主婦目線の家づくり~家事と子育ての日々から~

魯山人寓居跡 いろは草庵

2019.05.18

中西春代です。

先日、九谷焼の洗面ボウルを買いに石川県小松市に行った帰りに

山城温泉の魯山人寓居跡 いろは草庵を見学しました。

洗面ボウルは一番最初に入ったお店で見つかり

楕円形の染付を購入。

帰宅後息子に見せると「ワァー!ハデ!」の一言でした。

ハデなボウル見に来てくださいませね。

完成見学会をしますよ!と言いながらいつ仕上がるのでしょうか(笑)

DSC_1166.JPG

魯山人寓居跡いろは草庵は、吉野家旅館の元別荘で、木造瓦葺2階建ての母屋は

明治初期に建てられたそうです。

山代の旦那衆には、茶人や、書画・骨董などに造詣が深い風雅な人たちが多く、この別荘は文化サロン的な場所でした。

DSC_1174.JPG DSC_1175.JPG

目利きの旦那衆と語り合った囲炉裏の間は天井高が高いのですが、その他の部屋は天井が低く落ち着きがありながらも

お庭に広がる解放感も持ち合わせた空間です。
DSC_1196.JPG  DSC_1178.JPG

いろは草案を公開するにあたり母屋と土蔵をつなげたロビーで

お庭を見ながら加賀の棒茶とお菓子をいただけます。

土蔵には魯山人の手がけが木彫りの看板や陶器が展示されていますが撮影禁止でした。

DSC_1201.JPG DSC_1180.JPG

魯山人の多才さと人となりを知る良い機会でした。

 

 

古民家リフォームが始まりました

2019.05.17

DSC_1239.JPG
輪和建設の阿部です。
都祁にて、古民家リフォームがはじまりました。
古民家らしさを活かして、今の住まい方に合わせた間取りに生まれ変わります。
解体がすすみ、美しい構造体が見えています。今がチャンス。補修が必要なところに手を加えます。

お客様は子育てが一段落されていますが、まだまだ現役のご夫婦です。これからの人生をこのお家で楽しく過ごされますように、
ご満足いただけるリフォーム工事になるよう、最善を尽くしてまいります。


暮らしの中で

2019.05.12

DSC_1021.JPG

DSC_1023.JPG

先日古民家リフォーム後のお客様宅へお伺いしました。

お手持ちの家具やインテリアがうまくおさまっていて堂々たる古民家になじんでいました。

耐力壁として取り付けた格子の壁はかわいい小物が飾られています。

二階の少し天井の低い納戸にはご家族のアルバムや写真をおさめられたのですが

そこにソファを置くことにより思い出に浸ることができる空間となりお孫さんのお気に入りの場所となっているそうです。

人がいる。

そのことで家が生き生きとしてくることを感じました。

仏間には本漆の立派なお仏壇。

仏間があるお家の貫録にも感動でした。

 

着工に向けて

2019.05.09

輪和建設の西川です。

5月末、6月と着工予定があり、工事に向けて図面作業が山場です。

今書いている図面は、そのまま工事に使う実施図面です。

プラン時にはラフにかきますが、それでは、現場からクレームが来ます。

どこまで詳細に描くかは時間との相談もあり、いつも悩むところですが、

規格品をほとんど使わないので、図面を描く量は多いほうだと思います。

その分、細かなところまで融通が利きます。

加工しやすい木の家だからというのもあるかもしれません。

お客様の思いを図面に落として現場に伝える図面です。

慎重に取り組んでいきます。

ぼくのいえ、わたしのいえ

2019.05.07

輪和建設の福井です

長いGWがやっと終わりました。

連休中にミ・ナーラさんで開催された「みんなの学校」というイベントに参加させていただきました。

限られた時間の中で3階建てのマンションの設計図を書き上げた男の子。

DSC_0769.JPG

自分が住むおうちを設計した女の子。

部屋でどう過ごしたいか、までしっかりと説明してくれました。

DSC_0768.JPG

"どんな家を建てるのか"、ではなく、"どんな暮らしをしたいのか"

輪和建設の家づくりの根幹をよく理解してくれました。

将来有望かもしれません!(^^)!

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ