主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

長雨時の洗濯物

2017.10.24

輪和建設の福井です。

秋雨前線に加え、台風21号と雨続きで、どこからも洗濯物が乾かない!と聞こえてきます。

コインランドリーも盛況だったそうですね。

お客様の中には、室内干しを設ける方もおられます。

単に洗濯物だけでなく、お布団用に、という場合もあります。

無垢材や漆喰の壁であれば湿気も調節してくれるので、ジメジメ感も薄れるでしょうか・・・

日当たりのいい場所であれば、外気の汚れも気にせず済み、雨だけでなく、花粉対策にもなります。

が、さすがにこれだけ長い間雨ばかりだと今回は容量オーバーでしょうか・・・?

台風一過、太陽が戻ってくれることを切望します。

 

IMG_8929.JPG

大皿を飾りながら収納する棚ができました

2017.10.21

IMG_20171019_162522.jpg
輪和建設の阿部です。
陶芸を趣味で始められるお客様のご要望で、キッチンカウンター下に大皿収納を造作でつくりました。
皿の下部を2点で固定するため、杉の丸棒を10cm程の間隔で入れています。和室を土間に改修して、陶芸の作業場もできています。
今飾られているのは、頂き物のお皿だそうですが、これからご自身で製作される大皿をこの棚に並べるのを楽しみにされているとのことです。

竣工間近です。

2017.10.19

輪和建設の西川です。

昨日休みをいただいており、夕方、大量にお好み焼きを焼きました。

大きな鉄板がないので小さいフライパンで表を焼き、大きいフライパンにひっくり返し裏面を焼きます。

冷凍お好み焼きのように綺麗な円形で焼けます (笑)

最近、製造元の方と直接話す機会が多くありました。

こんなものはありませんか~おすすめは?この商品面白いでしょう^^など

カタログで一人黙々と選ぶのと違い、顔を見ていろいろと教えて頂くのは、とてもよいなと思いました。

どのメーカーさんも、自社製品が好き!という気持ちがとても伝わります。

好きという気持ちは、製品の良さにも表れてくるようにも思います。

私が描く図面にも、私の好きとお客様の好きがたくさん詰まっています。

モノづくりには、人の心が大切だと思います。

十津川の現場が引き渡し間近になってきました。

24日には社内の完了検査をします。

29日には完成見学会です。

こちらも、お客様が選ばれた好きがたくさん詰まったお宅です。

前回現場に行ったのは、まだ、仕上げ工事前だったので私も見に行くのを楽しみにしています。

秋のイベント

2017.10.16

輪和建設の福井です

イベントにピッタリな気候のはずなのに、今年はスッキリしない日が多いですね。

10月29日(土)は『十津川の家』の完成見学会

11月11日(土)は第2回『木のおうちマルシェ』

11月12日(日)は『二条町の家』の構造見学会

と輪和建設の家を体感していただけるイベントが続きます。

 

『十津川の家』は完成したての状態

『木のおうちマルシェ』では無垢の家の経年変化の状態

『構造見学会』では完成してからでは見えない、断熱やエアパス工法の仕組み

それぞれの時期をご覧いただけます。

 

順を追って・・・というわけにはいきませんが、新築の工期が約6か月かかる手刻みの家づくりをする弊社の家づくりを

これだけの短期間に見比べられる機会は珍しいです。

是非是非ご来場ください!

パース.png IMG_0087.JPG

 

かっこいいキッチン!

2017.10.11

IMG_4729.jpg IMG_4731.jpg
輪和建設の阿部です。
先日、大阪に行く機会がありましたので、TOYOキッチンのショールームに商品視察に立ち寄りました。
ステンレスで有名なTOYOキッチン。デザインも斬新です。ショールームのキッチンの高さは95cmで、一般的なものよりも高めのものが多く展示されていました。また、1枚目写真のように、シンクを大きくとるデザインは、アイランドキッチンのこちら側と向こう側から作業ができるようになっています。男性が料理や片付けに参加することが想定されているようです。また、2枚目写真のような、内部収納が透けて見えるデザインは、キッチン内部にごちゃごちゃしたツールを押し込める、、、ということはできません。丁寧に内部に照明までついておりまして、まるでキッチンツールを飾る棚になっているのです。
「キッチンはこうなくてはいけない」という固定観念を捨て去り、キッチン空間をとことんかっこよく仕上げる姿勢に脱帽でした。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ