした。


家はゆっくりと落ち着ける家族の居場所です。その居場所を失った方は、経済的にはもちろんですが、精神的にも大きなダメージを受けられていることと思います。災害で大切な方をなくしてしまった方、そしてお家が被害にあわれた方にも心からお見舞いを申し上げます。

ラグビー神社と台風

2019.10.14

中西春代です。

先日、友人に会いに出かけた東京で通りかかった丸の内ラグビー神社。

DSC_1944.JPG

DSC_1943.JPG

そのご利益もあってか、昨日の試合は興奮しましたね。

ワンチームとなった日本は無敵です!

その反面、台風19号の被害にあわれた方のことも絶えず意識の中にあり

TV観戦できることが奇跡のようにも感じました。

被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈りいたします。

自然災害が少ないといわれる奈良にいてどこかでいつも他人事のように感じている自分がいます。

しかし、奈良も本当は危険だと知ることだと思います。

「奈良県の自然災害から学ぶこと」

奈良県.pdf

ここに書かれていますように他の地域で発生した事象に関心を持つとともに、自然の姿を知ることが大変重要です。

そして、初の8強を成し遂げた日本代表のように日本がワンチームとなって復旧していかなければと思います。

ネット上では被害支援募金の情報が多く挙げられています。

私は、まずは募金から始めます。

台風への準備

2019.10.12

中西春代です。

台風19号の被害がニュースで流れだしました。

皆様、大丈夫でしょうか。

弊社は、昨日までに現場の台風対策を終えて本日は静かに過ごしています。

桜井の現場ではタイミングよく、サッシも取り付けられ外部の片づけも終わっていますのでホッとしています。

DSC_0010.JPG

今朝は自治会の防災倉庫の打ち合わせにお客様が来てくださいました。

地域への貢献に惜しみなく動かれる姿に頭が下がります。

弊社も精いっぱいの協力をさせていただきたいと思います。

奈良の風雨は少し収まってきましたが

他の地域での被害が大きくならないように祈ります。

皆様、どうぞ安全にお過ごしくださいませ。

まもなく完成のリフォーム現場

2019.10.10

輪和建設の福井です

完成間近の社長宅のリフォーム現場にお邪魔しました。

私が工事の前後を知っている現場はほぼないに等しいのですが、

玄関もリビングもとても広く明るくなりました。

写真に収めると素敵さが半減してしまいますが(単に腕が悪いだけ)

アイランドキッチンも薪ストーブもタイルもとっても素敵です。

DSC_1028.JPG

このほか、漆のカウンターや手洗い鉢、

建具も古建具に使われていたガラスを用いてデザインされていたり

見どころ盛りだくさんです。

見学会も開催予定ですので、ぜひご覧ください!

大工のプロ意識

2019.10.06

輪和建設の西川です

奈良市のリフォーム工事が終盤に差し掛かって来ました。

木完検査で現場を見に行ってきました。

こちらのお家は本当に丁寧に上質に作られたお家で、間取りを変えながらも既存の良い部分は残すような計画を行いました。

二階の階段ホールは、きれいな柱が見える真壁といわれる作りで、リフォーム後もこの真壁の雰囲気を残してもらうよう大工さんに

お願いしました。

すると、大工さんは、この家にもともとあった、日焼けした木材を綺麗に取り、

間取りが変更してできた壁の部分は既存の手すりを撤去せず、部分的にカットして、

違う場所できれいに取った同じように日焼けした柱を移設し、そこにカットした手すりを差し込み、見切りや廻り縁にも日焼けした木を使ってくれました。

すると、壁を追加した部分にも関わらず、新しい木(白い木)がなく、以前からこの間取りだったかのような

雰囲気に仕上がりました。

01f322fca58ad48ac2b341046aba0046e675076de6.jpg

(↑木工事後)

DSC_8949.JPG

(↑工事前)

私は、大工さんのプロ根性と家に対する想いに大変感動しました。

綺麗に仕上げていただいた大工さんには感謝しかありません。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ